企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ショカイコヨウケイヤク 初回雇用契約(CPE)

CPEとはフランス語で、le contrat=契約 premiere=初回 embauche=雇用、の略。フランスの国会で2006年に発表された「若者の新しい雇い方」に関する政策で、26歳以下の労働者を新たに雇用する際に締結でき、締結すると最初の2年間は雇用者が理由を明示せずに解雇できる権利を雇用主に認める、というもの。しかし大学生や高校生による大規模デモによって撤回された。
(2006/6/26掲載)

初回雇用契約(CPE)のケーススタディ

高い失業率を解決するための若者雇用促進策
フランスで発表されたが大規模デモにより撤回

2006年3月、フランス国民議会は機会平等法案を可決しました。フランスでは以前から若者の高い失業率が問題になっており、その引き下げを目的とした施策として機会平等法案が打ち出されたのです。その内容は差別対策や、若者に対し雇用をサポートする市民ボランティアを促進させる、など。ところが、この法案の中のCPEが問題となったのです。

若者はこの法案が公布されるとすぐに反発、パリで大規模デモが発生しました。たしかに、若者にしてみれば機会平等法案によって就職は容易になっても、CPEが盛り込まれたことで2年の試用期間は簡単に解雇されるという恐れもあり、不安にさらされることになります。反CPEのデモに参加した人たちは「CPEそのものを機会平等法から省くことが必要だ」と主張し、その結果、300万人の参加を得た大規模デモに発展しました。

このデモを重く見たシラク大統領とドビルバン首相は、機会平等法案からCPEの撤回を決定し、CPEに代わる失業対策として16〜25歳を雇った企業への補助金を拡充することを決めました。

2006年4月に発表された統計では、フランス全体の失業率は9.5%、26歳未満の若者の失業率は22.1%と高く、若年層の失業が深刻な問題となっています。またフランスでは、いったん正社員として採用されると会社がつぶれない限り解雇されない「無期限雇用契約」が一般的です。そのため多くの企業が「実務経験3年以上」を採用条件にしており、企業は経験のない若者の採用に積極的ではありません。大学を出ても就職できない若者たちは短期契約や臨時雇いのような職を転々としています。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

ユースエール
若者雇用促進法に基づき、若者の採用・育成に積極的で若者の雇用管理状況などが優良な中小企業を、厚生労働大臣が「ユースエール認定企業」として認定する制度が2015年10月から新しくスタートしました。「ユースエール」とは、この認定企業が取得・使用できる認定マークの愛称。若者(youth)にエールを送る事業...
試用期間
試用期間とは、新たに雇用した従業員を正式に採用するかどうか、判断するために設ける一定期間のことをいいます。
メンバーシップ型雇用
メンバーシップ型雇用とは、先に人材を確保し、後から仕事を割り当てる雇用のあり方を指します。終身雇用を前提とする日本の企業の多くは、メンバーシップ型雇用といえます。年功序列や終身雇用に見られるメンバーシップ型雇用は、これまで多くの日本の企業が取り入れてきた雇用形態です。これと対比されるのが、職務に応じ...

関連する記事

外国人を雇用している企業は過半数、「さらに増やす」「今後雇用する」企業も半数近くに
人事担当者に外国人の雇用状況について聞いたところ、現在雇用している企業は過半数で、「さらに増やす」「今後雇用する」企業も半数近くであることがわかった。
2019/08/20掲載人事白書 調査レポート
中途採用の「意義」
多様化する採用市場における中途採用の最新事情とそのメリットとは?
2016/07/15掲載よくわかる講座
「新卒採用コンサルティング」とは
採用コンサルティングは、テクニカルな業務レベルでのサポートだけでは不十分だ。クライアントの企業理念や経営戦略などを十分に踏まえた、「戦略的な採用の提案」を行うことが求められる。
2011/01/31掲載HRソリューションの傾向と選び方

関連するQ&A

障害者の雇用
障害者を雇用する際の留意点を教えて下さい。 また、助成金などについても併せて教えて下さい。 当社は、小売業です。 現在、雇用率0.6%です。
外国人労働者の雇用について
外国人の方を雇い入れる際の注意事項を教えてください。 また、正社員雇用に限らずアルバイトの雇用の際も同様となるのでしょうか?
再雇用者の契約打ち切りについて
弊社では、雇用延長でなく再雇用の制度を採用していますが、再雇用後にシェアを大幅に下げたり、上司の指示に従わないなど問題を起こしています。このような再雇用社員も63才までは再雇用を継続しなければならないでしょうか。また、継続しない場合はどのような措置か必要でしょうか。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 雇用 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

タレントパレット 仕事と家庭(育児・介護)』の両立支援 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。