企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

専門家コラム

知る人ぞ知る!英語面接で使える質問3

入社志願者の個性について聞きたいときにどんな質問をしますか?

 

How’s it going? (調子はいかがですか?)

新年度に向けて入社面接が実施される時期になりました。

英語を使う部署に配属の可能性がある場合、英語で面接をする機会もあると思います。

今回はそんなときに役立つ英語の質問をご紹介します。

 

今回の面接で使える質問は “What are you passionate about?”

「あなたが情熱を持って取り組んでいることは何ですか?」

 

ここで使う “passionate” は一般によく使われる「情熱」を指す “passion” を形容詞として使っています。

 

“What is your passion?” という形で文章を作ることもできます。

 

この質問に答えてもらうことで入社志願者の個性をよく知ることができます。

 

この質問への答え方の1つの型として、

“My passion is X.” (X=情熱を持って打ち込んでいること)

と答えることができます。

 

例: “My passion is to make my friends and family members happy. I always try to entertain them by saying something funny and interesting.”

(私が情熱を持って取り組んでいることは、友達や家族に幸せになってもらうことです。いつも面白いことを言ったり、興味深い内容の話をしたりできるように心がけています。)

 

入社志願者がどう答えたかによって、

・その人が趣味として打ち込んでいることがどんなことなのか。

・社交的な人間性なのか、職人肌なのか。

・ワークライフバランスに関してどんな意見を持っているか。

など、様々な情報を得ることができます。個性を活かすことが求められる仕事では

特にしっかりと聞いておきたい情報だと思います。

 

いかがでしたか?面接の種類によって使い分ける必要がありますが、

このような質問をうまく使いこなせたら効果的に英語で面接をすることができそうですね。

 

 

 

 

 


この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。

※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

コラム執筆者
横山 悠規
横山 悠規(ヨコヤマ ユウキ)
株式会社ヒューマン・ブレーン 国際事業部 法人研修Gリーダー
「伝えたい」という思いを「伝わった!」という喜びに。語学研修の枠組みを超え、皆様の悩みの解決、目標達成を全力でサポートします。
第2言語習得、異文化理解、コミュニケーション力向上など、さまざまな研修を提供させていただくことで皆様のお力になりたいです。英語に関すること、英語資格に関することなど、ご質問がございましたらお気軽にお問合せください。
得意分野 グローバル、コミュニケーション、プレゼンテーション、ロジカルシンキング・課題解決、語学
対応エリア 関東(茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県)、近畿(滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県)
所在地 大阪府/大阪市北区

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

インディードの採用ノウハウを無料公開 学びを可視化する ビジログ

注目コンテンツ


注目のHR Technology特集

【採用・退職率予測・エンゲージメント推進】
人事・経営者として知っておきたいHR Technologyサービス、セミナー、資料をピックアップ!


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


人手不足と多様化の時代<br />
「給与前払い」は人材採用のフックとなるか?
new

人手不足と多様化の時代
「給与前払い」は人材採用のフックとなるか?

人材獲得施策にはさまざまなものがありますが、最近注目されているツールが...


グローバル時代を勝ち抜くために必要な“人材育成とマネジメント”

グローバル時代を勝ち抜くために必要な“人材育成とマネジメント”

日本企業はグローバル化を進めるにあたり、長年解決できない課題を持ち続け...