企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

プロフェッショナルコラム

女性社員研修を成功させるコツ

■女性活躍推進担当者が分かっておきたい3つのこと

 

 

企業において、女性活躍推進に取り組むのであれば、

人材育成担当者として少なくとも分かっておきたいことは、

 

1)現場の女性社員の本音と実態

2)経営トップの意図

3)女性社員に目指してほしい姿・目標

 

この3つに集約されるのではないかと考えています。

これらを把握していれば、課題に対する施策を考える段階へ進めるためです。

 

どういうことかと言うと、

 

1)の現場の声を集めれば、組織風土や特性がおおよそ把握できます。

2)について、経営トップが女性活躍推進についてどのように捉えて、

どの方向に進みたいのか把握すると、だんだんと3)目標が見えてくるため、

 

「実態」と「目標」の差=ギャップ

 

この“ギャップ”がすなわち「課題」として定義づけられるということだと考えています。

 

もし、

 

「女性活躍推進の担当になったものの、何から始めればいいのか分からない」

 

という人材育成担当者が周囲におられる際には、

担当者として知っておきたい3つのいずれかが

十分に把握できていない可能性が高いと考えられます。

 

 

 

■女性社員研修を成功させるコツ

 

女性活躍推進担当者として知っておきたい3つのことを

しっかりと把握した後には、課題(ギャップ)に対する

解決策(施策)を検討するフェーズに入ります。

 

その解決策の一つとしての女性限定の集合研修

について考えていきたいと思います。

 

会社ごとにステージがあるので、ギャップが一体どこに

あるかで研修内容は多岐に渡ります。

 

例えば・・

 

------------------------------------

現状:女性社員の不安・不満が現場から上がっている

解決策:気持ちを吐き出す場の提供(ワールドカフェ)

 

 

現状:組織風土は男性社会で早く帰りづらい環境

解決策:男性が理解しやすい提案のコツ(スキル付与研修)

 

 

現状:時短でゆるく働ければいいと思っている傾向が強い

解決策:会社成長のキーパーソンは女性リーダー(意識醸成研修)

 

------------------------------------------------

 

いかがでしょうか。

 

ピンとこない・・という場合は、現場の女性社員の本音や現状を

もう少し深く把握すると解決策の方向性が見えてくるかもしれません。

 

現場の実態把握の上で解決策の1つとなる施策を打ち立てた後には、

もう一度別の視点でその施策を考える必要があります。

 

それが、「経営者の視点」です。

 

経営者の意図を汲んでいるだろうか?

会社の状況を加味した施策だろうか?

会社全体にどのようなインパクトをもたらせるか?

 

当たり前のことではありますが、

会社側にメリットがなければ、どんなに素晴らしい

人材育成施策であったとしても、その提案を受け入れて

もらうことは難しいものです。

 

人材育成担当者であるなら、会社成長をもたらすような

「目指す姿」と「ゴール」を設定すること、

現場社員の実態を正確に把握し、課題をきっちり設定することは、責務ではないかと思うのです。

 

 

 

■実態把握の方法

 

現場の女性社員の本音をあぶり出したり、

実態を把握する方法は様々です。

 

私は大手企業の人材育成担当時代には、

若手社員200名全員と面談を行い丁寧にヒアリングすることで

ひとりひとりの現状を把握しました。

 

今は、当社独自の実態調査ツールを活用して現場の状況を把握しながら

職場の雰囲気・風土をあぶり出しています。

 

もし何も思いつかない、というのであれば、

手始めに本音を吐き出すようなイベントを仕掛けて

現場の女性社員の反応を見るのも良いと思います。

 

そこでただアンケートを実施したり

声を拾ったりするだけではなく、

 

・興味関心が高いことは何か

・どんな視点で物事を考えているのか

・これからのキャリアをどう考えているか

・女性活躍推進についてどう思っているのか

 

こういった考えを引き出す場を設けることができれば、

どの層に対して、どのような順番で女性活躍推進の

施策を展開すればいいのか分かるようになってくると思います。

 

