無料会員登録

会員登録すると検討フォルダがご利用いただけます。 日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

一体感ある組織づくりで、組織と個人の貢献する有限会社グローイング

ユウゲンカイシャグローイング

  • 講演資料
  • セクハラ・パワハラ対策

【HRカンファレンス2021-秋-】徹底予防!パワハラ行為者の適性検査傾向と社内の全管理職を対象とする予防施策の実例 pdf 905.21 kB / 5 ページ 】

『日本の人事部』主催の【HRカンファレンス2021-春-】(2021年11月16日(火))に登壇した際の講演レポートです。

【HRカンファレンス2021-秋-】徹底予防!パワハラ行為者の適性検査傾向と社内の全管理職を対象とする予防施策の実例

ダウンロード資料詳細

【講演概要】
部下を持つ全ての管理職に、自覚・無自覚問わずパワハラ行為のリスクがあり、社内の全管理職に振り返りを促す企業が増えています。ここ3年強で14,500名以上(128社:半数以上が上場・上場関連企業)の管理職が活用する管理職教育用Web適性検査「パワハラ振り返りシート」の検査結果データに基づき、パワハラ行為者に特徴的な傾向や、企業の具体的な予防施策を紹介します。導入企業も登壇予定。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】
全管理職にパワハラ行為者となるリスクを自覚させ、予防したい

【登壇者】
大同生命保険株式会社 人事総務部 部付課長
中林 武士氏

《登壇者プロフィール》
1991年入社。給与報酬の支払業務など本社部門を多く経験。2018年に本社内に障がい者雇用のため専属部署「ACT」の設置、運営。2021年4月より人権・ハラスメン担当となり、現在、社内のハラスメントの窓口の相談対応や研修の企画運営などに従事。

【登壇者】
有限会社グローイング 管理職教育用Web適性検査「パワハラ傾向振り返りシート」共同開発者
平井 俊宏氏

《登壇者プロフィール》
「一体感のある組織づくりで組織と個人の成長に貢献する」がミッション。適性検査サービス開発に携わる他、年間3,000名以上の管理職に、適性検査結果を元に自己理解を促す研修や「自分自身のどんな特性がパワハラ行為として見受けられがちなのか」の振り返りを促す個別のフィードバックを役員・管理職層に実施する。

このダウンロード資料に関係するセミナー

この会社のダウンロード資料