企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

専門家コラム

人事担当者に委ねられる、人材育成施策の質

人材育成担当者の手腕によって左右される、人材育成施策についてお話を進めて参ります。



■研修の目的を見失ってしまった担当者
 

弊社では、数百名規模の研修ご依頼の際には複数のパートナー講師と共に企業研修に携わって
いるのですが、そのパートナー講師からこんな話を聞きました。

ある会社の人事担当者と打ち合わせをした際に、
「この担当者は研修を行う目的を見失っている」
と感じたそうです。

理由は、

・惰性で取り組んでいる
→会社命令だから、とにかく研修をやって!というスタンス
・保身に走っている
→打ち合わせは研修後のクレーム対応対策の話が中心
・研修コンテンツ内容の差替え依頼
→7割のコンテンツ差替え希望によって、社内研修に近い状態に。=外部研修の意義がない

このような状態になってしまったというのです。

特に気になったのが、研修受講者の評価を気にしている
人事担当者のスタンスだと言っていました。

私も話を聞いて、パートナー講師が受けた対応はそれこそ“パートナー”という対等な関係ではなく、
研修をやってくれる“業者扱い”だと判断しました。

さらに、この人事担当者が受講者からのクレームに怯えるあまりに、研修を行う真の目的を
見失っている状態も目に余ってしまい、このままでは受講者のためにならず、
結果的に効果が見込めないと判断し、研修の辞退を表明するという結論に至ったのです。



■人材育成施策は、担当者の意識の高さに比例する
 

様々な企業での管理職やリーダークラスの研修を実施していると、その成果は
人事担当者の意識の高さに比例しているなと最近改めて感じています。

マネジメント力の高いキーマンが随所に配備され、
その下で社員たちがハツラツと成長している会社は、業績も順調に伸びています。

そのような会社は、人事担当者が人材育成の意義をしっかりと理解し、
自身の仕事にコミットして取り組む方がほとんどです。

人材育成に関わる予算も上手に切り分けていて、例えば、社外講師を招いて研修をするところと
自社で行うところを明確に区別することで、効率的かつ効果的に人材育成を行っています。

このような会社の人事担当者との打ち合わせは、外部委託に至った研修やコンサルティングの
導入経緯・目的が明確なので、結果として、圧倒的な成果が出ているのです。


人材育成は会社の未来を担っている

人材育成は、ともすると後回しになりがちだと思います。

どうしてもすぐ成果が現れやすい営業活動などの方に目が行きがちです。

特に中小企業の経営者にとっては優先順位が目の前の利益確保になる、というのも、
同じ中小企業の経営者という立場である私からはとても良く理解は出来ます。

でも、私はあえて、厳しい時こそ、人材育成に注力すべきというメッセージを発信しています。

やはり、会社を動かしているのは【人】だからです。

会社を動かしている社員1人1人の能力とモチベーションをアップさせ、
パフォーマンスを上げていかないことには、例え、一時期、パフォーマンスが
高い人たちだけで売上を伸ばしたとしても、継続的に安定した成長には繋がらないと思うのです。

経営に直結する人にまつわる事を一手に引き受けているのが
人事部であり、人事担当者だと思います。

ぜひ、今一度、自社の人材育成の意義を考え、社員の成長と会社の成長をどこまでも目指して行く、
という意識を持っていただきたいと切に願います。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このコラムを書いているのは2018年の11月。

NTT時代も、この時期に外部講師による研修を行う意義について深く考えていたことを
思い出しました。

答えのない人材育成という仕事に向き合い、ベストを尽くすために悩んだり迷ったりした
ことは、すべて無駄ではなかったと今だから思えることが山のようにあります。

これらの経験から得たものをお伝えするだけではなく、自社でどのように人材を活躍させていくのか、
その発想法と具体策についてお伝えする活動に引き続き尽力してまいります。


関連情報

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。

※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

コラム執筆者
細木聡子
細木聡子(ホソキアキコ)
株式会社リノパートナーズ代表取締役/中小企業診断士/しなやかリーダー塾 塾長
元NTT女性管理職10年・人事育成3年・人材育成のべ1,000人の実績と経験から体系化!中小企業のための「女性管理職育成法」をアドバイス
元NTT管理職経験10年、人事育成3年・人材育成のべ1,000人の実績と経験から得た独自メソッドで、3か月間で会社を成長させる女性管理職を育成。大手企業の人材育成ノウハウを中小企業の実態に合わせて適用し短期間で成果を出すことを可能にしている
得意分野 経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、リーダーシップ、マネジメント、チームビルディング
対応エリア 全国
所在地 東京都/新宿区

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

LINE×採用で 説明会参加率アップ 即戦力を自分で採用ビズリーチ

注目コンテンツ


次世代リーダー育成に役立つソリューション特集

次世代リーダー育成に役立つセミナーやサービス、ダウンロード資料をご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「入社前に、“ストレス耐性”を確認したい」<br />
――辞めない人材を採用する、科学的な採用手法とは

「入社前に、“ストレス耐性”を確認したい」
――辞めない人材を採用する、科学的な採用手法とは

能力が高くても、ストレスにうまく対応できなければ思うような成果をあげる...


3年目社員の「賢い」育て方 (第2回)

3年目社員の「賢い」育て方 (第2回)

ベンチャーのIT企業に入社し、4月から社会人3年目に突入したB氏。仕事...