企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

専門家コラム

多様性を活かす組織作り

ますます進む人材の多様化

新卒一括採用、年功序列、終身雇用などこれまでの日本の企業は男性中心の画一的な働き方が主流でした。このような働き方の中では、自然と「空気を読む」「俺の背中を見て育つ」ことが行われてきました。

しかしながら、性別、年齢、国籍、文化、考え方など様々な人材や労働形態、そして転職を含めた人材の流動化など、企業の人材の多様性がますます拡大しています。

多様な人材を認める組織の功罪

多様性を認める組織は画一的な組織に比べ、優秀な人材の確保ができやすいだけでなく様々な能力が発揮され相乗効果やイノベーションを生む効果があるというメリットがあります。

一方で多様性を認める組織では、多様であるが故に方向性や認識のバラツキを生みやすいというデメリットがあります。

「多様であってはならないもの」を明確にする

それでは、多様性のある組織のデメリットを最小化しつつ、メリットを享受するためには何をしなければいけないのでしょうか?

デメリットを最小化するために一番大切なことは「多様であってはならないもの」を明確にすることです。リーダーが組織において揃えるべき多様であってはならないものとは、①共通の目的、②規律の2つです。

1つ目について、ただ複数の人がいるだけではなく、協力して達成を目指す「共通の目的」があるからこそ組織です。人材が多様化しても、個人の目的は多様性があっても良いですが、組織として目指す「目的」は多様であってはならないです。人材が多様であればあるほと、共通認識、理解を意識しなければなりません。

2つ目について、人材の多様化すると「当たり前」の基準も多様化します。組織として「当たり前」に守るべきあいさつ、時間厳守など「規律」も人によって基準が異なってしまいます。規律を明確に定義し、最低限守るべき「当たり前」の認識を組織内で統一することが必要です。

 


関連情報

●サービス
OKR

OKR

OKR:4倍速成長を支えるシクミ


●資料ダウンロード
【OKRが分かる】組織力を上げて企業を成長に導く『OKRの基本と原則』

お役立ちツール

【OKRが分かる】組織力を上げて企業を成長に導く『OKRの基本と原則』

近年、注目が高まっている目標管理『OKR』 多くの成長企業で採用されていますが、まだまだ正しく理解がされていません。 そこで、本資料ではOKRの基本と原則を分かりやすく解説します。


この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。

※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

コラム執筆者
奥田和広
奥田和広(オクダカズヒロ)
株式会社タバネル 代表取締役
【目的に向かって組織の力をタバネル】
組織マネジメント、OKR導入コンサルタント
ファッション・化粧品メーカー、コンサルティング企業などで勤務。取締役として最大 170 人の組織マネジメントに携わる。 自らのマネジメントと他組織のコンサルティグを経て、組織の力を束ねる目標管理「OKR」導入コンサルティングを行っています。
得意分野 経営戦略・経営管理、人事考課・目標管理、リーダーシップ、マネジメント、チームビルディング
対応エリア 全国
所在地 大阪市北区本庄西

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

タレントパレット みらいプランナー画像

注目コンテンツ


新年度に向けた情報収集に!注目のダウンロード特集

今『日本の人事部』が注目するサービス・調査データ・事例など、業務で役立つ資料をご紹介します。
貴社の課題解決のヒントに、ご活用ください!


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


エンゲージメントサーベイの選択眼を養う<br />
~押さえたい設計の基礎と判断軸~

エンゲージメントサーベイの選択眼を養う
~押さえたい設計の基礎と判断軸~

従業員に長く活躍してもらうために、いかに組織の土台を作り上げていけばい...