無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了!
※登録内容はマイページで確認・変更できます。

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

既に会員の方はこちら

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

学歴や身体的差別を乗り越えて〜逆境をチャンスに変える!

大企業で働いていた頃も、経営者となった今でも思い通りにいかないことは多々あります。

経営者になってからの方が日々ピンチや挫折、逆境に立たされている
感覚が強いかもしれません。

とはいえ、振り返れば、あの逆境を乗り越えたから
今があるんだと
思えるような成長や成果を手にしていることも事実です。

今回も、「挫折からが本番だ」と改めて感じる出来事がありました。


┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
■学歴や身体的差別を乗り越えて
┗━━━━━━━━━━━━━━━┛


先日、80代の父の職業人生について改めて話を聞く機会がありました。

私の父は、ある大組織のいわゆる出世コースを歩んできた人です。

しかし、始めから順風満帆というわけでは
決してありませんでした。

父は、幼少期の怪我が原因で脚長差があったため、
高校卒業後、就職試験を優秀な成績でパスしても、
なぜか面接の連絡が一切こなかったそうです。

その中で、たった1つだけ面接試験の連絡をくれたのが
父が定年まで勤め上げたところでした。

人を見た目で判断しないその組織は、実力があれば
一般職から総合職へ転換できるような人事制度等も充実しており、
高卒だった父は、社内制度を利用して大学で学び、
大卒資格を得てキャリアを重ね、最終的には
重要ポストを任されるまでになったということです。

この話を聞いて、

「ピンチをチャンスに変えるとは、まさにこれだ!」

と私は思いました。



┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
■ピンチをチャンスに!発想転換で得られるもの
┗━━━━━━━━━━━━━━━┛


父が働いていた時代や環境と比べてしまえば、
私は大卒で、自ら選ぶ形で大企業へ就職できたという時点で
とても恵まれていたと思います。

しかし、そんな私でも、多くの壁にぶつかり、
挫折を味わい、もうこれ以上前に進めない、
辞めた方が楽に違いない、と思ったことは
数え切れないほどありました。

それでも今の私があるのは、チャンスがないと嘆いたり
いつか幸運が訪れると待ち続けるという諦めの境地を抜け、最終的には

【今起きているピンチをチャンスに変えるにはどうすればいい?】

という発想転換を得て、
なんとか行動をし続けてきたからだと思います。

組織に属して、その組織が大きければ大きいほど
たくさんの人と関わることが必然です。

そのような環境にあると、見た目では簡単なことでも、
それぞれの立場や思惑が複雑に絡み合って、
思うようにいかないことが日常茶飯事となりがちです。

だからこそ、私は、

「自分ではどうにもできない、お手上げだ!」

という心境に至ってからが本番だと思うようになりました。

ピンチをくぐり抜け、さらに成果を手にするためには
発想転換が必要です。新たな発想で物事を見極め、
行動をすることによって、新しいスキルが身についたり、
困難な状況を打開する力がついていくことにも
繋がっていくのではないかと考えています。



┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
■逆境を乗り越えるたび、自分への信頼が増した
┗━━━━━━━━━━━━━━━┛


逆境をチャンスに変えてみようという在り方は、
先行き不透明なこれからの時代には
ますます必要なことではないかと思います。

私はこれまで働く女性として、
大企業の人事担当者として、経営者として、
色々なピンチと向き合ってきたと思います。

乗り越えるたびに学びが増え、成果に繋がり
次に来るピンチもきっと乗り越えられるはずだと
自分を信じる力が増していったようにも感じています。

最近では、逆境をどうやって乗り越えてやろうかと
俄然やる気になって、ピンチを楽しんでいる自分に
笑ってしまうほどです。



振り返ると、初めの挫折は入社直後でした。

希望の配属先につくことができず、
この先、希望の部署への異動も難しいと
分かってしまった22歳の時。

期待に胸膨らませて入社したのも束の間、
奈落の底に落とされた気分でしたが、そこから

「今の環境で役立てるシステムを開発すれば、
技術スキルも身につくし業務改善にもつながる」


と一念発起して作った自作システムが社内で
評価されたことがきっかけで、
希望の部署への異動が叶いました。

その後、管理職となって人を育てる喜びを知り、
「人事の仕事をしたい!」という希望を上司に相談するも、
これまでのキャリアから、

「それは、難しいよ・・」

と呆れ顔で諭され撃沈したことが、私の中で最も
記憶に残る挫折のひとつ。

そこでも私は社内が無理ならと社外活動で経験を積み、
得た学びやスキルを仕事に活かして、目に見える形で
成果へつなげたことで上司も認めてくれるまでに至りました。

結果、その上司が「過去最高の調整だった」と笑いながら
私に技術部門の人事ポストへの異動を実現してくださったのです。




父との会話をきっかけに、私も父と同じように
ピンチをチャンスに変えて乗り越えてきたんだなと
改めて振り返ることができました。

そして、自分を活かしているという充実した気持ちを
もたらす、大事なあり方の1つなんだと実感した次第です。



┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
■人材育成にも、逆境をチャンスに変えるマインド醸成を
┗━━━━━━━━━━━━━━━┛


