無料会員登録

会員登録すると検討フォルダがご利用いただけます。 日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ
HRカンファレンス2021-春- 参画企業
  • その他

全国200か所でPython認定試験、データ分析試験を通年実施しています。一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会

パイソンエンジニアイクセイスイシンキョウカイ

一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会

Python試験でプログラミング作法ともいえるPythonicや文法・知識をチェック。新人研修や開発エンジニアの技術力チェックに最適です。

Python試験は開始2年で今取るべき試験3位となり、開始3年で1万人受検、4年目は受験者1万人ペースとなり、大好評です。PythonはAI、機械学習、ビッグデータ、インフラ等で中心的な活用されており、今後の普及が期待されています。

Python試験とデータ分析試験を全国で1年中実施しています

人工知能、機械学習、ビッグデータ、インフラエンジニアの学習理解度チェックにどうぞ

社内のプログラマー育成の際にプログラミング言語の作法を理解させることができなければ、育成されたプログラマーの技術力が高まらないばかりか、開発したプログラムの品質や保守性が劣化してしまいます。それゆえ、プログラマーの育成においてはその作法を理解させることが重要です。Pythonの作法はPythonicでありThe Zen of Pythonです。

当協会が提供するPythonエンジニア認定試験とPythonエンジニア認定データ分析試験はPythonicとThe Zen of Pythonを規範に出題しているため、Pythonの基本的知識と作法の確認をすることができます。

本試験は全国200か所で1年中実施しているため、受験しやすい環境をご用意しています。

Pythonは人工知能、機械学習、ビッグデータ、インフラ等で中心的に使用されている技術であり、今後ますます普及していく言語です。

Pythonプログラマーの育成をされる企業が今後も増えていくと思いますが、その育成の際に当協会の認定試験を活用いただければ幸いです。

詳細情報

社名 一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会
所在地   東京都世田谷区
対応エリア 全国
事業内容 Python市場が広がる際に、Pythonのプログラミング作法ともいえるPythonic(パイソニック)を理解した人材が育成されるよう、学習の指針となる試験と教材認定とスクール認定を行い、健全なPython人材育成を支援しています。現在、認定試験を全国200か所で1年中実施しています。認定インテグレーター制度も運営し、Pythonビジネスの支援もしています。Pythonソフトウェア財団のブロンズレベルスポンサーです。
事業区分 その他
代表者名 吉政忠志
従業員数 2名
資本金 0円
設立 2016年6月
お問合せ先  
URL https://www.pythonic-exam.com/