無料会員登録

会員登録すると検討フォルダがご利用いただけます。 日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

部下に一段上の視点を持ってもらうための上司の関わり方

先週、コンサルティング先のとある女性社員の方と
やり取りをする中で、彼女の視点・視座が
だいぶ上がっていることが判明!

その女性社員の上司にあたる男性管理職と
一緒になって部下の成長を喜び合っていました。

では、実際に上司はどのように部下と関わったことで、

部下は今より一段上の視点を持って業務に関われるようになったのでしょうか。

 

┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
■視点が高い人・低い人
┗━━━━━━━━━━━━━━━┛

ここでお伝えする「仕事における視点・視座が高い人」とは、
より経営視点に近い考えを持っている、
という方を指しています。

「事業継続のために、自分は何を求められているのか」
「今の自分が出来ることは何なのか?」

ということを冷静にバランスよく見極めて、
自ら判断して行動ができるといった特徴があります。

一方、視点が低い人は、自分視点に偏った形で
物事を見る傾向が強く、比較的、自分の利益優先
という印象が強いかと思います。

特徴の1つとして、不安に苛まれやすく、
時折感情に任せて自分の意見をぶつけてしまう、
という場面も見受けられます。

とはいえ、自分を守るためには自分視点も大切です。

重要なのは、自分視点も含めて、
経営視点・事業視点・お客様視点など、
様々な視点でバランスよく考えることだと
私は考えています。

 

┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
■役割が人を育てる
┗━━━━━━━━━━━━━━━┛

メルマガ冒頭でご紹介した女性社員の方が
視点がぐっと上がった背景を分析した時、

「情報の質と量」

に変化があったことが分かりました。

というのも、彼女はこれまで言われたことをやる、
というスタイルの働き方が主だったところから、
一部の業務において責任者として取り組むことになったのです。

これをきっかけに、彼女は自律的に必要な情報を
取りに行く姿勢が随所に見られるようになりました。

取りに行く情報の質も高まって、
彼女に業務を任せたことによる成果とともに、
本人の成長にもうまく繋がった結果となりました。

「役割が人を育てる」とよく言われていますが、
まさにこの出来事が当てはまるのではないでしょうか。

今より一段上の役割を与えられることで、
視点も一段上がる、
ということです。

 

┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
■視点を上げる「良質な情報」
┗━━━━━━━━━━━━━━━┛

業務を行う上で情報は重要です。

また、情報は自ら取りに行く必要があります。

しかし、業務の内容が分からなければ質問はおろか、
そもそも何を聞けばいいのかすら分からないもの。

私も就職して2〜3年の頃は、先輩や上司から
「情報は自分から取りにくるように」
と幾度となく言われてきました。

他にも、事業計画の資料のコピーを頼まれた時に、
「ただ漠然とコピーするんじゃないぞ」
と上司から言われたり、管理職に昇格する前には、
「議事録を書いてみないか」
と、部長クラスの会議に同席させてもらっていました。

こういった関わりを通して、私は「良質な情報」を得て、
会社全体から自分が関わる事業を見ることができるようになり、
視座が上がっていったのだ、ということが今とてもよく分かります。

 

┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
■部下の視点を上げる「権限委譲」
┗━━━━━━━━━━━━━━━┛

昨今の状況から、日常的にテレワークで働くことが増え、
情報を取りに行きたくても難しい、また上司の方であれば
部下に情報を伝えるタイミングについて悩んでしまう、
という方も多いかもしれません。

とはいえ、テレワークという働き方は
新型コロナウイルス感染症が収束した後も
一部は続くと予想されています。

もし、上司の立場にある方であれば、

権限委譲をして仕事を部下に任せる
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということを通して、必要な情報を与える、
もしくは情報の収集の仕方を教える、といったことを
伝える機会に活かしていただければと思っています。

特に、成長させたいな、という部下や社員に対しては、
これまで以上に積極的に仕事を任せることを、
情報提供とともに意識すると良いかもしれません。

それによって、チームや会社全体的が効率的になり、
業務改善の視点においても、業務改革が進むと思います。

  • 経営戦略・経営管理
  • モチベーション・組織活性化
  • キャリア開発
  • リーダーシップ
  • マネジメント

元NTT女性SE管理職10年・人材育成3年の経験を活かし、技術系会社特化の女性活躍推進を中心としたダイバーシティ経営コンサルティングを提供

女性管理職10年、約500名のSE部門における人事育成担当3年の豊富な現場経験から「技術系・専門職の女性社員育成には、技術系ならではのアプローチが必要」として、技術系会社特化の女性活躍推進を中心としたダイバーシティ経営推進を専門にサポート。

細木聡子(ホソキアキコ) 株式会社リノパートナーズ代表取締役/中小企業診断士/公益財団法人 21世紀職業財団 客員講師/ダイバーシティ経営コンサルタント

細木聡子
対応エリア 全国
所在地 千代田区

このプロフェッショナルのコラム(テーマ)

このプロフェッショナルの関連情報

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

プロフェッショナルコラム