企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ロウドウイドウシエンジョセイキン 労働移動支援助成金

「労働移動支援助成金」とは、事業規模の縮小などにより離職を余儀なくされる労働者に対して、再就職支援を行った事業主に給付される助成金のことで、再就職支援給付金とも呼ばれます。厚生労働省は2014年度から、中小企業に支給する労働移動支援助成金の対象を大企業にも広げるなど同制度を大幅に拡充する方針で、現政権が掲げる「失業なき労働移動」を実現する雇用政策の柱として期待されています。
(2013/5/27掲載)

労働移動支援助成金のケーススタディ

従業員の再就職を支援した事業主に支給
大企業にも広げて成長産業への移動を促進

経済再生を最重要課題と位置づける安倍晋三政権では、製造業などの成熟産業から人手不足が見込まれる成長産業への円滑な人材移転を促す「失業なき労働移動」を、成長戦略の一環として盛り込んでいます。雇用政策は、従業員を解雇しない企業を支援してきた従来の「雇用維持型」から脱却。「移動支援型」へと大きく転換することになります。その雇用制度改革の具体策の柱となるのが、従業員の再就職を支援した企業に支給する「労働移動支援助成金」の大幅な拡充です。

現行制度における労働移動支援助成金のおもな受給要件は、以下の通りです。


(1) 次のいずれかに該当すること
a 雇用対策法に基づく再就職援助計画を作成し、公共職業安定所長の認定を受けること
b 雇用保険法施行規則に基づく求職活動支援基本計画書を作成し、都道府県労働局長又は公共職業安定所長に提出すること

(2) 中小企業事業主であること

(3) 計画対象者の再就職支援を民間の職業紹介事業者に委託すること

(4) 計画対象者の離職の日から2ヵ月以内(45歳以上は5ヵ月以内)に再就職を実現すること

(5) (3)の委託に係る計画対象者に対し、求職活動等のための休暇を1日以上与え、当該休暇の日について、通常賃金の額以上の額を支払った中小企業主であること

厚労省の制度改正案では要件の(2)を緩和。受給対象を大企業まで広げて、人材の移動を促すのがねらいです。また現行制度では、助成金は再就職が実現したあとでしか支給されません。これを、企業が民間の職業紹介事業者に従業員の再就職支援を委託した段階で、助成が受けられるようにするといいます。拡充した分の財源は、従業員の雇用維持に努めた企業に支給する「雇用調整助成金」を削減することで捻出。同省では13年度中に雇用保険法の施行規則を改正し、14年度から制度拡充を実施する見通しです。

新しい助成金制度を機能させるためには、有望な成長産業を雇用流動化の受け皿として育てることが大前提になります。医療・介護や環境、IT分野はもちろんのこと、日本の技術力を生かした新しい成長エンジンの創出も欠かせないでしょう。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

エンプロイメンタビリティ
「エンプロイメンタビリティ」(employmentability)とは、「企業の雇用能力」を意味する用語です。雇用される側からみて魅力的な企業か、継続的に雇用されたいかといった価値に関する概念で、雇用主としての能力や優秀な人材をひきつける吸引力を表します。単に高報酬を保障できればいいということでは...
特例子会社
特例子会社とは、企業が障がい者の雇用を促進する目的でつくる子会社のこと。障がい者雇用促進法は従業員56名以上の民間企業に対して、全従業員の1.8%以上は障がい者を雇うよう義務づけていますが、特例として、事業者が障がい者のために特別に配慮した子会社を設立し、一定の要件を満たした上で厚生労働大臣の認可...
法定雇用率
「障害者の雇用の促進等に関する法律(障害者雇用促進法)」によって定められた割合。民間企業・国・地方公共団体に対し、それぞれの雇用割合が設けられており、それに相当する人数の身体障害者または知的障害者を雇用しなければなりません。

関連する記事

外国人を雇用している企業は過半数、「さらに増やす」「今後雇用する」企業も半数近くに
人事担当者に外国人の雇用状況について聞いたところ、現在雇用している企業は過半数で、「さらに増やす」「今後雇用する」企業も半数近くであることがわかった。
2019/08/20掲載人事白書 調査レポート
障がい者雇用率2.5%以上の企業は16.4% 今後の雇用には前向き
障がい者雇用率について聞きました。多かったのは、「0.5%未満」(23.3%)と「2%以上2.5%未満」(22.8%)の二つです。以下、「1.5%以上2%未満」(11.6%)、「2.5%以上3%未満」(9.5%)、「3%以上」(6.9%)、「1%以上1.5%未...
2020/11/24掲載人事白書 調査レポート
助成金活用は二人三脚でうまくいく 申請代行に強い社労士の探し方・比較のポイント【雇用関連の助成金一覧付】
雇用創出や能力開発、職場環境の整備などを目的に、厚生労働省はさまざまな助成金制度を設けています。助成金制度は社会情勢を反映しながら見直しが図られているため、常に最新情報をキャッチアップすることが必要です。助成金の種類を整理するとともに、申請方法および申請代行を...
2020/08/21掲載HRソリューションの傾向と選び方

関連するQ&A

障害者の雇用
障害者を雇用する際の留意点を教えて下さい。 また、助成金などについても併せて教えて下さい。 当社は、小売業です。 現在、雇用率0.6%です。
障害者雇用
障害者を雇用する際の留意点を教えて下さい。 また、助成金などについても併せて教えて下さい。 当社は、小売業です。 現在、雇用率0.6%です。
再雇用後の退職金水準について
統計データがあるかどうか分かりませんが、再雇用後の退職金水準をどの程度にすべきか知りたいと考えています。一旦、退職金は、一旦再雇用時に支給するとして、55歳~64歳迄再雇用の場合、60歳~65歳迄再雇用の場合の2パターンが分かりますと幸いです。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 採用 ]
分類:[ 雇用 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

タレントパレット 仕事と家庭(育児・介護)』の両立支援 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


10~300名規模の企業だからこそ効果的<br />
「クラウド型人事・給与システム」が人材と企業経営を強くする

10~300名規模の企業だからこそ効果的
「クラウド型人事・給与システム」が人材と企業経営を強くする

クラウドシステム導入を検討する中堅・中小企業必読のインタビュー。システ...