企業情報

最終更新:2012/12/26


立石社会保険労務士事務所
タテイシシャカイホケンロウムシジムショ

人事・労務 経営コンサルタントとして、真剣に企業の繁栄をご支援し続けて参りたいと考えます。 

 

◇ これまで培ったコンサルタント技能とカウンセリング技法がお客様のお役に立てるものと思っております。

◇ 各分野の専門組織との連携により、お客様へは「確かなご満足」を提供できるものと確信いたしております。

事業区分 組織・人事コンサルティング/人材育成・研修/社会保険労務士・他士業/給与計算・代行/安全衛生・リスクマネジメント・EAP
所在地 鹿児島県/鹿児島市
対応エリア 九州・沖縄(福岡県 佐賀県 熊本県 宮崎県 鹿児島県)

会社情報

  • 社名:立石社会保険労務士事務所
  • 所在地:〒8910102 鹿児島県鹿児島市星ヶ峯2-20-2
  • 事業区分:組織・人事コンサルティング
    人材育成・研修
    社会保険労務士・他士業
    給与計算・代行
    安全衛生・リスクマネジメント・EAP
  • 代表者名:立石 謙作
  • 従業員数:2名
  • 資本金: 
  • お問合せ先:0992757005
  • URL:http://www.tateishi-consul.com/

特徴

・ 設立  2003年

【ネットワークを活かし多方面からご支援】

・同業社労士 ・公認会計士 ・税理士 ・弁護士 ・司法書士 ・中小企業診断士 ・行政書士 ・生損保 ・FP 
等 各分野複数の組織と提携

提供サービス

・キャリアコンサルタント ・産業カウンセラー

各分野の専門家との連携により「確かなご満足」を提供できると確信いたしております。

人事労務・管理>雇用管理>就業規則・勤怠管理

人事労務・管理>安全衛生・リスクマネジメント>セクハラ・パワハラ対策

人事労務・管理>助成金、その他>助成金活用・公的融資


・中小企業安全衛生指導員 ・社会保険労務士 ・人事労務経営コンサルタント

  これまで培ったコンサルタント技能とカウンセリング技法で企業をサポートします。

人事労務・管理>雇用管理>就業規則・勤怠管理

人事労務・管理>安全衛生・リスクマネジメント>セクハラ・パワハラ対策

人事労務・管理>助成金、その他>助成金活用・公的融資


・人事労務経営コンサルタント ・社会保険労務士 ・あっせん代理人

企業繁栄には「ヒトづくり」経営が重要だと考えます。

人事労務・管理>雇用管理>就業規則・勤怠管理

人事労務・管理>安全衛生・リスクマネジメント>セクハラ・パワハラ対策

人事労務・管理>助成金、その他>助成金活用・公的融資


開催セミナー

該当するセミナーがございません。

所属専門家

立石 謙作

企業発展のための「ヒトづくり」経営支援

☆貴社に合致する就業規則作成 ☆助成金活用で企業の繁栄をサポート ☆賃金・退職金改定 ☆労使紛争 労働調整委員会あっせん代理 トラブルの予防、解決 ☆企業年金改定 適格年金移行 積立不足問題


資料ダウンロード

該当する資料がありません。

この企業と同じ分野の企業

  • している株式会社
    チームビルディングのアプローチを活用して人材開発(チームビルディング型研修・ファシリテーター育成)と人材採用をトータルにサポートしています
  • 株式会社日本コンサルタントグループ
    真の改善・改革を実現する「実践・実務型コンサルティング」
  • 一般社団法人エミライフ創研
    エミライフ創研は、笑顔で働く人を増やすための組織創りと職業紹介を通じ、継続できる地域社会づくりに寄与することを目的として設立しました。
会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。会員ができること

注目コンテンツ


働き方改革特集

長時間労働の是正、労働生産性の向上など、実務に役立つサービス・セミナー情報をお届けします。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


HR Techで人事が組織を変えていく<br />
~データやテクノロジーの活用と新しい人事の仕事~

HR Techで人事が組織を変えていく
~データやテクノロジーの活用と新しい人事の仕事~

人事や企業経営を大きく変えていくと言われる「HR Tech」や「ピープ...


強い企業ではなく、変化できる企業が生き残る。<br />
2020年以降を見据えたグローバル人材マネジメントの実現に向けて

強い企業ではなく、変化できる企業が生き残る。
2020年以降を見据えたグローバル人材マネジメントの実現に向けて

日本企業の海外売上比率が高まっているが、一方でグローバル人材の育成やマ...