無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

人事制度を構築する上で一番重要なポイント

人事制度構築に関するプロジェクトを進める中、「納得性の高い評価制度にしたい」「成果に直結した報酬制度にしたい」等々と、評価制度や報酬制度に関する話をよく耳にします。この評価制度や報酬制度は、事業の成果や社員の処遇に直結する制度でもあり、また比較的、社員の目にも触れる制度であるため、社内・人事部内においても話題に上がりやすいのでしょう。


では、そもそも人事制度とは何でしょうか。


人事制度とは、人に対する仕組みや仕掛け全般の事を指しており、福利厚生制度や退職金制度なども含めたものを全般的に指している言葉です。 前述の評価制度や報酬制度は、その人事制度の中でも基幹的な役割を担うことから、基幹人事制度の一部として分類されます。


基幹人事制度とは、


評価制度と報酬制度に加え、等級(ランク)制度を含む3つの制度のことを指して言います。また、この3つの制度はそれぞれが有機的な繋がりを持つことで、基幹人事制度が適切に機能するようになります。


この基幹人事制度を構築していく上で、また有効的な人材マネジメントを実現していく上で、最も重要なポイントになるのは、評価制度でもなければ報酬制度でもなく、実は等級制度なのです。等級制度とは、働く社員の位置づけを定義する制度であると言え、等級制度をいくつかの種類によって区分すると、役割に基準をおいたものや、社員の能力に基準をおいたものなど様々あります。


しかし、何れにおいても働く社員の組織における位置づけを定義する機能を持つことに変わりはありません。


勘所の良い方であれば、もうお分かりかと思いますが、この等級制度は、評価制度や報酬制度の根拠になっている制度といっても過言ではないのです。つまり、評価制度の納得性は、評価制度の仕掛けだけではなく、社員の位置づけが明確なことによって、その評価結果が妥当なのかが決まります。


また成果に直結した報酬制度は、報酬制度の仕掛けだけではなく、社員の位置づけによって求められる成果の基準も異なってくるため、位置づけが曖昧であれば成果も曖昧になり、連動して報酬の意味合いも曖昧になります。


等級制度の影響はこれだけに留まりません。


等級制度が働く社員の組織上の位置づけを定義するといった性質を持つことから、各位置づけ(ポジションや役割等)によって、求められるスキルや能力を定義することにも繋がります。つまり、育成制度に対する影響も持つのです。ここまでくると、等級制度が新卒採用や中途採用の採用基準にも影響することは言うまでもないでしょう。


・貴社の等級制度は、職務実態に沿って定義されていますか?
・また、社員に周知され、それらを社員は理解して、また意識して活動していますか?


今一度、等級制度の妥当性等を検証・確認すると、基幹人事制度の不具合の本質が見えてくるかもしれませんね。

 

代表取締役社長 兼 CEO 大野 順也

  • 経営戦略・経営管理
  • モチベーション・組織活性化
  • 人材採用
  • 人事考課・目標管理
  • ロジカルシンキング・課題解決

私たちは成果創出に寄与する活性化施策を提供することを通して、躍動感溢れる未来を創造していきます。

株式会社アクティブ アンド カンパニー 代表取締役社長 兼 CEO
株式会社日本アウトソーシングセンター 代表取締役社長

大野順也(オオノジュンヤ) 株式会社アクティブアンドカンパニー 代表取締役社長 兼 CEO

大野順也
対応エリア 全国
所在地 千代田区

このプロフェッショナルのコラム(テーマ)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

プロフェッショナルコラム

ハラスメント防止研修で盛り込むべき内容

村田 早苗(企業研修.com(ガイアモーレ株式会社) ガイアモーレ株式会社提携講師 (株)スマイル・アンド・エール 代表取締役)

ハラスメント防止研修で不足していること ハラスメント防止研修では、具体的に言ってはいけないこと、してはいけないことを理...

2022/06/24 ID:CA-0004155 ハラスメントにならないコミュニケーション