企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ


事業カテゴリ:
人材育成・研修
人材アセスメント・サーベイ

人と組織に対するパフォーマンス・コンサルティングラーニング・マスターズ株式会社

ラーニングマスターズカブシキガイシャ

https://www.lmi.co.jp/

〒141-0031 東京都品川区西五反田1-5-1A-PLACE五反田駅前 8F
対応エリア:全国、代表者名:﨑山 千春、従業員数:21名、資本金:3,000万円

育成・研修 Getting Things Done® ストレスフリーの仕事術

ストレスを激減させる仕事術「GTD®」で
生産性に革命を起こす!

解決できる課題:マネジメント力向上リーダーシップ強化

このサービスのポイント

仕事術のバイブル「GTD®」
フォーチュン100企業の多くで採用されている仕事術「Getting Things Done®ワークフロー」を使って整理する、実践的なセミナーです。
ストレスを激減させ生産性に革命を起こす!
無用なストレスから逃れ、やるべきことに集中し、効率と質を高めるにはどうしたらいいのか。まず次に何をするべきか「具体的な行動」を明確にできます。
基本となる5ステップで仕事を整理
「把握する」「見極める」「整理する」「更新する」「選択する」。基本となる5つのステップは、従来とはまったく異なるアプローチです。

サービスDATA

対象企業規模 すべての企業規模
対応エリア 全国海外
費用 公開講座:5万円/名(税別)
※企業向け社内講座は個別に対応
導入社数 導入社数非公開
対象階層中堅社員管理職
対象職種全職種
テーママネジメントビジネスマナー・ビジネス基礎
サービス形態通学型[講義]
期間・回数・時間【期間】1日
【時間】9:00~17:00

サービス詳細

本当に、それは
「いま」「やらなければならない」ことですか?

GTD®は、次々と生じる「やるべきこと」を瞬時に整理して、高い生産性を維持するための画期的な仕事術です。フォーチュン100をはじめ、世界の多くの企業で採用されているプログラムです。

●仕事が多すぎて、何をやっているのか自分でも分からない。
●ルーティンの仕事に加え、会議の準備、メールの応対、来客もあれば電話もかかる。忙しい1日だったが、予定していたことは何もできていなかった。
●仕事でもプライベートでも「やらなければならないこと」が多すぎて、結局、「なにもできなかった」となり、いつもストレスを感じる。
●いろいろな整理法や、「To Do リスト」も試したが、うまくいかず、ますますイライラする。

そんな人のための、ストレスフリーの仕事術「GTD®」を学びます。
基本となるプロセスは「把握する」「見極める」「整理する」「更新する」「選択する」の5つのステップ。従来の「時間管理」「仕事管理」とはまったく異なるアプローチで、仕事を整理します。

受講後に期待される効果

●自分自身の仕事、気になっていることが整理され、まず次に何をするべきか「具体的な行動」を明確にできる。
●「やらなければいけない」と思いつつ、忙しくて手がつけられずにいたことに着手できる。
●「あれもこれも」とわずらわされるストレスから解放され、集中してものごとに取り組める。

対象者

対象者の限定はありませんが、次のような方に特におすすめです。
●新たな仕事に取り組む人、マルチタスクを常として同時並行で仕事をこなさないといけない人
●プロジェクトリーダー、マネジャー、プレイングマネジャー、上級管理職 など

ポイント

30分コンピューターが使える時間があったら何をしますか?
To-doリストを見ながら考えて、ということでは十分とは言えません。
いつでも始動できる状況でないと考えることにエネルギーを奪われ、そのことがものごとを始める際のストレスになります。
GTDはただのTo-do管理ではなく、高い集中と、創造的な思考に頭を使うために体系化された、とてもシンプルなシステムです。誰でも実践できますので、まずはその第一歩を体験してみてください。

カリキュラム

スケジュール(標準の場合)
日程・トピックス 内容
9:00~
1)オリエンテーション
  GTDの基盤となる考え方

2)GTDの基本プロセス
  1.「把握する」:「マインド・スイープ」他
12:00~
昼食
13:00~
2.「見極める」:
  ・「次にとるべき行動」と「望んでいる結果」、「プロジェクト」
3.「整理する」:
  ・2分間ルール
  ・「次にとるべき行動」の整理方法
  ・まとめ演習:「把握する」~「整理する」
4.「更新する」:週次レビューのポイント
5.「選択する」:優先順位付け、実行を阻害する要因他
17:00
まとめ

導入実績

導入社数 導入社数非公開
導入先 自動車メーカー開発部門、大手電機メーカー、大手化学メーカー、国立大学病院 他

サービス資料を無料ダウンロード