企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】モバイルラーニング モバイルラーニング

「モバイルラーニング」はeラーニングの一種で、携帯電話などのモバイル機器を活用し、いつでもどこでも知識習得が可能な学習システムのことです。従来のeラーニングと区別して、「mラーニング」とも呼ばれます。近年はスマートフォンやタブレット端末など、高性能・多機能化した携帯端末が飛躍的に普及していることから、企業内教育や学校教育の現場で、よりインタラクティブな学習のツールとして、またネットワークを介したソーシャルラーニングの手法として導入が進んでいます。
(2012/2/27掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

モバイルラーニングのケーススタディ

“すきま時間”を知識の習得に有効活用
技術革新でより深く多彩な学びが可能に

ITを活用した教育研修全般を意味する「eラーニング」が、欧米で注目されるようになったのは1990年代の終わり頃。日本では2000年が「eラーニング元年」と言われました。

時間と場所にしばられず、自分のペースで学習できるのがeラーニングの最大のメリットとされますが、実際に普及が進んで利用経験者が増えると、その大きな可能性とともに“限界”も広く認知されるようになりました。それはインターネットやイントラネット環境下でPCを使う従来のeラーニングの場合、オフィスや自宅などPCとネット環境が揃っている場所でなければ利用できない、決して“いつでもどこでも気軽に学習できる”わけではないという問題です。これをクリアしたのが「モバイルラーニング」。技術革新の著しい携帯端末を利用することで、先でのちょっとしたすきま時間も知識習得に有効活用できるようになったのです。時間と場所にしばられない学習スタイルを実現し、eラーニングをその理想に大きく近づけたといえるでしょう。

もっとも、携帯電話を活用したモバイルラーニングの手法には当初、デメリットも少なからずありました。画面の表示サイズが小さくて見づらい、処理速度が遅くて映像や音声への対応がもの足りないなど――。そうした制約から学習の形式も、二択・三択など単純な選択型のドリルやテストに限られ、あくまでも基礎的な知識の確認を目的とした、部分的な使用にとどまるものが大半でした。現在は、高度な機能を備えたスマートフォンやタブレットによるオンライン学習がモバイルラーニングの主流となり、見やすく、操作しやすい端末に動画や音声をふんだんに取り込んで学習内容を展開するなど、より深く、より多彩に学べるしくみが拡充されています。

企業の社員教育におけるモバイルラーニングの活用は、特に移動の多い営業担当者の支援やトレーニングに適していると言われ、米国では大手飲料メーカーなどがいちはやく導入しています。日本でも近年、既存の企業内研修を補完する形で、モバイルを活用した学習支援ツールがさかんに開発されるようになってきました。ゲームコンテンツ事業大手のバンダイナムコゲームスでは、採用内定者に簿記会計の知識を身につけるよう推奨していますが、その内定者教育の手段としてモバイルラーニングを活用し、簿記検定の合格率で全国平均を上回るなどの効果を上げています。内定者に問題を配信する教育担当者が、回答の結果をリアルタイムで把握し、個別状況に合わせてきめ細かくフォローすることができるため、効果的な学習につながっているといいます。

モバイル端末はいま、若者たちにとって最も身近な、なくてはならないツールだといえるでしょう。それを活用したモバイルラーニングは、手軽で親しみやすいため、自然と利用者の学習機会を増やし、学習意欲の向上にも資すると期待されます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

eラーニング
社員の早期戦力化やスキルアップに欠かせないのが社員研修です。しかし、研修を実施するためのコストや労力にくわえ、学ぶ側の時間調整や効率といった問題から、従来の社員研修にはさまざまな課題も存在します。そうしたなか注目を集めているのが、時間と場所を選ばず学べるeラーニングです。ここでは、eラーニングを導入...
反転授業
「反転授業」とは、従来の授業形態を「反転」させた学習スタイルのことを指します。従来の学習ではインプットを授業中に、アウトプットを宿題として行っていました。しかし、「反転授業」ではまさにこの逆。インプットを家庭で、アウトプットを授業中に行うのが特徴です。具体的には、事前に家庭でeラーニングなどを用いた...
LMS
「LMS」とは、Learning Management Systemの略。eラーニングを行うための学習管理システムのことで、「eラーニングシステム」や「eラーニングプラットフォーム」と呼ばれることもあります。研修などにeラーニングを取り入れる際、企業では受講者が利用する学習教材や学習進捗の管理、受講...

関連する記事

HRテクノロジーを「採用」や「業務効率化」で活用している企業が昨年から倍増
採用におけるHRテクノロジー活用の割合は、「活用している・成果あり」(23.2%)、「活用している・成果なし」(9.1%)を合わせて32.3%という結果となった。昨年は15.1%だったので、この1年間で約2倍に増加したことになる。また、業務効率化における活用は...
2019/07/08掲載人事白書 調査レポート
コンプライアンス、CSR関連eラーニングサービスの現状と傾向
『日本の人事部』編集部が取材した、人事サービス、人材ビジネスの最新製品、サービス情報。サービス選びから、導入時の注意、活用の仕方までご紹介する。
2007/03/19掲載人事支援サービスの傾向と選び方
「テクノベート人材育成」を掲げ、 「グロービス・ラーニング・プラットフォーム」を ベースにさまざまな教育システムを展開
テクノロジーによってビジネスの変革が急速に進む変化の激しい時代に、「テクノベート(※)学び方改革」を通じて、社会に変革をもたらす株式会社グロービス。グロービス経営大学院や企業研修などを通じて、ビジネスリーダーの育成や組織開発を支援しています。「グロービス学び放...
2019/06/19掲載注目のHRソリューション

関連するQ&A

英語で学ぶE-ラーニングツール
会計分野あるいはBPRについて、英語で学習するE-ラーニングツールがあれば費用や内容など教えていただきたいです。学習者が外国人のため、日本語のサイトだと学習効果という点で困難なところがあるためです。よろしくお願いいたします。
学習塾の人事制度について
人事制度の抜本的な改革に取り組もうとしております。学習塾を専門としたコンサルタントをご紹介いただけないでしょうか。
必須通信教育と労働時間の考え方
いつもご利用させて頂いております。 以前こちらにご相談し、必須資格を社内で定めたとしても、その学習方法は個人に委ねるべきとのご意見を多く頂きました。(というのも、例えば、通信教育の受講を義務付けると、会社からの指揮命令として学習時間が労働時間と看做される可能性が高いと。) ですが、必ず身につけて...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 人材開発 ]

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

シェアNo.1採用管理システムi-web 富士通が実践する「働き方改革」

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。