【ヨミ】クレド クレド

クレド(Credo)とは「信条」「志」「約束」を意味するラテン語で、企業活動の拠り所となる価値観や行動規範を簡潔に表現した文言、あるいはそれを記したツールを指します。

クレドのケーススタディ

簡潔で、具体的・実践的な行動規範
現場に浸透させ、行動に落とし込む努力が必要

マネジメントの現場にクレドを導入し、コーポレートガバナンスの向上に成果をあげる企業が増えています。表現が抽象的になりがちな従来の社是・社訓の類と違い、クレドはより具体的で実践的。メッセージを掲げるだけでなく、その内容を組織全体に浸透させ、社員一人ひとりの行動に落とし込む“しくみ”を伴うのが大きな特徴です。

クレドは1943年、米国の医薬品・健康関連用品大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)の3代目社長ロバート・ウッド・ジョンソンによって初めて考案されました。「我が信条」と題するその文書は、日本語にして1000字にも満たない、A4の紙1枚に収まるきわめて簡潔なものです。82年、同社の製品に何者かが毒物を混入させた「タイレノール事件」が発生した際、同社がこの「我が信条」に基づいて迅速に事態収拾を図り、消費者の信頼を守ったことから、クレドの効用は全米で広く知られるようになりました。「我が信条」の1行目には「我々の第一の責任は、すべての顧客に対するものである」と明記されていたのです。

クレドを導入している企業では、社員はトップや上司の意向に従うのではなく、クレドの示す行動規範に従って自律的に行動することが求められます。そうすることで社員の自主性やモチベーションが引き出され、仕事への誇りも醸成されるのです。クレドがどれだけ実践されているか、クレドが現場の実態に則しているか、マネジメントは検証のしくみを整え、改善へとつなげていかなければなりません。J&Jでは全従業員に対するアンケートや、クレドの浸透状況について議論する対話集会が提起的に実施されています。

なぜ、いまクレドなのか――背景に、CSRやコンプライアンスが厳しく問われているにもかかわらず、不祥事がひきもきらない日本企業の現状があることは言うまでもありません。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード