無料会員登録

会員登録すると検討フォルダがご利用いただけます。 日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

目標管理ツールのOKRとMBO

最近、人事制度(特に評価制度)の話をする中で、"OKR"という言葉をよく耳にする。このOKRとは、Googleやインテルなどが導入しているといわれている目標管理ツールのことで、Objectives and Key Resultsの略称である。このOKRの解説をする日本国内の記述には、「これまでのMBOとは異なる」や「新しい目標管理ツールだ」などの記述があるが、その記述に対して私は違和感がある。

 

--

 

これまでにもよく用いられている評価制度の考え方のひとつに"MBO"という考え方がある。MBOとは、Management by Objectivesの略称で、これもまた"OKR"と同様に、目標管理ツールのひとつであり、日本国内においてはメジャーな考え方のひとつである。このMBOは、評価の仕組みのひとつとして日本国内においては一般的に認知・認識されている。

 

しかし、本来は評価の仕組みに傾倒したものではなく、目標を軸にして上司が部下をマネジメントするための仕組み・手法のひとつであり、評価の一部というよりも経営管理手法のひとつであるという理解の方が、MBOに対する正しい理解である。それが、マネジメントにおける便宜上、日本国内においては、MBOの考え方を人事評価の一部に組み込まれ、一般的になり、国内で言うところのMBOは"評価の仕組みの一部"になったのが実態であるといえる。

 

--

 

このように、日本国内においてMBOは、評価の一部として活用されることが一般的であり、海外から入ってきた頃のMBOとは異なる。つまり、日本国内でMBOは独自の進化を遂げていると私は考えている。この独自の進化とは、"評価の仕組みとしてのMBO"であり、その運用のポイントには、以下のようなものがある。

 

▼MBO運用のポイント
・目標を分解して、定量的に評価できる指標を設定する
・中間面談(1~3ヵ月に一度)などを通してPDCAを回す
・達成しそうでしない、達成しなさそうでする、目標を最適な目標とする
・目標は上位目標と関係性・関連性があるように立てる
・目標はSMARTに沿って立てる(※SMARTの解説は下部参照)
...など。

 

これらの"評価の仕組みとしてのMBO"のポイントは、OKRの構築や運用の要諦として提唱されているポイントでもある。つまり、日本国内において独自に進化を遂げたMBOは、昨今話題になっているOKRと類似しており、これが、"OKR"に対して「これまでのMBOとは異なる」や「新しい目標管理ツールだ」と評価する記述に対して感じる、私の違和感である。

 

--

 

弊社では、外資系企業の日本法人における人事制度を構築することがある。そして、その弊社で構築した人事制度(特に評価制度)を、本国の本社へ報告することがあるが、本国の人事部門から「日本の評価制度は完成度が高い」と、高い評価を頂くことが多く、日本の人事制度の完成度の高さや精緻さをいつも感じる。

 

昨今話題となっている"OKR"は、本当に仕組みとして、新しいのだろうか。

 

私は、このような経緯から、Googleやインテルといったグローバル企業が導入している"仕組み"であるから、注目されているに過ぎず、真新しさを感じているだけなのではないだろうかと感じる。

 

--

 

OKRに限らず、人事のあらゆる仕組みや取組みにはトレンドや流行がある。しかし、一方で、自社が導入している仕組みや取り組みの方が、流行やトレンドに乗った仕組みや取り組みよりも、優秀且つ自社にマッチしている場合も往々にしてある。

 

トレンドや流行を常にキャッチすることは大切であるが、このトレンドや流行に流されることなく、仕組みの中身や本質を理解し、"自社に合うという目線"で、人事の仕組みや取組みを検討する必要があるのではないかと考えている。

 

--

 

※SMARTゴールとは
目標達成に必要な5つの要素の頭文字をとった言葉です。
S = Specific 明確な 
M = Measurable 測定可能な 
A = Attainable 実現可能な 
R = Relevant, Realistic 価値観に沿った、現実的な 
T = Time-bound 時間軸のある


 

コンサルティングソリューション事業部
新井誠

  • 経営戦略・経営管理
  • モチベーション・組織活性化
  • 人材採用
  • 人事考課・目標管理
  • ロジカルシンキング・課題解決

私たちは成果創出に寄与する活性化施策を提供することを通して、躍動感溢れる未来を創造していきます。

株式会社アクティブ アンド カンパニー 代表取締役社長 兼 CEO
株式会社日本アウトソーシングセンター 代表取締役社長

大野順也(オオノジュンヤ) 株式会社アクティブアンドカンパニー 代表取締役社長 兼 CEO

大野順也
対応エリア 全国
所在地 千代田区

このプロフェッショナルのコラム(テーマ)

このプロフェッショナルの関連情報

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

プロフェッショナルコラム

多様性はもともとそこにある。これから求められるのは「融合」

細木聡子(株式会社リノパートナーズ代表取締役/中小企業診断士/公益財団法人 21世紀職業財団 客員講師/ダイバーシティ経営コンサルタント)

「サイボウズの青野さんのセミナー、面白かったですよ!」 と当社社員が勧めてくれた講演会 「100人100通りの働き方~...

2021/04/14 ID:CA-0003586 人事施策・研修実施のヒント