企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】グループ イニシエーション グループ・イニシエーション

イニシエーションとは「加入儀礼」「通過儀礼」の意。人材開発の分野では、企業社会という新しい環境に足を踏み入れた新入社員が、組織に適応するためにくぐらなければならない試練や課題のプロセスを指します。特に職場という、集団や人間関係への加入儀礼として、組織への忠誠心や協調性を示すことではじめて周囲に受け入れられる経験を「グループ・イニシエーション」と呼びます。これに対し、業務そのものになじむプロセス、すなわち職場の仕事上の課題面での加入儀礼を「タスク・イニシエーション」と呼んで区別します。
(2012/10/29掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グループ・イニシエーションのケーススタディ

期待と現実とのギャップを乗り越えるために
“人になじむ”経験がキャリアの礎を築く

学校を卒業して就職し、会社で勤め始めた新人がどのようにして組織に適応し、企業人として一人前になっていくのか――。その成長プロセスに関する研究は、経営学における組織行動論の大きなテーマのひとつになっています。

環境の変化は、誰にとっても大きなストレスを伴う経験ですが、新しく企業社会の門をくぐった新卒のビジネスパーソンの場合は、入社前に自分が思い描いていたキャリアライフのイメージと実際に配属された職場や与えられた仕事内容などがかけ離れ、期待と現実とのギャップから精神的なショックを受けることが少なくありません。そのつらさは、新人の頃の記憶が薄れがちなベテランの上司や先輩には理解されにくいでしょう。これが「リアリティー・ショック」と呼ばれる状態です。

深刻なリアリティー・ショックが解消されないと、新人は仕事や職場環境になかなかなじむことができず、せっかく入った会社なのに、追い込まれて早期退職になりやすいといわれます。社会へ出て最初の二、三年はキャリアの基礎を固める重要な時期であるにもかかわらず、いきなりキャリアにつまずく若手社員が多いのはこのためです。

神戸大学大学院の金井壽宏教授は著書『働くひとのためのキャリア・デザイン』の中で、新卒社員が入社時のリアリティー・ショックを乗り越えるには、アメリカの産業組織心理学者D・フェルドマンが提唱する二つのイニシエーション(通過儀礼)――「グループ・イニシエーション」と「タスク・イニシエーション」が必要だと述べています。これは入社時研修などのOff-JTのことではなく、実際の配属先での職場生活に適応するためにクリアしなければならない二つの課題を意味します。

近年は職場の人間関係になじめず、離職にいたる若手があとを絶ちません。新人時代にキャリアの基礎をきちんと固めるためには、職務をマスターするだけでなく、会社という新しい世界で出会う人々や集団の文化にうまく溶け込めるかどうか、人間関係への習熟も不可欠。“人になじむ”経験の積み重ねを避けて通ることはできません。すなわちグループ・イニシエーションの成否が、本人のその後のキャリア全体を大きく左右するといえるのです。

彼らを受け入れる組織側の役割も、もちろん重大です。キーパーソンは直属の上司。経営行動学者の若林満氏などの研究によると、最初に接した上司との関係が緊密で、大きな期待や支援を受けた新人は、そうでない新人よりも、入社当初に抱きがちな会社への失望や幻滅感が軽減されることが明らかになっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

タスク・イニシエーション
イニシエーションとは「加入儀礼」「通過儀礼」の意。人材開発の分野では、企業社会という新しい環境に足を踏み入れた新入社員が、組織に適応するためにくぐらなければならない試練や課題のプロセスを指します。とりわけ職場の仕事上の課題面での加入儀礼として、一定の成果を上げてみせることではじめて周囲に認められる...
組織社会化
組織研究において、新しく組織に加わったメンバーが、組織の目標を達成するために求められる役割や知識、規範、価値観などを獲得して、組織に適応していくプロセスのことを「組織社会化」といいます。個人が組織に参入するときは、必ずこの組織社会化の過程を通過しなければならないと考えられています。 (2012/5...
リアリティー・ショック
「リアリティー・ショック」とは、現実と理想のギャップに衝撃を受けること。企業においては新たに職に就いた人材が、事前に思い描いていた仕事や職場環境のイメージと、実際に現場で経験したこととの違いを消化しきれず、不安や幻滅、喪失感などを強め、ときに離職にまでいたる問題をいいます。新入社員だけでなく、ベテラ...

関連する記事

「今ならまだ引き返せる」入社前対応の難しさ
4月は新入社員研修の季節。せっかく新人研修を行うなら、同時期に入社する中途採用人材の研修も併せて行いたいと考える企業は珍しくない。さらに一歩踏み込んで、「もうすぐ入社する人材」の研修まで一緒に行いたい、と考えるところもある。しかし、これが意外に大きな問題へと発...
2016/04/04掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人事マネジメント「解体新書」第93回 社員に気づきと成長を促す「キャリア開発支援」【前編】
「キャリア開発」があらためて注目されている。まずはキャリア開発支援の枠組みをしっかりと把握し、具体的な制度設計に踏み込んでいくことが重要である。「キャリア開発支援」の必要性を明らかにするとともに、具体的な対応(施策)と、運用のポイントについて解説する。
2016/04/14掲載人事マネジメント解体新書
花田 光世さん: 「キャリアアドバイザー」を活用することで、組織の活性化と個人のキャリア自律の統合を図る
近年、組織における「キャリアアドバイザー」の存在が注目を集めています。慶應義塾大学総合政策学部の花田光世教授はこのキャリアアドバイザーの育成に長年取り組まれ、キャリアカウンセラーのように社員の個人の「こころ」の問題を中心としたキャリアの支援だけでなく、“組織の...
2013/10/11掲載キーパーソンが語る“人と組織”

関連するQ&A

入社式と入社日は違う日でもよいのか?
たとえば3/30に入社式を行い、しかし入社日は4/1としたいのです。 保険の適用等も4/1からにしたいです。 可能でしょうか?
個人情報
いつも大変お世話になっております。 個人情報についてお伺いしたいのですが、 グループ会社の組織図、各社員の会社のメールアドレスを グループ会社内で開示することは問題があるのでしょうか。 組織図・メールとも業務に必要という観点で考えると、 すべての社員を知る必要はありません。 よろしくお願い致し...
キャリア採用担当者の留意点
この度ジョブローテーションにてキャリア採用の担当者に新たになりました。何分始めての仕事のため何をどうすれば良いかイメージがわきません。キャリア採用担当者としての留意点がありましたらアドバイスいただけますでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

新卒採用向けの「採用管理システム」を比較する4つのポイントを解説! 特長や料金も一覧で検討できます

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

シェアNo.1採用管理システムi-web

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


新卒採用向け「採用管理システム」導入のポイント~競争力を持った採用活動の実現に向けて~

新卒採用向けの「採用管理システム」。導入する際に押さえておくべきポイントと選び方のヒントを解説


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


【グローバルタレントマネジメントフォーラム2018】成長する企業の人財活用力 ―可能性を引き出すタレント基盤―

【グローバルタレントマネジメントフォーラム2018】成長する企業の人財活用力 ―可能性を引き出すタレント基盤―

今や企業の成長を左右する源泉は人財活用力であり、人財を一つの企業資産と...