無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

TSUTAYAに学ぶ仕事術 セオリーCを探せ!

私が仕事をする上でベースになっているのがセブン・イレブンージャパンでの経験ともう一つ欠かせないのが、レンタルCD・DVDの「TSUTAYA」運営のCCC人事部での仕事です。

私が勤務当時全社員が400名であったところ、増田社長の指示で、300名の新卒採用を行い「内圧で会社を変える」経験をしました。
こうした常識を覆るような思いきった施策を繰り返してきたがのTSUTAYAの歴史ともいえます。

会社を飛び越えて「Tポイント」を異業種に展開、日本を代表するポイントシステムを育てたことや、代官山での「大人のためのTSUTAYA」開設、佐賀県武雄市での「公共図書館をTSUTAYAが運営」といった試みなど、私の在籍時以上に、新たな試みをし続けています。

一部には奇をてらった、話題集めのようにも見られがちですが、その根底には戦略的な狙いがあると私は考えています。(今もそうだと思いますが)CCC社内で当時から言われているのが、TSUTAYAは単なるDVDやCDのレンタル会社ではなく、「日本一の企画会社」であるべき、ということ。

その根底には「セオリーC」という考え方があります。「セオリーC」とは対立するAという事象と、Bという事象があるときに、一見両立しないA、Bを解決する解決策である「セオリーC」を探すのが企画であり、仕事なのです。

たとえば、「事象A 社会の高齢化」「事象B 若者中心に支持を集めて来たTSUTAYA」という二つの事象からは、TSUTAYAは先細りをする未来となりますが、「大人の満足するこだわりの新しいTSUTAYAをつくる」というセオリーCを実施することで、AとBの事象両方を満たすことができる。

私の関わった新卒採用300人という「セオリーC」が目指したところは「A ベンチャーを脱して大企業化し失われる起業家魂」「B 世間でそれなりの評価を受け、大きく変わらずともそこそこ成長が可能」というコンフリクト(対立)の解決にあったのでしょう。

このような状況は、大小含め、皆さんの職場にもあるはずです。そして「セオリーC」を生み出すには、創造性が求められます。創造性は時に非日常性から生まれることも多いのです。
私のオフィスが社労士事務所には似つかわしくない、コンクリート打ちっぱなしのデザイナーによる建物なのもそこに理由があります。人事部の仕事は「事務屋」ではりません。
ぜひ、創造性を駆使して、人事の課題を解決する、「セオリーC」を一緒に見つけようではありませんか。

  • 経営戦略・経営管理
  • 法改正対策・助成金
  • 労務・賃金
  • 福利厚生
  • 人材採用

お客様から「仲間だよね」と言ってもらえること、言ってもらえるだけの仕事をする姿勢を貫くことが我々の強みです。

山崎製パン㈱、セブンイレブン・ジャパン㈱、「TSUTAYA」FC本部㈱CCC人事部長、社長室長そして㈱ソフトバンクBBの業務企画部長と企業人を20年。独立し、㈱アウトソーシングSR、(社)人事部サポートSRを設立。

藤田 敏克(フジタ トシカツ) 社会保険労務士法人SRグループ 代表

藤田 敏克
対応エリア 全国
所在地 新宿区

このプロフェッショナルのコラム(テーマ)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

プロフェッショナルコラム