企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

プロフェッショナルコラム

Indeedから新プロジェクト「OMR」が発表されました!

世界No.1を誇る求人検索エンジン「Indeed」は10月24日に、企業がオウンドメディアを活用して主体的に情報発信する「OMR(オウンドメディアリクルーティング)」を発表しました。
今回はその「OMR」についてお話します。

 

《OMRとは?》

簡単に説明すると、企業が自社のホームページや採用サイトを使い、自社の求める人材像や企業文化、労働環境を自らが発信していく採用手法のこと。
文章だけでなく写真や動画などの目に見える情報も発信していくことで求職者の共感を得ることができるので、最適な人材獲得につなげることができます。
求人媒体の広告を利用するよりも自由に制作できるため、企業にあったコンテンツを作ることができます。

 

《OMRのメリットは?》

日本の採用問題で深刻とされているのが、「雇用のミスマッチ」。
OMRではそうした「雇用のミスマッチ」を軽減させることが期待できるといわれています。

2018年9~10月に実施されたIndeedのアンケート調査では、「採用したい人材からの応募や紹介が集まらないと感じるか」という質問に対して、69%もの人事担当者が「非常にそう思う」もしくは「そう思う」と回答していました。
20~30代の求職者は、スマートフォンを使って情報収集をし、必要な情報を選ぶスキルを高めており、また仕事を選ぶ基準として、年収や会社の知名度以上に、その会社で働いたときの自分の姿や今後のキャリアを明確にイメージできるかどうかを重視する傾向がみられます。

これらの傾向に対応するには、企業が直接オウンドメディアを利用して具体的なメッセージを求職者に発信し、採用していくことが効果的だそうです。

 

《OMRのデメリットは?》

OMRのメリットとして「雇用のミスマッチ」を軽減させることを挙げました。
しかしその一方で、自社でサイトを制作し運用するために、金銭的・人的コストがかかるというデメリットもあります。

 

《最後に》

Indeedは、12月から計5回、有識者から企業の経営者、人事と共にOMRの重要性について考える「OMRサミット」を開くことを明らかにしており、まずは「OMRを知ってもらう一年にしたい」としています。
今後、ますますインターネット上での採用活動が活発になるかもしれませんね!!!


この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。

※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

コラム執筆者
郷戸理永
郷戸理永(ゴウドマサナガ)
代表取締役
常に一歩先をいく採用戦略をご提案します。
採用費用の最適化、新しい採用手法のご提案を心がけております。
■求人広告だけに頼らない求人募集の方法
■求職者が選ぶ中小企業の基準とは
■求職者を惹き付ける面接手法などをテーマに講演も定期的に開催しています。
得意分野 経営戦略・経営管理、人材採用
対応エリア 近畿(滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県)
所在地 大阪市

このプロフェッショナルのその他のコラム

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!<br />
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

VUCAの時代となり、あらゆる意味でこれまでの企業経営が見直されていま...


企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代<br />
働くひとのための「眠り方改革」とは

企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代
働くひとのための「眠り方改革」とは

睡眠改善への取り組みが今、注目を集めています。健康への影響にとどまらず...


働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術<br />
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

2019年4月より大企業に対する適用がスタートした「働き方改革関連法」...