与えられた環境の中でピンチに陥った時、
どうすればチャンスに変えられる?と考えながら、
自分でできることを一歩でも行動できる人を、
「自律型人材」と言うのではないかと私は思います。

人には“安楽の欲求”があって、どうしても楽な方へと
流されてしまいがちだ、という話を、どこかで
聞いたことがある人も多いかと思います。

そんな抗えない性質を抱えながら、
自ら新たな行動を起こすには、相当なパワーが
必要となるのは言うまでもありません。

しかし、逆境を乗り越えた先にあるのは
安楽の境地では到底感じることのできない、

「生きている実感」
「人生がより良いものになったという充実した気持ち」


といったものがそこにあるのではないかと思います。

これを人材育成に置き換えて考えてみると、
【自らピンチをチャンスに捉えて行動できるようなマインドや考え方を醸成する】

という施策立案は、会社成長をもたらす人材育成に直結する、
最も効果的で効率的な取り組みではないでしょうか。



今、女性管理職育成で関わっている技術系企業において
ひとりの女性管理職の方からこんな話を伺いました。

-------------------------
-------------------------

「部下が家族の事情で別の部署へ異動したいと
申し出てきたんです。私はプライベートな事だから
仕方ないと思って準備をしていたのですが、
直前になって部下からこんなふうに言われました。

“担当顧客からありがとうと感謝されて、
やりがいを感じました。もうちょっとここで
仕事を頑張ってみようと思います。
異動の希望は取り下げます”

私は反省しました。
今の仕事で部下のモチベーションUPを図ることが
必要だったのに、安易に異動させようとしていました。

モチベーションが上がれば、本人が工夫して成果を
出そうとするし、それが生産性向上をもたらします。
私の役目はそこにあるんですよね


-------------------------

私は彼女の話を聞いて、素晴らしい気づきを得て
リーダーとしてぐっと成長した様子が伝わってくるようで、
とても大きな喜びを感じた次第です。



彼女の部下は、お客様からのフィードバックを
きっかけに前向きな姿勢を取り戻しましたが、
例えどんな環境であっても、自ら困難を乗り越えるといった
自律的姿勢を持つためのマインド醸成こそが
最も人を成長させるのではないかと思います。


そんな自律型人材を育てるのが、上司、マネージャー、
そして人事担当者といった方に求められる重要な役割
の1つであり、
その取り組みが、最終的には大きな会社成長へと
繋がっていく
と私は確信しています。

  • 経営戦略・経営管理
  • モチベーション・組織活性化
  • キャリア開発
  • リーダーシップ
  • マネジメント

◆技術系企業D&I突破口となる次世代リーダー・女性管理職を育成

元NTT女性管理職10年、約500名のSE部門における人事育成担当3年の豊富な現場経験を持つ。これまでのべ5,000人以上の技術系企業のリーダー・管理職育成に携わる。専門は技術系企業に特化したD&I推進コンサルティング。

細木聡子(ホソキアキコ) 株式会社リノパートナーズ代表取締役/技術系ダイバーシティ経営コンサルタント/(公財)21世紀職業財団客員講師/中小企業診断士

細木聡子
対応エリア 全国
所在地 千代田区

このプロフェッショナルのコラム(テーマ)

この記事をオススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

オススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

プロフェッショナルコラム

新規事業をスケールアップさせるポイントと推進体制

タナベコンサルティング ストラテジー&ドメインコンサルティング事業部 コンサルタント(株式会社タナベコンサルティング 戦略総合研究所 コンサルタント)

新規事業をスケールアップさせるポイントと推進体制 新規事業開発の目的は、当然ながら新たな収益の柱を確立することや企業価...

2024/05/28 ID:CA-0005378 新規事業開発

敬意を持って学ぶ姿勢 │ 心構えひとつで学びの深さが増す

坂田 和則(株式会社ナレッジリーン(旧 知識経営研究所) マネジメントコンサルティング2部 部長 改善ファシリテーター・マスタートレーナー)

私は、多くの次世代リーダーを育成する研修講師を担当しています。 そして、先日、その9期生になる新しいメンバーを迎えて、2...

2024/05/27 ID:CA-0005375 コミュニケーション