企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

会員登録すると検討フォルダがご利用いただけます。 日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

事業カテゴリ:
ビジネス効率化・支援
業務ソフト・ASP・システム開発
ITコンサルティング・サポート

株式会社ソリューション・アンド・テクノロジー

https://www.solty.com

〒102-0081 東京都千代田区四番町6番東急番町ビル
対応エリア:全国、代表者名:中山 桂智、従業員数:91名、資本金:8000万

勤怠管理システム WiMS/SaaS勤務管理システム

『働く』ことのモノサシは“時間”から“生産性”へ
~オートメーションでセルフマネジメントを促進~

解決できる課題:ワークスタイル・時短現場の業務効率化コンプライアンスへの対応

このサービスのポイント

労務管理をサポートする豊富な標準機能
申請書や勤務表の承認ワークフロー、シフト管理やプロジェクト工数管理等の豊富な機能を提供します。豊富なパラメータにより、ノンプログラミングで多様な設定が可能。
プロジェクト工数管理で業務の予実績管理
出退勤の管理だけでなく、どの業務にどれだけ時間をかけたのか、業務計画と実績の乖離を可視化。1日の予実績管理で、従業員一人一人のセルフマネジメントを促進します。
多様なワークスタイルに柔軟に対応
フレックス勤務や変形労働制、テレワークや時短勤務など、多様な勤務パターンに柔軟に対応。在席管理と連動したワークプランは、稼働状況をメンバーに共有することが可能。

サービスDATA

対象企業規模 501人~1000人1000人以上
対応エリア 全国
費用 初期設定サービス費用:個別見積もり
月額利用料:1人当たり 290円(税別)
導入社数 導入社数非公開
製品形態クラウド(ASP・SaaS)
スマートフォン対応あり
サポート体制導入支援・コンサルティングヘルプデスク対応
対応範囲グローバル拠点対応(多言語対応)法改正対応既存システムとの連携対応
機能給与計算連携36協定支援申請承認予実管理残業状況確認

サービス詳細

働き方改革を推進するお客様を強力にサポート

労働力人口の減少を背景に、長時間労働の是正や独自休暇制度の導入等、企業の様々な取り組みで進められる"働き方改革"。
WiMS/SaaSでは、最新のテクノロジーで規制緩和・強化への対応は勿論のこと、企業個々のニーズへも最高のクォリティでのオートメーションサービスで効率化・省力化を支援します。 デジタルイノベーションによるセルフマネジメントの定着は、「時間」ではなく「生産性」を軸とするエンゲージメントを可能とし、生産性向上に向けた意識改革を促進します。

勤務計画と勤務実態の予実績管理により、業務の進捗状況やプロセスを可視化することができます。
長時間労働に代わる評価として、生産効率の評価やプロセスの評価など、適切な評価を行うことによって、社員一人一人のセルフマネジメントが促進し、モチベーションの向上や、業務改善につながります。
テレワークを導入した場合も、予実績管理により業務が見える化されることで、上司や同僚と連携を図りやすくなり、チームでのマネジメント強化につながります。
適切な評価が得られる働きやすい環境は、人材の確保や離職の抑制につながり、生産性の向上が期待できます。
また、ダイバーシティの推進を可能とし、多様な個性をもった人材間のノウハウや経験を活かしたイノベーションを促進します。


WiMS/SaaS勤務管理システム
労務管理をサポートする豊富な標準機能

WiMS/SaaS勤務管理システムは、勤怠の管理そのものだけでなく、休暇や残業の申請、承認ワークフロー、シフト管理やプロジェクト工数管理といった豊富な機能を提供しています。これまで人事担当者が取りまとめ報告していたデータ類が、グラフ等の視覚性に優れた分析結果で自動提示され、従業員の就業状況を、全社単位、部門単位、個人単位に把握することができ、有効な労務管理を実現いたします。 長時間労働の事前把握による労務リスク対策の推進に留まらず、予測による採用計画や適性配置等の戦略的な経営計画を支援します。豊富なパラメータにより、ノンプログラミングで多様な設定が可能です。

多残業アラートを含む様々な情報掲示が可能なファーストページを設けており、お客様毎でのフレキシブルな利用が可能です。統合業務ポータルサイトとして利用される等、”毎日利用される勤務管理システム”としての位置づけを活かしたコミュニケーションプラットフォームとしての活用が広がっています。

