企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

専門家コラム

パレートの法則:優先順位を見誤るな

パレートの法則とは?

パレートの法則とは、2:8の法則とも言われ、構成要素の一部(2割)が大部分の数値(8割)を占める法則のこと。

全てを平等扱うのではなく、上位の要素に注力することで、数値が向上すると言えます。

さらに詳しく

2:8に常になるわけではないのですが、経験則上、上位2~3割の要素が7~8割の成果につながっていることが多いです。

(例)

・売上の8割は、上位2割の製品の売上である

・上位2割のページにホームページ全体の8割のアクセスが集まる

・営業マン上位2割で売上の8割を占める

・富の8割は、人口の2割の富裕層によるもの

などです。

 

組織マネジメントに活かすは

組織マネジメントにおいても、パレートの法則は当てはまる点が多く、特に下記の2点に気を付ける必要があります。

 

①目標管理の基本は集中

重要な目標に集中しなければ、成果が出せません。

目標管理の過程で失敗してしまうのが、重要なことだけでなく枝葉末節なことにまで手を広げてしまうことです。KPI(Key Performance Indicator=重要業績評価指標)マネジメント、コクピット経営などで失敗してしまうことが、追う指標を多くしすぎて結果につなげることができないという事態に陥ることです。

本当に成果を生み出す重要な目標を指標として追いかけることが必要です。

例えば、カルビーでは当初膨大なデータが週次で更新されていたが、膨大すぎて全てを活用することはできず、また社員の負担もかなり大きなものでした。これを実際に活用できるように絞りこみ、A4、1枚に収まるデータ量にしました。そして、新たに必要と思われる数字を入れる際は、他の項目を削るなどの改善をしています。

 

②下位人材に時間、意識を投下しすぎない

経営者やマネージャーに人材の悩みはつきものですが、その多くはいわゆる「できない部下」についてです。

指導や会話、そして意識の大半が「できない部下」に費やされています。そして、上位2割の「できる部下」に対して費やす時間、意識が削られてします。

「できる部下」は少ない会話、指示で、多くの仕事を任されることに不満を覚えて、離職してしまい、結果、できない部下だけが残り、業績が苦戦してしまう状況に陥ってしまうこともあります。

こうならないために大切なのが、定期的に時間を決めて1on1ミーティングを行うことです。例えば、どの部下とも毎週1回30分の1on1ミーティングを行うと決めると、「できる部下」「できない部下」ともに平等に時間が配分されることになります。

上位2割の人材にだけ集中して指導、育成することは現実は難しいです。また、上位のできる人材には早く任せる仕事を増やしていくことが、さらに伸ばすためには必要です。できな部下には適切な時間を決めた上で、できていない部分を指導しなければなりません。

できない部下こそ指導に意識や時間を取られてしまうことは否めませんが、適切に時間、意識を投下しなければ上位2割から生み出される8割の成果が損なわれることを意識しましょう。


関連情報

●セミナー
【ワークショップ体験型】ホンモノのリーダーを目指す人のチームの成果を200%ひき出す方法
●資料ダウンロード
【OKRが分かる】組織力を上げて企業を成長に導く『OKRの基本と原則』

お役立ちツール

【OKRが分かる】組織力を上げて企業を成長に導く『OKRの基本と原則』

近年、注目が高まっている目標管理『OKR』 多くの成長企業で採用されていますが、まだまだ正しく理解がされていません。 そこで、本資料ではOKRの基本と原則を分かりやすく解説します。


●資料ダウンロード
【組織を強くする目標管理OKR】今いる社員の 熱意 を上げて会社を強くする

レポート・調査データ

【組織を強くする目標管理OKR】今いる社員の 熱意 を上げて会社を強くする

組織を強くするためには、採用以上に今いる社員の熱意を上げることが必要です。 社員の熱意を上げる秘訣とともに、Google、facebook、メルカリなど強い企業が採用する目標管理「OKR」に...


この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。

※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

コラム執筆者
奥田和広
奥田和広(オクダカズヒロ)
株式会社タバネル 代表取締役
【目的に向かって組織の力をタバネル】
組織マネジメント、OKR導入コンサルタント
ファッション・化粧品メーカー、コンサルティング企業などで勤務。取締役として最大 170 人の組織マネジメントに携わる。 自らのマネジメントと他組織のコンサルティグを経て、組織の力を束ねる目標管理「OKR」導入コンサルティングを行っています。
得意分野 経営戦略・経営管理、人事考課・目標管理、リーダーシップ、マネジメント、チームビルディング
対応エリア 全国、北海道・東北(北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県)、関東(茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県)、信越・北陸(新潟県 富山県 石川県 福井県 長野県)、東海(岐阜県 静岡県 愛知県 三重県)、近畿(滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県)、中国(鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県)、四国(徳島県 香川県 愛媛県 高知県)、九州・沖縄(福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県)
所在地 大阪府/大阪市北区本庄西

この専門家のその他のコラム

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

学びを可視化する ビジログ 高尾の森わくわくビレッジ

注目コンテンツ


注目のHR Technology特集

【採用・退職率予測・エンゲージメント推進】
人事・経営者として知っておきたいHR Technologyサービス、セミナー、資料をピックアップ!


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


グローバル時代を勝ち抜くために必要な“人材育成とマネジメント”

グローバル時代を勝ち抜くために必要な“人材育成とマネジメント”

日本企業はグローバル化を進めるにあたり、長年解決できない課題を持ち続け...


人手不足と多様化の時代<br />
「給与前払い」は人材採用のフックとなるか?
new

人手不足と多様化の時代
「給与前払い」は人材採用のフックとなるか?

人材獲得施策にはさまざまなものがありますが、最近注目されているツールが...