企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ


事業カテゴリ:
人材育成・研修
組織・人事コンサルティング
人材アセスメント・サーベイ

出る杭を育てる・言いたい事が言い合える安全で活性化した組織創り株式会社CHANGE PLUS

カブシキカイシャチェンジプラス

http://changeplus.co.jp/

〒164-0001 東京都中野区中野1-41-11
対応エリア:全国、代表者名:中村 慎太郎、従業員数:2名、資本金:300万円

心の状態を整えることで人と組織のパフォーマンスは最大化される
私たちはマインドにフォーカスをし、クライアント企業さまの成長支援を致します

どんなにスキルを与えても、どんなに知識を身に付けても
心のコンディションが悪ければそれらが活かされる事はありません。
私たちは認知心理学、行動心理学をベースに人や組織が抱えるバイアスを乗り越え、一人ひとりがイキイキ働ける職場を醸成します。

出る杭こそが企業成長の源泉

マインドフルネスと1on1で働く喜びを創造する

出る杭とは、自分の権利や穿った考え方を一方的に主張する”人罪”ではありません。
会社が目指す目的やビジョンにコミットしつつ、自らのWillを共鳴させる”人財”です。

多くのビジネスパーソンが権力や多勢に迎合します。
その背景には以下のようなことがあります。
・不要な発言によるマイナス評価への恐れ
・場の空気を乱してしまうのではないかという不安
・自分が意見を言ったところで「どうせ通らない」といった諦め

つまり、多くのビジネスパーソンが現状維持を良しとするのです。
別の言い方をすると保身とも言うかもしれません。

では、なぜ多くのビジネスパーソンが現状維持で良しとするのでしょうか?
主な理由は3つです。
・働く目的が明確ではない
・組織の風通しの悪さ
・本人が持つ不必要な思い込み

実は、現状維持を良しとする過程には様々な心の葛藤があり、その葛藤の中で私たちの心は大きく揺れているのです。

これらが、認知の歪みを作り出します。

そして、認知の歪みは組織の大きな強みを停止させているのです。
それが、集団知と相互補完です。


集団知とは、組織目標達成への最適な意思決定をするために、多様な人々が様々な意見を拡散的に出し、健全で建設的な議論をぶつけ合うことを指します。
つまり自分の意見を遠慮なく言うけど、相手の意見も聴こうじゃないか!という姿勢です。
また、相互補完とはそれぞれのメンバーが虚勢を張る事なく弱みをさらけ出し、互いの弱みを互いの強みで補えることです。
本当は苦手な事を、さも得意であるかのように振舞う事は生産性を落とすだけでなく、人間関係の質にも悪影響を与えます。

これらの土台となるのが、組織の心理的安全性です。

私たちは、組織の心理的安全性を醸成するために必要な個人のパラダイムシフトを、コンサルティング、ワークショップを通じてクライアント企業さまへ提供させて頂きます。

そしてそれらは手段でしかありません。

私たちの本当の目的は、一人ひとりがイキイキと働き、組織が活性化することでクライアント企業さまの持続的成長を実現する事なのです。

◆ワークショップ
・マインドフルネス
・EQリーダーシップ
・1on1コーチング

◆コンサルティング
・人財育成
・営業戦略
・組織開発

◆アセスメント
・DiSC
・プレゼンティ―ズム測定
・360℃サーベイ

詳細情報

社名 株式会社CHANGE PLUS
所在地 〒164-0001  東京都中野区中野1-41-11
事業内容 ・人財育成に関する研修コンテンツの開発及び提供
・人財育成、営業戦略、組織開発のコンサルティング
・1on1コーチングの提供及び導入支援
事業区分 組織・人事コンサルティング、人材育成・研修、人材アセスメント・サーベイ
代表者名 中村 慎太郎
従業員数 2名
資本金 300万円
設立 2017年6月
お問合せ先 0362791327
URL http://changeplus.co.jp/