企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

プロフェッショナルコラム

知る人ぞ知る!英語面接で使える質問2

入社志願者の主体性について聞きたいときにどんな質問をしますか?

How are you? (お元気ですか?)

新年度に向けて入社面接が実施される時期になりました。

英語を使う部署に配属の可能性がある場合、英語で面接をする機会もあると思います。

今回はそんなときに役立つ英語の質問をご紹介します。

 

今回の面接で使える質問は “Where do you see yourself in five years?”

「今から5年後の自分はどうなっていると思いますか?」

 

こちらは「どこで何をしているか」、という意味合いを “Where” のみで比喩的に使用している表現です。

“What do you think you will be doing in five years?” と具体的に未来の行動に関して聞くこともできますが、

上記の質問の方が一般的です。

 

“In five years” は「今から5年後」ですが、もちろん、長期的な目標を聞きたい場合は期間を変えても構いません。

 

この質問に答えてもらうことで入社志願者の目標に関する情報をよく知ることができます。

 

質問への答え方の1つの型として、

“I will probably be X.” (X=将来像)

と答えることができます。

 

例: “I will probably be working as a project manager dealing with seven different projects at the same time. The position that I’m applying for is the first step toward that future.”

(その頃にはプロジェクトマネージャーとして7つのプロジェクトを同時進行していると思います。この仕事はその未来への始めの一歩です。)

 

入社志願者がどう答えるかによって、

・その人のキャリアにおける目標はどんなものなのか。

・その目標は提示している職に合ったものか。

・目標達成に向けた強いモチベーションを持ち合わせているかどうか。

など、様々な情報を得ることができます。受け身ではなく主体的な行動が求められる仕事では

特にしっかりと聞いておきたい情報だと思います。

 

いかがでしたか?面接の種類によって使い分ける必要がありますが、

このような質問をうまく使いこなせたら効果的に英語で面接をすることができそうですね。

 

 

 

 

 


この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。

※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

コラム執筆者
横山 悠規
横山 悠規(ヨコヤマ ユウキ)
株式会社ヒューマン・ブレーン 国際事業部 法人研修Gリーダー
「伝えたい」という思いを「伝わった!」という喜びに。語学研修の枠組みを超え、皆様の悩みの解決、目標達成を全力でサポートします。
第2言語習得、異文化理解、コミュニケーション力向上など、さまざまな研修を提供させていただくことで皆様のお力になりたいです。英語に関すること、英語資格に関することなど、ご質問がございましたらお気軽にお問合せください。
得意分野 グローバル、コミュニケーション、プレゼンテーション、ロジカルシンキング・課題解決、語学
対応エリア 関東(茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県)、近畿(滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県)
所在地 大阪市北区

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

POSITIVEの導入事例はこちら 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


SAPジャパン「人事業務効率化セミナー」レポート<br />
三井造船グループのシェアードサービスに学ぶ、業務効率化の真実

SAPジャパン「人事業務効率化セミナー」レポート
三井造船グループのシェアードサービスに学ぶ、業務効率化の真実

昨今の激変する経済環境に企業が対応していくためには、人事業務の「効率化...


1日30分、週3日、3ヵ月。<br />
それだけでTOEIC®テストスコア500点突破を目指せるプログラムとは?

1日30分、週3日、3ヵ月。
それだけでTOEIC®テストスコア500点突破を目指せるプログラムとは?

グローバル化が進む現在、多くの企業が社員の英語力向上を課題としています...