企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

会員登録すると検討フォルダがご利用いただけます。 日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

事業カテゴリ:
人材採用メディア
人材育成・研修
人材紹介・再就職支援

株式会社アイデム

https://www.aidem.co.jp/

〒160-0022 東京都新宿区新宿1-4-10アイデム本社ビル
対応エリア:北海道・東北[宮城県]、関東[茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県]、近畿[滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県]、中国[岡山県]、九州・沖縄[福岡県]、海外、代表者名:椛山亮、従業員数:1140名、資本金:2250万円

留学生・外国人採用 ★即戦力となる「特定技能」外国人材を採用しませんか?

ベトナム・ミャンマー・ネパールの人材採用なら登録支援機関のアイデムへ

解決できる課題:外国人の採用・定着中途採用[採用コストの削減・採用の母集団形成・求める層からの応募者確保]グローバル化への対応
グローバル

このサービスのポイント

採用ノウハウ・内定実績・入社実績も豊富!
アイデムは2019年5月より「登録支援機関」として出入国在留管理庁に登録されています。※登録支援機関登録番号:19登-000325
受け入れのすべてのステップでサポート可!
アイデムは、登録支援機関として「外国人材のご紹介」「支援計画の策定」「在留資格の申請」
「受け入れに係る支援」までワンストップで実施いたします。

サービスDATA

対象企業規模 すべての企業規模
対応エリア
費用 特定技能採用:10万円~(税別)/1名採用
※支援の実施には別途費用がかかります。
導入社数 導入社数非公開
対象日本法人での外国人採用留学生(日本在住者)

サービス詳細

【Step1】外国人材のご紹介

国内外を問わず、外国人材の集客から採用面接時の通訳、志望度の醸成までサポートいたします。

★ベトナム・ミャンマーを中心に現地の送り出し機関とも連携し、3年以上を修了した元技能実習生をご紹介します。
※日本での生活経験があり、N3程度の日本語能力を有しているため、即戦力として活躍していただけます。

★ベトナム・ネパール・ミャンマーの留学生を中心に国内外の技能試験の合格者、あるいはその受験(予定を含む)した方をご紹介します。

アイデムが独自に集客した外国人材は延べ約10,000名以上!
留学生から技能実習修了予定者まで、採用計画に応じて求める人材にリーチすることができます。


ベトナム現地での面接の様子
【Step2】支援計画の策定・在留資格の申請

特定技能として外国人材を受け入れるには数十を超える提出書類が必要になります。
提携する行政書士とともに申請書類の作成・取次ぎまでサポートいたします。

【Step3】受け入れに係る支援

特定技能外国人材の受け入れが決まった後には下記にある支援10項目を行う必要があります。
弊社の外国人専任スタッフが母国語でもサポートいたします。

①事前ガイダンス
②出入国する際の送迎
③住居確保・生活に必要な契約支援
④生活オリエンテーション
⑤公的手続き等への同行
⑥日本語学習の機会の提供
⑦相談・苦情への対応
⑧日本人との交流促進
⑨転職支援(人員整理等の場合)
⑩定期的な面談・行政機関への通報


事前ガイダンスの様子
【Step4】入社後のサポート

専任の外国人スタッフを配置し、充実した母国語でのサポートが可能です。(ベトナム語・ミャンマー語・ネパール語・英語)

導入フロー

日程・トピックス 内容
【★相談無料】
・そもそも特定技能ってどんな制度?
・自分の会社でも活用できるの?

まずはこんなご相談からお気軽にお問い合わせください!

導入実績

導入社数 導入社数非公開
導入先 飲食料品製造業、外食業、宿泊業、農業、素形材産業 etc.

よく寄せられる質問

技能実習制度とはどのように違うのですか?
まず在留資格の目的が異なります。技能実習制度では「国際協力」が主たる目的でしたが、特定技能では「就労」が目的になります。
また、送り出し機関や監理組合などを通さずに自社雇用となるため、コスト減にも繋がります。
受け入れ人数に上限がない(介護・建設分野を除く)点も大きな差です。
留学生を特定技能として採用することはできますか?
一定水準(N4以上)の日本語能力があり、技能試験に合格すれば採用が可能です。
採用人数に制限はありますか?
1社あたりの上限は決まっていません。ただし、分野ごとに向こう5年間の受け入れ上限が決まっています。
外食:5万3,000人、宿泊:2万2,000人、介護:6万人、ビルクリーニング:3万7,000人、飲食料品製造業:3万4,000人、素形材産業:2万1,500人、産業機械製造業:5,250人、電気・電子情報関連産業:4,700人、建設:4万人、造船・舶用工業:1万3,000人、自動車整備:7,000人、航空:2,200人、農業:3万6,500人、漁業:9,000人

サービス資料を無料ダウンロード