 

 

■当事者意識を施策に盛り込む

 

初めて女性活躍推進担当に任命され、

「自分で考えてやってくれ」

と言われて途方に暮れてしまう方も少なくありません。

 

特に女性が担当者として任命されたら、

全女性社員の未来が自分の手にかかっていると

大変なプレッシャーを感じて押しつぶされそうに

なってしまうかもしれません。

 

しかし、ピンチはチャンスでもあります。

 

女性が女性活躍推進担当者になれば、

少なくとも当事者の一人でもあるのです。

 

当事者意識を持って、自分だったらどうしたいだろう、

何があるといいだろうと考え抜いて、自分軸を持って

経営層へ提案をすれば必ず理解してくれるはずです。

 

自分が思うように発想できて、そのまま施策立案・実行

できる環境にいるのは、実はとてもラッキーなことだと

思いませんか?

 

私自身がそうだったように、必ず今後のキャリアを

築く上で大切な経験になるに違いありません。

 

 

 

■正解のない取り組み、それが人材育成

 

今回のコラムはいかがでしたでしょうか?

 

ちょっと偉そうに聞こえてしまったら

本当に申し訳ないと思いますが・・・

 

私は大企業の女性管理職として10年、

人材育成担当として3年、その後、ベンチャー人事役員や

現在関わらせていただいている人材育成コンサルタントとして

あらゆる可能性を見出しては試して、数え切れないほどの

失敗と挫折を経験して今があります。

 

私がうまくいっているように見えるとしたら、

それは失敗のまま終わらせることなく、

ただひたすら可能性を信じて取り組み続けたこと、

ただその1点かもしれません。

 

人材育成担当者として、多くの悩みを抱えながら

正解のない取り組みを思案するのは苦しいかもしれませんが

すぐ目の前にいる社員のために、そして会社の未来のために

諦めずに実行し続けて欲しいと切に願っています。


関連情報

●サービス
しなやかリーダー塾™️

しなやかリーダー塾™️

技術系企業に特化した女性管理職の育成機関|元NTT女性SE管理職10年・人材育成3年の経験から得た具体的なメソッドを提供


●資料ダウンロード
女性管理職比率30%超を目標にする企業が参考にしたい「女性活躍推進2.0実態調査2019」分析データ【完全版】

レポート・調査データ

女性管理職比率30%超を目標にする企業が参考にしたい「女性活躍推進2.0実態調査2019」分析データ【完全版】

調目的:女性活躍推進に対する実態と課題を把握 調査対象:企業に所属する男女社員 調査期間:2019年7月5日から8月5日 調査方法:インターネット回答方式 調査実施機関:株式会社リノパートナ...


この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。

※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

コラム執筆者
細木聡子
細木聡子(ホソキアキコ)
株式会社リノパートナーズ代表取締役/中小企業診断士/公益財団法人 21世紀職業財団 客員講師/ダイバーシティ経営コンサルタント
元NTT女性SE管理職10年・人材育成3年の経験を活かし、技術系会社特化の女性活躍推進を中心としたダイバーシティ経営コンサルティングを提供
女性管理職10年、約500名のSE部門における人事育成担当3年の豊富な現場経験から「技術系・専門職の女性社員育成には、技術系ならではのアプローチが必要」として、技術系会社特化の女性活躍推進を中心としたダイバーシティ経営推進を専門にサポート。
得意分野 経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、キャリア開発、リーダーシップ、マネジメント
対応エリア 全国
所在地 千代田区

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

Withコロナ時代は社内研修をオンライン化! 感染症対策の実施記録に手間なく体調管理 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


~誰しもが経験するつまずきを乗り越える方法とは?~<br />
新人がイキイキと働くために、人事ができること

~誰しもが経験するつまずきを乗り越える方法とは?~
新人がイキイキと働くために、人事ができること

「3年3割」と言われる若年層の早期離職問題。手間もお金もかけて採用した...