企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

専門家コラム

人と人との違いを認識する~効き脳とは?

 

先日ある会社の部長さんからこんな話を聞きました。


ずっと勤怠管理を真面目にやっていなかった社員が面談後1か月以上毎日勤怠管理を継続できている、
というのです。


勤怠管理を継続することはあたり前のこと、とおっしゃる方もいるでしょう。

でも、
締め日ギリギリになるまでやらない
お尻を叩かないとやらない、という方がメンバー中に一人いて

そのメンバーのためにご自分の仕事が進まない
という方が少なからずいらっしゃるように思います。

 

この会社では実施していないのですが
以前相談を受けた時に「効き脳」のことをお伝えしました。


それを受けて面談の時に今までと違うやり方でアプローチしたことが継続につながっているようです!
 

そのアプローチとは???


「効き脳」を活用した説明です。


事実は同じでも 受け止め方が違うことによって、その後の行動や進みが全く違ったものになります。

 

その受け止め方の違いがなぜ起こるのかは、思考の特性によるものであり、
それが、今日の本題である「効き脳」の話です。

 

右利き、左利きと 利き手があるように

脳にもその人が無意識に反応する ”利き”がある・・・

それが「効き脳」です。

 

その脳の反応をレーダーチャートで見える化したものが「効き脳診断」です。

そのベースは、ハーマンモデル理論によるもので米国ゼネラル・エレクトリック社の能力開発部門の責任者であったネッド・ハーマン氏が大脳生理学を基礎に1977年に基本モデルを開発。全世界で200万人以上が実施し、高い有効性が実証されています。


弊社のコンサルタントはこの「効き脳」を働き方改革のコンサルティングの中で活用しています。
*効き脳診断は、 (株)フォルティナが提供するサービスです。

 

脳は左右に2つ
外側/内側に2つ
にわかれています。


右脳/左脳という言葉は聞いたことがある方も多いでしょう。
外側/内側というもう1つの概念があるのです。

その4つの組み合わせをA、B、C、Dのアルファベットで表現しています。

 

それぞれにどのような特性があるのかを一言で説明すると

Aが効き脳の人は、理屈っぽいです。

Bが効き脳の人は、保守的です。

Cが効き脳の人は、周りの状況・反応に敏感で

Dが効き脳の人は、全体で考える、アイデアマン


といった具合です。

実際にどんな違いが出るのか?

例えば会社として新規事業を立ち上げることになったとします。

 

Aの論理・理性的脳の人は、その事業 採算は取れるのか? と考えます。

Bの計画・堅実的脳の人は、期日通りに 新規事業が立ち上がるのか? を考えます。

Cの感覚・友好的脳の人は、誰が部門を率いるのか?メンバーは誰か?みんなは賛成しているのか?を考えます。

Dの冒険・創造的脳の人は、どんな事業が良いか?そのアイデアに想いを馳せます。

 

目指す地点は同じですが、新規事業の立ち上げという事実から どんな思考が真っ先に来るかによってその後の発言や行動が変わります。

 

経営者として、あるいは責任者として 新規事業をうまく進めるとしたら

Aの人には、採算がとれる事業であること を伝え

Bの人には、綿密な計画が立てられていること を伝え

Cの人には、他のメンバーも賛同してくれていること を伝え

Dの人には、ワクワクする事業アイデア を伝える。

 

そうすることで、みんなの力が新規事業立ち上げに集約されます。
 

冒頭でお伝えした勤怠管理をしてもらいたい部長さんはDの発想でその必要性を何度も伝えたそうです。

それでも、その社員の方はその場では「やります」と言うのに行動が伴っていなかった。

そんな時「効き脳」の話を思い出し、試しに ひとつひとつの工程を細かく確認したそうです。

まず朝出社したらPCを立ち上げる

まっさきに勤怠管理のシステムを立ち上げる



といった具合です。
 
そこまでやるの? と感じる方もいるかもしれませんが
 
今までのやり方で結果が出ないのであれば、そのやり方を続ける意味がわかりません。
早い段階でそこに見切りをつけ、可能性のあるやり方に変えてみる!というのは大切なことです。
 

このメンバーの効き脳診断をした訳ではないので、実際のところはわかりませんが、これでやれているということは、おそらくBが強い人であると考えることができます。

 

