企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

専門家コラム

ストレッチゾーン?パニックゾーン?

成長するためには目標を設定することが大切であることはよく知られています。同時に、どの水準に目標を設定するかも同じく大切です。

3つの目標設定水準

ではどの程度の設定水準が良いのでしょうか。設定水準については3つのゾーン「コンフォートゾーン」「ストレッチゾーン」「パニックゾーン」があります。

まず、「コンフォートゾーン」は、苦労や努力なしに簡単に達成できる水準のことです。苦労なく快適で居心地のよい状態で達成できる目標となります。そのため、成長は見込めません。

そして、「ストレッチゾーン」は、今の状態では背伸びしてやっと届くか届かないかの水準、つまり簡単には達成できない水準のことです。背伸びして挑戦することになるので目標に対して不安やストレスを感じるため、快適で居心地がいいというわけには行きません。しかしながら、背伸びすることで、これまでできなかったことができるようになる、つまり成長につながります。

しかしながら、目標は高ければ高いほどいいというわけではありません。不安やストレスを過度に感じるほどの水準は「パニックゾーン」と呼ばれます。パニックになってしまうほどに高い水準では、目標に向かった挑戦ができなくなってしまうので、成長は望めなくなります。

つまり、ストレッチゾーンにある高い目標を設定することが、成長に繋がります。

ストレッチゾーンか?パニックゾーンか?

部下に対してストレッチゾーンと思って与えた目標が高すぎるとパニックゾーンのような反応をされる、もしくはその反対の経験をした方も多いのではないでしょうか。
ましてや新規事業の場合、過去の積み上げがないため、どこまでがストレッチゾーンかパニックゾーンか分からないでしょう。

では、どのようにストレッチゾーンかパニックゾーンか見分ければよいのでしょうか?

この問いをセミナーや研修で聞くと多くの場合、設定された人がどう感じるか?だと帰ってきます。
しかしながら結論から言えば、設定された人は設定時にはよく分からないと考えた方が良いでしょう。

例えば泳ぐこと、水に顔をつけることがとても苦手な男の子がいるとしましょう。彼にとってはプールに入ることすらパニックゾーンでしょう。しかしながら、プールに入らなければ彼は泳げるようにならないです。そして、無理をさせてでもプールに入らせて教えることで、いつしか泳げるようになるのです。
つまり、彼にとってはプールに入ることは実はストレッチゾーンだったといえるでしょう、
しかしながら、彼を誰も見ていない状態でプールに入れるとどうなるでしょう?溺れても助けない状態であれば、とても危険な状態、パニックゾーンでしょう。
つまり、何かあったらすぐに助けてあげられるように近くで見守っていれば彼本人は気づかないかもしれませんがストレッチゾーンになります。そして、もしこれ以上いると危ない判断すればプールから出すことが大切です。

これは仕事においても同様です。高頻度で見守り、支援できる体制を整えておくことが大切です。
そして本当に危険だと判断すれば、そのときこそパニックゾーンです。目標水準を下げる、サポートや指導するなどの支援をしましょう。
実行する前からパニックゾーンだと決めつけずに、まずは高い目標を掲げて挑戦することこそが大切です。

もう一つのパニックゾーン

まっすぐ歩く。普段の状態であれば、コンフォートゾーンでしょう。
しかしながら、超高層ビルの屋上の端をまっすぐ歩こうとしても足がすくんで動かないでしょう。
なぜなら、失敗すると生命の危機に直結するからです。

つまり、失敗したときの代償や罰が重いと、たとえ簡単に見えることでもパニックゾーンになってしまいます。
仕事において失敗はつきものです。失敗をして学び成長することもあります。
しかしながら、失敗した場合の罰や責任追及が厳しすぎると、途端にパニックゾーンになり、誰も挑戦しなくなってしまいます。

 

 

上司が罰を与えるのではなく支援することで、高い目標をストレッチゾーンと考え、挑戦できる組織を作っていきましょう。

 

 


関連情報

●資料ダウンロード
『本気でゴールを達成したい人とチームのためのOKR』第7章「OKR導入事例インタビュー」を全文無料提供

導入事例

『本気でゴールを達成したい人とチームのためのOKR』第7章「OKR導入事例インタビュー」を全文無料提供

OKR導入の背景から効果、具体的な運用方法までが分かる第7章を全文無料ダウンロードで提供することにいたしました。OKR導入を検討中の方はもちろん、すでに導入済みの方もぜひご活用ください。


この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。

※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

コラム執筆者
奥田和広
奥田和広(オクダカズヒロ)
株式会社タバネル 代表取締役
【目的に向かって組織の力をタバネル】
組織マネジメント、OKR導入コンサルタント
著書「本気でゴールを達成したい人とチームのためのOKR」
ファッション・化粧品メーカー、コンサルティング企業などで勤務。取締役として最大 170 人の組織マネジメントに携わる。 自らのマネジメントと他組織のコンサルティグを経て、組織の力を束ねる目標管理「OKR」導入コンサルティングを行っています。
得意分野 経営戦略・経営管理、人事考課・目標管理、リーダーシップ、マネジメント、チームビルディング
対応エリア 全国
所在地 大阪市北区本庄西

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

注目コンテンツ


健康経営の実践に必要なステップ、外部サービスを選ぶ際のポイント

健康経営を戦略的に推進するための必要なステップや取り組み事例、外部サービスを選ぶ際のポイントをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「ワーク・ライフ・バランス」実現に向けて<br />
~企業は何に取り組むべきなのか?

「ワーク・ライフ・バランス」実現に向けて
~企業は何に取り組むべきなのか?

近年、長時間労働の是正や育児支援制度の導入など、企業の「ワーク・ライフ...