企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

プロフェッショナルコラム

【障がい者雇用】関心は高いが、理解の深まらない障がい者雇用

自社の雇用率が未達成という状況の中で

雇用を推進しなければならない人事部門としては

障がい者雇用に関心が高まっていることと思います。

 

障害者雇用促進法の改正による法定雇用率の引上げ、

これから先の労働人口の減少を見据えたダイバーシティ経営など

国を挙げて、障がい者雇用に取り組む必要性が呼び掛けられています。

 

経営層も障がい者雇用への意識を向け始めていますが、

理解が深まらないように感じます。それは、なぜでしょうか?

 

理解が深まらない理由は、2つあると考えます。

 

① イメージが偏っていること

② 実体験が乏しいこと

 

障がい者の歴史的背景を見ると、

1950~1960年代は、知的障がい者は「療育」

精神障がい者は「療養」に重きが置かれていました。

障がい者は、労働者としてみなされていない時代だったのです。

 

今でも、精神障がい者には、精神病院の隔離病棟のイメージや

“職場で暴れ出すのではないか”という印象があるかもしれません。

 

現在、我々が支援を行っている企業では、

本格的な障がい者雇用が初めてにも関わらず、

精神障がい者の採用に取り組まなければならない状況でした。

 

募集時の人物像や業務内容の設定から

採用面接の同席、入社後の管理職への細かいフォローなど、

人事部門の一員となって、関わっていきました。

 

すると、半年前までは、障がい者雇用の素人であった人事が

専門職の我々から見ても、経験値の高い人事へと変化していったのです。

 

この効果は、我々心理士が関わったことで

 

① 精神障がい者雇用に対するネガティブイメージを修正できた

② 精神障がい者対応の不安を払拭することで実体験を加速させた

 

のではないかと考えます。

 

障がい者雇用を丸ごと外部に委託してしまうことは

短期的な雇用率達成には良いかもしれません。

しかし、これから先も長く取り組む必要のある障がい者雇用を考えると

人事の経験値向上や、人事部門の体制構築を図っていくことが

求められるのではないでしょうか。

 

 


この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。

※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

コラム執筆者
諏訪 裕子
諏訪 裕子(スワ ユウコ)
シニアコラボレータ―
臨床心理士、国際医療福祉大学非常勤講師、国家公務員の専門相談員
【専門領域】障がい者雇用の企業支援、精神障がい者の採用・定着・育成支援
精神科・心療内科クリニックにて、医師との協働で会社員のメンタルヘルス相談等に関与。EAP事業会社にて企業のメンタルヘルス支援に従事。現在は、企業の人事部門に対する障がい者雇用のコンサルテーション、精神障がい者の現場管理職・本人支援を実施。
得意分野 安全衛生・メンタルヘルス、人材採用、マネジメント、その他
対応エリア 関東(茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県)
所在地 渋谷区

このプロフェッショナルのその他のコラム

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

職員の皆さまに、資産形成の研修を

注目コンテンツ


「目標管理・人事評価」に役立つソリューション特集

目標管理・人事評価システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


Employee Experienceを企業競争力の源泉へ<br />
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

Employee Experienceを企業競争力の源泉へ
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

リクルートホールディングスでは2015年から、働き方変革を推進。グロー...


企業の成長を促す「エンゲージメント経営」<br />
Employee Experienceが競争力の源泉となる

企業の成長を促す「エンゲージメント経営」
Employee Experienceが競争力の源泉となる

将来の労働力減少が見込まれる現代において、「従業員一人ひとりが持つ経験...