企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ


事業カテゴリ:
組織・人事コンサルティング
販促プロモーション
研修施設・会議室・他施設

企業を愛し、企業とともに歩み、企業繁栄に奉仕する株式会社タナベ経営

カブシキガイシャタナベケイエイ

https://www.tanabekeiei.co.jp/

〒532-0003 大阪府大阪市淀川区宮原3-3-41
対応エリア:全国、代表者名:若松 孝彦、従業員数:411名、資本金:17億7,200万円

制作プロダクション・広告 ブランドプロモーションコンサルティング

お客様の課題や目的に合わせて最適なプロモーションを、プランニングから実施まで、トータルで支援する

解決できる課題:新卒採用[採用ツールの準備・説明会の参加率向上・企業イメージ・知名度を向上]マーケティング強化顧客満足度の向上

このサービスのポイント

単発で終わらない/継続が最大効果を生む
ブランドの持つ世界観やメッセージを正しくとらえ、デザインの力を活用して‘ブランドの魅力’を伝えるツール製作
効果の見込めない提案はしない
流行やコストメリットだけで提案をせず、その時の課題や目的、予算・納期などあらゆる条件をクリアする、最適なプロモーションを設計
感覚だけで、ものごとを進めない
「なぜそのアイテム、デザインなのか」ターゲットに響くアイテム、デザイン案を、市場の動向をふまえ提案する

サービスDATA

対象企業規模 すべての企業規模
対応エリア 全国
費用 500,000円~/月
導入社数 導入社数非公開
得意領域新卒採用プロモーション中途採用プロモーションアルバイト・パート採用プロモーション一般プロモーション集客・広告社内報制作
対応範囲WEBコンテンツスマホコンテンツパンフレット映像イベント・ブースコンテンツネット広告配信コピーライティング

サービス詳細

ブランドプロモーションとは

ブランド認知度の向上、見込み顧客の獲得、競合他社との差別化、加えて顧客満足度向上によるロイヤルカスタマーを育成するため、経営戦略、販売戦略、ブランドストーリーに基づくプロモーションを実現します。

〇コーポレートブランディング(CI / VI)
〇ブランド認知度向上プロモーション企画・実行
〇見込み顧客獲得プロモーション企画・実行
〇チャネル別売上拡大プロモーション企画・実行
〇ブランドコミュニケーションツール企画・製作
〇ブランドロゴ・コピー、キービジュアル製作
〇Webプロモーション企画・運用
〇メディアプランニング
〇マーケティング機能アウトソーシング(月次契約)

タナベ経営のブランドプロモーションコンサルティングはお客様の課題や目的に合わせて最適なプロモーションを、プランニングから実施まで、トータルでご提案いたします。

【当コンサルティングで構築するもの】
・ マーケティングファネルの設計
・ リアル×Web マーケティング体制の構築
・ テストプロモーションによるマーケティング成果 ~実行支援~
  など


プランニングから実施までトータルでご提案

カリキュラム

コンサルティングの全体像
日程・トピックス 内容
現状認識・戦略策定:
現状認識<1ヵ月〜3ヵ月>
【コンサルティングのフレームワーク】
マーケティング活動の最適化を実現するための3つのプロセスとテストプロモーション

1.プロジェクトキックオフ
(1)プロジェクトメンバーの人選
(2)プロジェクトキックオフ(目的・進め方・成果目標の共有)

2.トップ、幹部社員、営業担当者へのヒアリング

3.CSアンケート
  クライアント、ユーザーへのアンケート調査・回収

4.環境分析
(1)販促施策の棚卸し、販売プロセス分析
(2)マネジメント分析

5.Web解析
(1)流入特性分析
(2)ユーザビリティ分析
(3)競合分析

6.販促コミュニケーションツール確認
現状認識・戦略策定:
戦略策定<1ヵ月〜3ヵ月>
1.セグメンテーションとターゲティング
業種や業態、売上規模や担当者属性など、市場を細分化します。その中で、どこに最も課題感があり、その課題に対してどんな価値を提供できるのか、ターゲットを明らかに。

2.広報・販促施策の立案
既存の活動とのすみ分けを含め、オフライン・オンラインの両軸から最適な施策を選定し、優先順位を付け。

3.プロモーションツールの設計
営業現場の特長を鑑み、戦略に即したコミュニケーションツールを検討します。既存ツールの改定ポイント抽出と必要ツールの洗い出し。

4.活動計画とKPI設計
テストプロモーションの結果検証も踏まえ、プロモーション戦略のアクションプランを策定。
現状認識・戦略策定:
テストプロモーション
1.自社サイト改善
(1)流入経路~CVまでの導線設計見直し
(2)コンテンツ開発
  案:FAQ、動画・・・

