無料会員登録

会員登録すると検討フォルダがご利用いただけます。 日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

株式会社ソリューション・アンド・テクノロジー

カブシキガイシャソリューションアンドテクノロジー

ERP・人事システム WiMS/SaaS人事考課システム

ジョブ型雇用の人事評価制度に最適
コンピテンシー評価、 MBO 評価にも対応

WiMS/SaaS人事考課システム_画像

このサービスのポイント

1
幅広い評価制度に対応
ジョブ型評価、コンピテンシー評価、MBOなど、評価制度に応じた最適なソリューションを提供
2
評価業務の効率化
評価シートの配布・収集、考課状況の進捗管理など、人事部の作業負担を軽減し、業務を効率化
3
集計・評定値算出を自動化
考課者が入力した評定値を、ウエイト等の係数を元に相対評価・絶対評価それぞれの指定の集計方法に基づき、最終評定結果を自動計算

サービスDATA

対象企業規模 501人~1000人1000人以上
対応エリア 全国
費用 初期設定サービス費用:個別見積もり
年額利用料 1人あたり3,600円
導入社数 導入社数非公開
製品形態クラウド(ASP・SaaS)
スマートフォン対応なし
サポート体制導入支援・コンサルティングヘルプデスク対応
対応範囲既存システムとの連携対応
特化業界特化業界なし

サービス詳細

評価制度に合わせた最適なソリューションを提供

人事考課における目標設定、自己申告、評価、評定値算出、面談までの一連のフローを効率化するクラウドサービスです。幅広い評価制度に対応し、業務の効率化と組織のパフォーマンス向上を支援します。ご要望をきめ細かくヒアリングした上で、貴社に最適な人事考課ソリューションをご提供いたします。


WiMS/SaaS人事考課システム

人事評価業務の効率化

人事考課の運用プロセスをWeb ベースで自動化することにより、人事部の作業負担を軽減し、業務を効率化することが可能です。評価シートはWeb 画面入力になりますので、紙やExcel などを送付する必要が無く、評価シートの配布・収集を自動化し、送受コストの削減や、紛失・流出のリスクを回避することができます。

評価業務の効率化と組織のパフォーマンス向上を支援します

職務要件基準のジョブ型評価、職能要件基準のコンピテンシー評価にご利用いただけます。目標管理評価においては、ボトムアップ型のMBO、経営・組織ビジョンと連動したOKR にも対応いたします。

他システムとの連携

最終評定値を給与システムと連携することが可能です。 考課結果から評定値を算出し、人事・給与システムに連携することで、給与や処遇に適切に反映できます。

導入から稼働後の運用まで、安心ていねいなサポート

IT投資効果を最大限に引き出すためには、システムが業務に必要な機能を備えているだけでなく、システムを使いこなすために必要なサービスを、継続的に提供することが重要であると考えています。ご要望を丁寧にヒアリングし、本質的なニーズを汲み取ったオリジナルサービスメニューで、課題解決のための効率的な支援と効果的な提案を行います。

導入実績

導入社数 導入社数非公開

製造業:6,000名規模での導入事例

<導入の背景>
人事評価領域においては、大部分がExcelシートによる運用であったため、シート準備~配布~収集に当って、多数の事業所とのやり取り、収集後のチェックや集計作業に多大な業務負荷が生じていました。


<導入効果>
Excel運用を背景とした、当初期待していた管理サイドでの人事評価業務の負担を軽減するとともに、評価シート、評価後面談向けのフィードバックシートなどWeb画面での一語一句に至る細部にまで当社が目指す人財育成コンセプトを反映できたと感じています。
中長期的には、会社目標の達成と社員個々が望むキャリアプランの両立、社員のエンゲージメント向上という形での効果を期待しています。
評価者層に参加してもらう社内研修でも、拠点総務を招く会議においても、今回のシステム導入効果について、高い評価を得ることができました。