企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ギョウセキレンドウガタショウヨセイド 業績連動型賞与制度

従来の「基本給」×「○カ月」といった「基本給連動型」ではなく、企業あるいは所属部門ごとの業績に連動して賞与の一定割合を増減し、支払額を決める制度。1990年代後半から大手企業を中心に相次いで導入されるようになりました。
(2004/10/15掲載)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

業績連動型賞与制度のケーススタディ

総原資や配分の基準を公開し
透明性を確保することが大切

これまで賞与は社会的慣行として「月例給与の後払い」や「生計費の保障」などと位置づけられ、企業の多くは世間相場に自社の業績を加味して支給額を決めていました。従業員には全社ほぼ一律の基準で不平等なく賞与が支払われ、個人の企業利益に対する貢献度などはほとんど考慮されることはありませんでした。

しかし、各企業間の支払能力の格差の拡大や成果主義の浸透などにより、世間相場などとは関係なく、業績に連動して賞与を支給する方式にシフトする企業が増えつつあります。

こうした業績連動型賞与は、(1)一時金としての固定部分(生計費としての最低保障部分)(2)企業業績、個人評価を反映した連動部分(企業利益とリンクさせるインセンティブ部分)の2つの要素で構成されるのが一般的です。固定部分を設定することで従業員に安心感を与え、業績に応じて賞与支給額を増減させることで、成果主義を徹底させる効果が期待できます。

ただし、賞与総原資の算定方法や個人への配分方法などについては、その基準を情報公開して透明性を確保することが、従業員のモチベーションを高めるうえにも必要不可欠になります。また、賞与総原資に占める業績連動部分の算定にどのような指標を用いるべきかも、経営戦略上きわめて重要な問題であり、業種や業態の特徴、企業の発展段階などに合わせて慎重に検討すべきです。一般的には企業活動の直接的な成果である営業利益を用いるケースが多いようですが、ROA(総資産収益率)などを指標にしている企業もあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

業績連動型賞与
会社あるいは部門ごとの業績を賞与支給額に連動させる制度。成果主義へ移行する企業のほとんどが採用しています。一般的には全社業績で賞与原資を決め、各部門の目標達成度などに応じて配分額を決める企業が多いようです。
賞与(ボーナス)
「賞与(ボーナス)」は、一般的には企業が多くの利益を上げたときに、従業員にその利益を還元するために支払われる一時金のことを意味します。「いい」という意味をもつラテン語の「ボヌス」から派生した「ボーナス(bonus)」ですが、「パートタイム労働者には賞与を支給しない、もしくは非常に少額」という企業が多...
職能資格制度
企業の期待する職務遂行能力をどの程度有しているかによって従業員の序列づけを行い、職能給として賃金に反映させる制度です。最近では、年功的な運用がもたらす「賃金と能力のミスマッチ」など、さまざまな問題が指摘されるようになっています。

関連する記事

業績連動型賞与制度の最新実態
民間調査機関の労務行政研究所(理事長:矢田敏雄)では、「業績連動型賞与制度」の最新動向を3年ぶりに調査しました。2000年代以降、導入企業が増えてきた同制度ですが、経済環境が変化する中で、見直す企業も少なくありません。今回はこの中から、導入状況、導入年、過去5...
2011/06/20掲載人事・労務実態調査
2013年役員報酬・賞与等の最新実態
労務行政研究所(理事長:矢田敏雄)では、調査資料が少ない役員の年間報酬(報酬月額・年間賞与)その他処遇に関する調査を1986年以降継続して行っています。本記事では、その最新調査結果の中から「常勤役員の報酬・賞与の水準」「業績連動型報酬の導入状況」を中心に、取り...
2014/06/16掲載人事・労務実態調査
好況時に優秀な人材を採用する難しさ
景気が上向きに転じると、同じような求人が乱立して競争が厳しくなったり、転職希望者が忙しくなって転職活動をできなくなったりと、難しい問題が出てくるため、好況になったからといって喜んでいられないのが人材紹介。優秀な人材を採用するために、どのような対応をしているので...
2013/06/03掲載人材採用“ウラ”“オモテ”

関連するQ&A

業績連動賞与について
以下、教えていただけますでしょうか。 よく業績連動賞与で、経常利益を基に原資を算出している企業があると思います。 例えば、ある年(仮に2010年)に業績がよければその年の分としての賞与を多くもらえると思うのですが、その翌年(2011年)については、2010年と全く同じ業績であったとすれば、2010...
1人だけ賞与支給
当方、従業員が10人未満の小さな会社です。 7月と12月に賞与支給をしていますが、このたび設立時より会社に貢献している社員に対し、 一時金を特別賞与と言う形で支給して欲しい、と社長より言われました。 時期は6月ですが、1人だけ賞与支給することは問題ないのでしょうか? よろしくお願いします。
賞与に考え方について
当社の賞与に考え方は、業績、各個人の成績に応じて算出することになっています。 しかし、その業績の考え方及びどのように賞与額に反映させるかは明確ではなく 社員に対して、支給計算に関する考え方を明確に示しておきたいと考えています。 企業によっては、赤字続きだと賞与は全く支給されない企業もあるようです...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
テレワーク特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

3,650社が活用!業界唯一の統合型eラーニング タレントパレット

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


テレワーク特集

「テレワーク」のメリット・デメリットを整理するとともに、導入プロセスや環境整備に必要となるシステム・ツール、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


会社の新しい挑戦を支えるために<br />
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

会社の新しい挑戦を支えるために
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

第一三共株式会社は2025年ビジョン「がんに強みを持つ先進的グルーバル...


「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加<br />
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

急速に変化する市場環境の中で競争力を維持・向上させていくためには、人材...