2.Web広告出稿
(1)検索広告
(2)ディスプレイ広告
(3)動画広告
(4)リマーケティング広告

3.ツール整備
分析内容から導かれる戦略に応じコミュニケーションツールの整備・改善を行います。カタログ・パンフレット、提案書フォーム、展示会ブースなど
実行推進支援:
実行推進支援<6ヵ月>
〇リード獲得強化
・オンライン・オフラインの連携施策推進
・Webプロモーション推進

〇営業・販売マネジメント
・マーケティング、Webマーケティング会議推進
・システム連携(導入)・設計・活用

〇社内体制強化
・メンバープロモーションリテラシーUP
・マーケティング活動の仕組み化
実行推進で大切なPOINT
提供価値 = 社内に残る《ヒト(人材)・モノ(仕組み)》

①単発で終わらないことが大切(継続が効率的である)
②よくある失敗は...○○○○だけやって終わってしまうこと
▶常にPDCAを段階的に回してゆくことに加えて、現場だけではなく経営層も含めた会社全体でかかわる仕組みが必要
↓ ↓ ↓
・メンバープロモーションリテラシーUP
・マーケティングの仕組み化

成果を求めながらも、数字で一喜一憂せず、プロモーションを続けていくプロセス・体系づくりを一緒に構築してゆく

導入実績

導入社数 導入社数非公開
導入先 コンサルティング事例
コンサルティング事例①

〇お墓建築の総合商社:顧客獲得支援(売上規模:40億円)

【コンサルティング前】
1.現状課題
埋葬形態が様々な方法が増えた中、昔からあるお墓を建てる文化が薄くなり、お墓を建てる需要が少なくなり、売上が減少傾向にある。
2.ビジネスモデル
お墓販売の商社。日本全国にある石材店(墓石店)に海外・国産問わず、お墓を輸入・加工し販売を行なう。
3.依頼内容
そもそもの事業売上を向上させたい。
直接的にエンドユーザーに営業・販売行為が出来ないので、市場動向に売上がそのまま影響される状態を改善したい。

【コンサルティング後】
1.コンサルティング内容
石材店が加盟できる協会の設立支援を行なう
①石材店とA社の関係強化により売上向上
②墓文化を広めることで業界全体の売上向上
③協会を通して、エンドユーザーに直接的に働きかけを可能にした
2.具体的な実施内容
①会組織の設立までのプラン構築
②会組織のショールームの空間デザインを支援
③会組織のHP作成
④会組織入会メニューを立案
⑤会員獲得(石材店)の営業戦略を構築
3.結果
①会組織に石材店が100社加入
②エンドユーザーの引合い、月平均80件獲得
(売上につながる顧客もあり。石材店に紹介)

コンサルティング事例②

〇業種:自動車小売業、年商:100億円、社員数:250名

【コンサルティング前】
1.現状課題
SSや書店などグループ企業があるが、いずれも衰退産業。
2.ビジネスモデル
ディーラーの中で、高級車を扱う店舗。
創業は江戸時代。


【コンサルティング後】
1.コンサルティング内容
①同社グループの10年後の収益基盤を検討するジュニアボード型研修を実施。
②上記研修で発案された新規事業案として、トレーラーカフェ事業が役員会で採択。
③その後、新規顧客ターゲットを開拓するためのイベント集客プロモーションを、マーケティングコンサルティング本部により支援。

2.具体的な実施内容
①グループ4社から30代~40代の中堅メンバーを14名選定し、6回コースで新規事業案を検討し、役員会に上申。
②トレーラーカフェのコンセプトや事業収支計画の立案を。プロジェクト型で支援。
③同社のイベント集客を、マーケティングコンサルティング本部が支援。山形県内の私立幼稚園にターゲットプロモーションを行い、同社にとって新しい客層であるF1層の開拓を実施。

3.結果
①グループ各社の横断型研修は、同社にとって初の試みであり、グループ内交流が図れた。
②社員発案による新事業の立ち上げ実績ができた。同事業は、収益としては小さく、宣伝広告機能の域を出ないが、同事業を推進する別会社が立ち上がり、以後の同社の新事業の受け皿として機能する。
③同社のイベント来場者数が、前年対比で増加し、新車販売にも貢献中。

サービス資料を無料ダウンロード