無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了!
※登録内容はマイページで確認・変更できます。

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

既に会員の方はこちら

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

デザイン思考は何故今の時代に不可欠なのか?

 

業種の枠組みを超えてデザイン思考がさまざまな企業で創造的課題解決の手法として注目されるようになってきています。

 

もともとはエンジニアリング(工学)のデザイナーが使用していたデザインのステップを商品や空間デザインに適用したことがデザイン思考の始まりでした。ユーザーのニーズを分析し、創造的な解決法でニーズを満たし、課題解決をする。それがデザイン思考の特徴です。

 

では、何故これからの時代にデザイン思考は不可欠であると言えるのでしょうか。

 

VUCA時代と呼ばれる昨今、その頭文字の通り、まさに揮発性が高く(volatile)、不確実で(uncertain)、複雑で(complex)、曖昧な(ambiguous)、予測不可能な時代です。それまで通用していたビジネスモデルが技術革新や消費者心理の変化により突如通用しなくなる、ということも十分あり得ます。

 

そんな予測不可能な環境下だからこそ、デザイン思考の創造的課題解決力が求められるのです。

 

デザイン思考ではユーザー(人々)のニーズを観察し、潜在的なニーズを探します。人々が自分でも気付いていないニーズにこそ新たな市場を開拓し、画期的なイノベーションに繋がる可能性を秘められているからです。

 

今でこそ当たり前の存在になった携帯電話も、かつて人々が潜在的に「いつでもどこにいても連絡が取り合える手段が欲しい」と渇望していた(がその解決法が存在しなかった)時代がありました。ただ、半導体やマイクロチップを小型化する技術が飛躍的に発展した現在、人々の潜在的なニーズは全て満たされるようになっているでしょうか。逆に便利になりすぎたことにより満たされなくなってしまったニーズが多く生まれているとは言えないでしょうか。

 

テキストメッセージや写真をアップロードして、周りの「いいね」の数が自身の価値を決める、という風潮はテクノロジーを一種の圧迫感のある脅威へと変えます。そこで潜在的なニーズをなんとかして満たそうとしている人がいたら、多くのユーザーは強い安心感とともに大きな共感を感じることでしょう。「そうそう、それ何とかして解決したいと思ってたんだよ!」そんな共感をより多く得ることで創造的な課題解決策は新しい手法としての市民権を得ます。

 

効率的な情報処理を得意とするコンピュータは人々の行動をパターン化、分類し、データに変換します。IoTが広まり、データとして処理されることが日常化してしまっている今こそ、「あなたの潜在的ニーズを満たすために、こんな解決策を考えてみました」というアプローチが強く心に響くのではないでしょうか。

 

予測不可能な時代だからこそ求められる共感力。デザイン思考の最初のステップは共感から始まります。デザイン思考は新しい時代を切り拓く第一歩とも言えます。あなたも是非取り組んでみてください!

 

 

 

 

 

 

  • グローバル
  • コミュニケーション
  • プレゼンテーション
  • ロジカルシンキング・課題解決
  • 語学

「伝えたい」という思いを「伝わった!」という喜びに。語学研修の枠組みを超え、皆様の悩みの解決、目標達成を全力でサポートします。

第2言語習得、異文化理解、コミュニケーション力向上など、さまざまな研修を提供させていただくことで皆様のお力になりたいです。英語に関すること、英語資格に関することなど、ご質問がございましたらお気軽にお問合せください。

横山 悠規(ヨコヤマ ユウキ) 株式会社ヒューマン・ブレーン 国際事業部 法人研修Gリーダー

横山 悠規
対応エリア 関東(茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県) 近畿(滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県)
所在地 大阪市北区

このプロフェッショナルのコラム(テーマ)

この記事をオススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

オススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

プロフェッショナルコラム

知っているつもり現象の克服法│なぜなぜ分析で真の原因を探る

坂田 和則(株式会社ナレッジリーン(旧 知識経営研究所) マネジメントコンサルティング2部 部長 改善ファシリテーター・マスタートレーナー)

オフィスや現場で、「なぜなぜ分析」を実践しているリーダーの方も多いと思います。 日々の業務の中で問題解決の手法として、...

2024/06/17 ID:CA-0005443 なぜなぜ分析