企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

プロフェッショナルコラム

【女性たちの新しい働き方が社会を変える】

先日、社員の子どもたちの運動会参観に行ってまいりました!
子どもたちの笑顔と頑張る姿に感無量・・そして、

「この子たちのために、頑張るぞ!」

と気持ちを新たにすることができました。

私には子どもはいませんが、社員の子どもたちを通して、
よりよい環境で教育を受け、健やかに育っていくための
社会づくりの一端を担っているんだという意識が
日に日に強くなっているのを感じています。

今は人材育成を通して社会貢献に尽力していますが、
この仕事は、大人だけでなく、間接的に子どもたちも
育成しているような気がして、この仕事を選んで
本当に良かったと思っている今日この頃です。

 

┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
■働く女性たちが抱える不安
┗━━━━━━━━━━━━━━━┛

女性活躍推進2.0実態調査の分析をしていて
「その気持ち、わかるなあ」
と思ったことがあります。

それは、キャリアアップの意識は高いものの、
仕事の難易度やプレッシャー、忙しさに
関して不安がぬぐいきれない思いを抱えていること。

一方で、キャリアアップせずこのままの状態が
続くことは望んでいない、ということ。


女性活躍推進2.0実態調査の中では
女性が働く上で抱える不安について、

●現在、働く上で抱えている不安
●将来、働き続ける上で感じる不安

というように、時間軸を現在と未来に分けて
質問項目を打ち立てたのですが、どちらの回答にも

将来への不安
~~~~~~~~~~

が書かれていました。

ステップアップやキャリアアップを考えようとしても、

「このまま独身ならいけるかな?」
「結婚して子育てするなら、思うように働けなそう」
「歳を取ったら体力的に厳しいだろうな」

などと、女性は働くこととライフスタイルを
切り離して考えることは限りなくゼロに近いことが
調査結果からも伺えました。

私自身も、歳を重ねるごとに少しずつ変わっていく
体のこと、これから先も会社経営をしながら
どこまで体力が維持できるかと不安になりがちなので、
女性たちが将来を不安に思う気持ちはとてもよく分かります。

 

┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
■働き方改革の落とし穴
┗━━━━━━━━━━━━━━━┛

働き方改革の推進によって、今や長時間勤務は
どの企業も少なくなりつつありますが、この状況も
働く女性たちを不安にさせる要因の一つになっています。

というのも、働く時間は短くなったものの、
その短い時間で、従来の仕事のやり方で働いているので、
できないことが山積してしまっているのです。

だから、働き方改革で早めに帰宅するようになったものの、
帳尻合わせで家で仕事をしている、という人の話も
よく耳にするのではないでしょうか。

これが、働き方改革の落とし穴です。

今や、従来通りの仕事のやり方を転換させることは必須であり、
働くすべての人が、時間当たりの生産性を高めていくことを
考えねばならないフェーズに来ていると私は思っています。

 

┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
■女性たちの新しい働き方が社会を変える
┗━━━━━━━━━━━━━━━┛

働く女性は、生産性を高める新しい働き方を
生み出す高いポテンシャルを持ち合わせていると
私は確信しています。

冒頭でもお伝えした通り、
女性は日々の生活と仕事を切り離して考えることが
なかなかできない傾向にあるのは、
女性活躍推進2.0実態調査の結果からも明確です。


---『女性活躍推進2.0実態調査2019』より---

Q:理想の働き方は?(働く女性:526人が回答)

仕事重視:3%
プライベート重視:19%
仕事とプライベート半々:29%
仕事とプライベート両方重視:48%
その他:1%

⇒全体の96%が「プライベート重視」

-----------------------------------


プライベートを充実させながら、
キャリアアップも叶えていくという
本当に女性が求めるような働きやすい会社にするためには、
女性たち自身がその働き方を模索し、新しい方法を
生み出していく必要があります。

そのために、自分と周囲をどうやってマネジメントし、
組織でどのように立ち回ればいいのかについて
まだまだ知らない女性たちが多いのではないでしょうか。

 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
■女性社員育成×業務改善=成果が見える働き方改革!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

私がセミナーや研修でお伝えするのは
まさに「組織で女性が無理なく働くためのノウハウ」です。

そのノウハウを実際に現場で活用するために
業務改善プロジェクトを同時進行させ、
スキル定着化と生産性向上を同時に実現し、
会社への利益創出という目に見える成果とともに
働き方改革を進めてもらう仕組みを施しています。

このような新たな取り組みを、現場の女性社員の皆さんに
取り組んでもらうことが、誰もが働きやすい職場環境づくりの
打開策の1つであると私は考えています。

この取り組みが、本人のスキル定着化を促進させ、

働き方が変わり、成果創出につながって、
会社を理想的な姿に変えるために必要な取り組みだと
私は考えています。

今後もさらに「女性社員育成×業務改善プロジェクト」
の取り組みに注力していきたいと思っています。


関連情報

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。

※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

コラム執筆者
細木聡子
細木聡子(ホソキアキコ)
株式会社リノパートナーズ代表取締役/中小企業診断士/公益財団法人 21世紀職業財団 客員講師/しなやかリーダー塾 塾長
元NTT女性SE管理職10年・人材育成3年の実績と経験から体系化した独自メソッドで、会社を成長に導く「真の女性管理職育成法」をアドバイス
技術系女性SE管理職の経験を元に、男性が多い職場で女性が無理なくマネジメント力を発揮しチーム成果を出す管理職育成を得意とする。中小企業診断士の資格とベンチャー企業での人事役員経験から、経営視点を醸成しつつ6か月で100%成果を出す指導が好評
得意分野 経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、リーダーシップ、マネジメント、チームビルディング
対応エリア 全国
所在地 千代田区

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

シェアNo.1採用管理システムi-web 期間限定キャンペーン

注目コンテンツ


「エンゲージメント 」を高めるソリューション特集

「従業員エンゲージメント」を高めるために押さえておきたいポイントや具体的な施策、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


グローバル化、M&A……変化の激しい時代に<br />
「POSITIVE]が選ばれる理由とは タレントマネジメント機能を大幅拡充!

グローバル化、M&A……変化の激しい時代に
「POSITIVE]が選ばれる理由とは タレントマネジメント機能を大幅拡充!

1400社以上の導入実績を誇る電通国際情報サービスの統合人事パッケージ...