企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

専門家コラム

女性の強みを活かすの誤解について

ある大企業の女性ダイバーシティ推進室長とお話をする機会があり、
その方の悩みから気づいたことについてご紹介したいと思います。


┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
■女性の強みを活かすの誤解
┗━━━━━━━━━━━━━━━┛

ダイバーシティ推進室長の悩みの中で、

「女性において、自分が思ったことを
そのまま、なんの配慮もなく意見を言ったり、
行動に移したりする。これは女性の強みを
活かすことになっていないと思っている」

と苦言に近い形でお話をしてくださったことが
印象に残っています。

全く、その通りだ!と私も思った次第です。


┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
■直属の上司を飛び越えることの危険性
┗━━━━━━━━━━━━━━━┛

こんな場面を見たり聞いたりして肝を冷やした、
という経験はありませんか?

--------------------

直属の上司を提案をしたところ、
「今は実行するの周りのことを考えると難しいと思う」
と言われ、却下されてしまった。

却下された女性社員は納得できず、
それならと更に上の上司の元へ直談判へ。
その上司は許可してしまう。

直属の上司に、「上長から承認いただけました」と報告。

--------------------


女性はこの行動のどこがまずいのか
ピンとこない方も多いかもしれません。

ドラマなどでも正義感の強い担当者レベルの
女性キャラクターが社長へ直談判するシーンも
よく見受けられます。

この行動のどこがまずいかというと、
会社組織のヒエラルキーに反するからです。


┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
■会社のヒエラルキー構造
┗━━━━━━━━━━━━━━━┛

会社組織は男性社会の目線で作られており、
ヒエラルキー(階層構造)となっています。

一見やりづらいと感じるかもしれませんが、
ビジネスの観点からすると非常に効率的な
仕組みとなっているのです。

それは、階層構造があるゆえに、階層ごとに
必要な情報が集まり、的確な判断が
できるようになっているからです。

このように、階層構造の仕組みを守った上で、
仕事を進めるのが一番効果的であることは
明らかなのです。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
■遠慮なく意見するのが女性の強みを活かすことではない
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

先ほどの例から、女性社員が上司の上司に
アポをとるのはヒエラルキーを無視した形になることは
ご理解いただけたかと思います。

では、直属の上司がノーとしたものが
通ってしまうとどうなるでしょうか。

結論からお伝えすると、その業務を進める上で
大きなトラブルになったり、最終的に
成果が上がらないということが発生する
可能性があります。

なぜなら、直属の上司の元には、チームとして
判断するべき情報が集まっています。

その上司の判断を無視している、すなわち
ヒエラルキー構造を無視したやり方になっているので、
結果的に組織全体の足を引っ張ることに
なりかねないということです。

このように、ズケズケと遠慮なく意見を言うことが、
決して女性の強みを活かすことではない、
気づいていただきたいと切に願っています。


┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
■女性活躍推進は道半ば
┗━━━━━━━━━━━━━━━┛

もしかすると、女性部下に自分を乗り越えられて、
意見を通されてしまった経験のある男性上司の方も
いらっしゃるかもしれません。

そんな女性部下に対して、これが女性の強みを
活かすことに繋がる、と遠慮して指導できないというのは、
絶対に間違っていると断言します。

女性活躍推進で大切なことは、女性を枠に
当てはめるのではなく、男性視点の良いところは
そのまま残し、女性の視点を変化として組み込んで
行くことが、女性視点を活かすということに
繋がっていくと考えています。

***

男女の視点を生かし、相乗効果を上げていくことは、
これまで以上の成果に繋がります。

その意味で、私は女性活躍推進は
終わっていないと思っています。

もし、男女共に違和感を感じたことがあるならば、

「これは女性活躍推進なんだろうか?」

とお互い振り返って見直す機会にしていただけたらと
思っています。


関連情報

●サービス
上司にも部下にも信頼されチーム成果を上げる【女性管理職の育成セミナー】

上司にも部下にも信頼されチーム成果を上げる【女性管理職の育成セミナー】

女性が組織でうまくやるには、男性とは違ったコツが必要。6か月で女性管理職を育成するメカニズムを元NTT女性SE部長が伝授


この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。

※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

コラム執筆者
細木聡子
細木聡子(ホソキアキコ)
株式会社リノパートナーズ代表取締役/中小企業診断士/しなやかリーダー塾 塾長
元NTT女性管理職10年・人事育成3年・人材育成のべ1,000人の実績と経験から体系化!会社を成長に導く「真の女性管理職育成法」をアドバイス
技術系女性SE管理職の経験を元に、男性が多い職場で女性が無理なくマネジメント力を発揮しチーム成果を出す管理職育成を得意とする。中小企業診断士の資格とベンチャー企業での人事役員経験から、経営視点を醸成しつつ6か月で100%成果を出す指導が好評
得意分野 経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、リーダーシップ、マネジメント、チームビルディング
対応エリア 全国
所在地 新宿区

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

MUFGビジネスセミナー名称変更

注目コンテンツ


管理職のコミュニケーション能力を高める!ソリューション特集

今求められるコミュニケーション能力・マネジメント能力とは


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


管理職1年生日記 (第3回)

管理職1年生日記 (第3回)

ほとんどの会社では、新任管理職を対象とした「管理職研修」を行っているこ...


管理職1年生日記 (第4回)

管理職1年生日記 (第4回)

早いもので、営業の管理職となって1年が過ぎたA氏。Episode1や2...