無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了!
※登録内容はマイページで確認・変更できます。

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

既に会員の方はこちら

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

業績定義の7つの視点とは

【業績定義の7つの視点とは・・・】

 

人事評価制度における評価の3要素とは、「成果の実現度」「業務の遂行度」
「能力の啓発度」です。

そしてこれらの3つの要素は、会社の当面の課題と中長期的な課題を踏まえて、
具体的な評価項目として整理していきます。

今回は、この3つの要素の中の「成果の実現度」について、成果とは一体何なのか
ということについてご紹介したいと思います。

成果とは言ってみれば業績ですが、人事評価制度上の業績とは一体何なのか・・・。
これは徹底して議論することが評価項目の選定時において必要です。

当然のことながら、各部門、各階層に応じて「求められる成果・業績」は違います。

例えば、営業部門では、一般的に「売上、利益」を評価項目として設定している企業が
多いですが、売上ひとつとっても「総額売上額なのか、特定商品・特定市場での売上額
なのか」は事前に議論すべきことです。

将来の自社の主力商品として育てたい商品や戦略的にシェアアップを図りたい市場が
あれば、特にその商品や市場への売上・利益に特化した評価項目を設定してもよいと
思います。

また、自社の売上・利益の獲得のポイントが、有効商談面談率の向上であったり、
顧客提案率の向上であったり、顧客開拓ノウハウの開発であったりする場合は、これら
を成果の実現度としての評価項目にしてもよいと思います。

また、管理部門の場合においては、売上・利益などといった直接的な付加価値を生み
出す部門ではありませんが、付加価値獲得の後方支援部門であるとするならば、従来の
ような、例えば「経費削減・時間短縮・業務改善・ミスの防止・業務処理量の増加」
などといった一般的な評価項目もその意味合いが全く変わってくるはずです。

いずれにしても、会社の様々な環境や価値観、そして人材レベル、風土によって何を
成果と見なすかは異なってきます。

ところで、成果・業績とは一体どのような視点で捉えるべきなのでしょうか。

様々な視点があると思いますが・・・、

基本的な考え方として、業績は、最終的には経営数値へ反映することが要求されます。
従って、業績の要には数値「数量業績」を置かねばなりません。
そしてこの業績は、二つの側面を持ちます。すなわち、量(売上・利益など)と原価です。

また、この経営数値は、顧客の満足を通じて実現されてこそ意味を持つものであり、
会社の成長・発展もなし得るものです。
顧客の満足は、会社が、また社員個々人が、顧客に対してもたらした商品・サービスの
品質によって生じるものです。
従って、業績の二番目に、「品質業績」を置く必要があります。

ところで、この二つの業績は一時的ではなく継続して実現することで、始めて真に顧客に
貢献できるものであり、信頼を得ることができるものです。
そのためには、それを継続して実現できる体制が必要となります。この体制は、次の二つ
の面から築き上げる必要があります。

すなわち、①業績をバラツキなく確実に遂行できる体制と、②業績を年々拡大発展させて
いく体制及び改善していく体制の二つの取り組みです。

従って、業績の三番目には「業務遂行業績」、四番・五番目には「開拓業績」と「改善業績」
が必要となります。

また、より良い品質とそれを作り出す開発・改善を生み出すには、次の二つの条件が
不可欠です。

すなわち、①より良い職場環境と、②社員一人一人の能力の向上です。
前者を「環境業績」として捉え、後者を「人質(ジンシツ)業績」として捉えることができます。

以上七つの業績は、密接に関連しており、お互いに相乗効果をもたらすものです。

但し、人事評価項目としてこれらの七つの視点をすべて取り込まないといけないわけでは
ありません。

会社によって課題の内容や程度は異なりますし、環境や風土も異なります。

自社として今何が必要なのかを正しく見極めた上で「成果・業績」といったものを検討して
いく必要があるのではないでしょうか。 

 

※8月22日、24日に売上向上のための人材育成セミナーを開催します。

詳しくは、セミナー情報をご確認下さい。

  • 経営戦略・経営管理
  • モチベーション・組織活性化
  • 労務・賃金
  • 人材採用
  • 人事考課・目標管理
  • キャリア開発
  • リーダーシップ
  • マネジメント
  • コーチング・ファシリテーション
  • チームビルディング
  • コミュニケーション
  • プレゼンテーション
  • ロジカルシンキング・課題解決

人事制度に「人材育成の仕組みと儲かる仕組み」を組み込むノウハウで人材育成と付加価値アップを同時に実現。

経営戦略・人事処遇制度・組織活性化・業務改善改革・営業生産性向上などの仕組み作りと実践支援をさせて頂いております。近年では、「人材育成と売上アップ」を同時に実現する当社独自の人事ノウハウでコンサルティング活動を展開しております。

山藤 茂(サントウ シゲル) 経営支援部 取締役

山藤 茂
対応エリア 全国
所在地 柏市

このプロフェッショナルのコラム(テーマ)

この記事をオススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

オススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

プロフェッショナルコラム

若手従業員の業績意識・コスト意識を高めるには

タナベコンサルティング コーポレートファイナンスコンサルティング事業部 コンサルタント(株式会社タナベコンサルティング 戦略総合研究所 コンサルタント)

若手従業員の業績意識・コスト意識を高めるには 経営者・経営幹部の方々とお話しする中で、若手人材の育成に関する話題になる...

2024/05/23 ID:CA-0005373 資本政策・財務戦略

【事例】1時間のメンタリングで離職を阻止

細木聡子(株式会社リノパートナーズ代表取締役/技術系ダイバーシティ経営コンサルタント/(公財)21世紀職業財団客員講師/中小企業診断士)

今回は、 「メンタリングがD&I実現にもたらす効果」 について一緒に考えていきたいと思います。   ┏━━━━━━━...

2024/05/22 ID:CA-0005370 ダイバーシティ&インクルージョン