・30を超えるマスタと、それらをメンテナンスする機能をご提供
・労務申請・承認
・トップページお知らせ掲示機能
・有給休暇管理、有休消化率確認 など


 
多彩な入力手段と勤務実績入力機能

勤務状況や出退勤時刻の入力は、本人による入力に加え、代理入力やWEB打刻、タイムレコーダ等の打刻情報取込み、カードリーダー連携、PCログイン・ログオフ連携、スマートフォン入力など豊富な手段に対応しております。外出先からの入力や勤務形態によって異なる入力手段など、お客様の運用に沿ってご提案いたします。
ICカード打刻などによる客観時刻と、自己申告による労働開始・終了の実績時刻の双方のデータを保有し、乖離のある場合は警告を出すことも可能です。所定時間をオーバーした場合に、残業申請を行うまではエラーとなり、時間集計や勤務表の確定・提出処理を不可とする設定などが可能です。

・従業員自身が入力する際の入力チェック機能
・従業員への情報開示により入力ミスの減少
・チェックリスト出力によるチェック業務強化

雇用形態ごとに異なる勤務パターン管理など多様なワークスタイルに柔軟に対応

フレックス勤務や裁量労働制、変形労働制などの勤務管理にも対応しており、テレワークや時短勤務など、多様な勤務パターンに柔軟に対応します。残業対象、有給休暇の付与対象等の情報を、従業員個人単位で設定することが可能です。休日、就業時間の設定や、ワークフローの設定も個人毎に行うことができます。残業時間等の計算は、設定に基づき自動で集計されるので、給与システムへのデータ取込が格段に効率化されます。
豊富なパラメータ設定によりお客様独自の算出ロジックの構成が可能です。
有給休暇の付与条件や、勤務パターン等の様々な項目をマスタ化し、サービス導入時やその後の制度変更の際にも効率良く柔軟に設定することができます。

また、多様な働き方への対応として、勤務計画と作業場所、休暇取得予定を登録できるワークプラン機能を設けております。登録したワークプランは在席管理と連動し、稼働状況をメンバーに共有することができます。先々の予定まで登録できるので、計画的な休暇取得やチームの稼働計画に役立ちます。在宅勤務やモバイルワーク、フレックス制度を利用するメンバーがいても、「誰がどこでいつ何をしているか」が見える化されるので、会議のスケジューリングやタスク分散などを容易にし、チーム運営を強化します。

・社員の雇用形態ごとにテンプレート設定可能
・画面上でシフトを作成・調整 Excelシフトの取込も可能

過重労働アラート機能によるリスクマネジメント

労働時間の分布や年休取得率をリアルタイムにグラフで確認し、長時間労働の恐れがある対象者を抽出することが可能です。36協定時間のチェック機能を標準装備しており、勤務締めを待たずとも超過時間のチェックが行えるため、健康管理やワークライフバランスの推進に役立てることができます。労働基準法、36協定、健康管理に基づく時間を設定し、注意を促す自動通知メールの設定も可能です。

・法令改正への迅速な対応(事前情報の発信と対応内容のご相談・サポート)
・過重労働の事前チェック機能
・多残業抑止通知
・36協定時間、健康管理目安時間超過時のワーニング表示


 

導入実績

導入社数 導入社数非公開
プロジェクト工数と勤務実績を同時入力 リアルタイムな勤務チェックで適正管理を実現

<導入の背景>

2015年4月より全社の業務改善として給与明細や年末調整、また健保関連等の紙媒体の社内配布物のペーパーレス化や、各種業務プロセスの適正化等に取り組んでまいりました。
中でも、勤務管理は創業以来、紙とExcelで運用しており、月次の集計業務の負担が非常に大きく、また、月末にならないと勤務状況が確認できないため、適正な勤務管理業務の観点から課題が多くありました。長年の運用で、ルールがかなり複雑化していたこともあり、勤務管理に特化したパッケージとの適合分析を利用して、運用ルールや就業規則の見直しも視野にいれ、システム導入の検討をはじめました。


<導入効果>

月次業務が格段に楽になりました。システム導入前は10名くらいで丸2日かけてダブルチェックを行っていましたが、今は3~4名で、それほど時間もかからずにチェックできています。また、以前は後から修正が必要となることも多々あったのですが、WiMS/SaaS導入後は、勤務表登録時にシステムチェックがかかるため、そのようなこともなくなりました。


<導入当初の課題は解決されたと思われますか?>

はい。導入の過程で複雑化していた運用ルールの見直しができました。またWeb画面入力により、リアルタイム性も向上しています。日々の勤務状況を確認できるようになったことは大きな進歩だと思います。また、休暇情報をいつでも画面から確認できるようになり、多くの従業員が利便性を感じていると思います。