企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

プロフェッショナルコラム

高速道路の新時代

高速道路「最高速度120km/h」本格スタート

これまで、高速道路における最高速度は、基本的に普通車・自動二輪車が100キロ、大型貨物では80キロとなっています。

また、お隣、韓国の高速道路での最高速度は時速120キロ。

そして中国も時速120キロで、香港や台湾などは時速110キロに比べ低い水準となっています。

欧州やアジアの主要国と比べて最高速度が低いことや道路構造上で問題ないこと、そして実際の交通事情では最高速度以上に速度を出していることなどもあり、2017年から試験的に一部の区間で120キロまで最高速度を引き上げを実施してきましたが、現実化が行われ、日本でも120キロ区間を増やしていくことが検討されています。

筆者は岩手県内の花巻南IC~盛岡南ICで120km/hの試行区間を走行しましたが、最高速度が120km/hだからといって、全体が120km/hで走ろうとペースが上がるような印象は受けませんでした。

 

速度差に注意

今後、120キロの最高速度が展開されていく中で、注意しなければいけないのはICやSA及びPAから本線に合流してくるクルマと本線を走行するクルマとの速度差です。

運転に不慣れな方や知識に乏しい方は、加速車線で十分な加速が出来ないまま本線に合流する可能性があります。

本線に合流する方は十分な加速をおこない、本線を走行している方は合流してくるクルマの動きや速度差に対する知識と対応力が必要になってきます。

また、80km/h規制の大型車との速度差が大きくなることにより、大型車が車線変更を行うリスクを双方が知っておかなければなりません。

 

高速道路の新しい時代

高速道路がより安全かつ、より円滑な走行が出来る様に進歩し、速達性や定時性が高まって行く中で、車の性能も日々上がっています。

ドライバーとしては最高速度120キロになっていても、その最高速度で常に走行する必要はなく、交通状況に応じた安全かつ円滑な速度で走行し、最高速度の引き上げによる効果を期待しつつ、変わらず安全運転、運転マナーやモラルの向上を心掛けたいものです。


この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。

※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

コラム執筆者
安田 和生
安田 和生(ヤスダ カズノリ)
安全教育事業部 課長
総務人事や車両管理のご担当者様、交通教育のご担当者様に寄り添って、少しでも企業の交通事故防止のお役にたちたい!
交通事故防止や交通教育でお困りごとがありましたらお声掛けください。押し売りは絶対致しません!!!日々の情報提供から少しずつご担当者様との信頼関係を築き上げ、私共が持っております知識や経験、ノウハウで少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。
得意分野 安全衛生・メンタルヘルス、キャリア開発、リスクマネジメント・情報管理、その他
対応エリア 全国
所在地 新宿区

このプロフェッショナルのその他のコラム

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

タレントパレット 会社の法律Q&A 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


異文化対応と自己表現を重視した「英語教育」が<br />
真のグローバル人材を生み出す

異文化対応と自己表現を重視した「英語教育」が
真のグローバル人材を生み出す

多くの日本企業がビジネスをグローバルに展開していますが、海外での日本企...