実際にこの効き脳はどの数値がが高いと良い、どこが低い方悪い、というものではありません。


効き脳診断の結果に 優れている/劣っている 正しい/誤っている 良い/悪い はないのです。


効き脳が表現される数値はどんな人でも合計で200になります。これは誰でも同じです。
どこかが突出していればどこかが低く出ます。


また一度出た結果が、ずっと変わらない ということもありません。
思考の特性は、環境やトレーニングによって変化します。


実際に私も変わった人を見ています。

 

大事なのは

じぶんの特性を知って、それを活かす発想と行動です。

部下の特性をしって、それを活かす発想と行動です。


ただ知るだけではこの価値はそれほど大きなものにはなりません。宝のもちぐされ、です。

 

特に、複数の人が関わる組織においては、人との違いを知ることはとても重要です。違いがあることを前提に会話やものごとを進めていく必要があります。


そして「じぶんを知る」ことが、人との違いを知ることの第一歩です。

 

まさに前回の記事で触れた強みを活かす、視点です。

「強みを生かす」とうまくいく
私はこれが得意!と胸を張って手を上げられるし逆に苦手な所は胸を張って人に頼むことができます。

 

私は「効き脳」をその既成事実をつくる土台とも考えています。

 

全て一人でやれなくてもいいんです。
一人でやれるなら組織である必要はありません!

やれないことを認め、そこはそれが得意な人に任せる。

いい意味での”あきらめ”となり説得力を持って”わりきれる”のが効き脳診断の良い所です。

 

そしてそれは同時にあきらめないことにもなります。

この伝え方だから理解されない

それがわかるだけで別の方法を考えることになるからです。

 

組織の中で
・数字の話ばかりするのか
・他の人の意見を気にするのか
・あの人の言うことが理解できない
・じぶんの言っていることが伝わらない


そんなことが起こっていたら、まずはこの効き脳のことを思い出してみてください。

 

あ、自分とは違う! ”効き”なのかもしれない

そう感じるだけで相手に対する対応が変わると思いませんか。


そしてこれが、メンバーの違いを活かすマネジメント そのものなのです。


関連情報

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。

※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

  • 1

投稿者:らっきょ コンサルタント・シンクタンク 東京都
通信 さま
コメントありがとうございます!

コメントありがとうございます。
まさに感覚的に感じていただいていることを、数値化(見える化)したものが「効き脳」です。こうして説明できることは、再現性につながりますから、ぜひ周りの方に話していただくことで、意識っけの一歩にしていただきたいです。
投稿者: 通信 大阪府
「効き脳」のお話、感覚的にもわかります。話の内容よりも伝え方を注意することの大切さなども含めて、こうやって記事の形で読むと実感します。いつも意識して付き合えるかが私の課題です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

コラム執筆者
原 佳弘
原 佳弘(ハラ ヨシヒロ)
Brew株式会社 代表取締役社 中小企業診断士/研修デザイナー
「研修設計」+「マーケティング」の専門家 ”人の可能性の扉を開く”ことをミッションとし、人材育成にマーケティング視点を合わた設計を行っている
中小企業診断士としての経営視点、マーケターとしての視点、インストラクショナルデザインの研修企画力の3つのスキル・経験を活かし、クライアントの課題解決に貢献している。近著に「研修講師が企業・研修会社から”選ばれる力”」(同文館)がある
得意分野 モチベーション・組織活性化、マネジメント、コーチング・ファシリテーション、ロジカルシンキング・課題解決、営業・接客・CS
対応エリア 全国、海外
所在地 東京都/中央区

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

社宅でもUR賃貸住宅

注目コンテンツ


「健康経営特集」
従業員の健康づくりを通じて生産性向上を目指す!

健康経営の推進に役立つ多彩なプログラムをご紹介。資料請求のお申込みや資料のダウンロードも可能です。



『日本の人事部』受けさせたいスキルアップ系講座特集

コミュニケーションや英語力、個人の生産性やPCスキルなど、ビジネス上必須となる多彩なプログラムをご紹介


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


信頼できる法律・書式Webデータベースで効率アップ<br />
総務法務・人事労務・経理税務の「どうすればいい?」を解消

信頼できる法律・書式Webデータベースで効率アップ
総務法務・人事労務・経理税務の「どうすればいい?」を解消

「法律ではどうなっている?」「届出・申請はどう書けばいい?」「最新の通...


求人に特化した検索エンジンIndeedで自社採用HPへの集客を高め、「自立した採用力」を促す

求人に特化した検索エンジンIndeedで自社採用HPへの集客を高め、「自立した採用力」を促す

「企業が自社の「採用力」を高めていくためには、“自立した採用力”こそが...