企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

プロフェッショナルコラム

世界のリーダーから学ぶ実践的デザイン思考

本コラムは当社ブログ(2020年8月1日掲載)を編集したものです。

=================================

 

7月6日(月)に泉本 保彦講師をお招きして、

オンラインG研「“現場の意思決定に使える”『世界のリーダーから学ぶ実践的デザイン思考』」を開催した。

 

ゲストはアルファロメオの旧車(羨ましい!)を保有する泉本保彦さん。

なぜデザインシンキングなのかの説明が明快!

 

終了後に2人で対談。海外に行きたくてカーメーカーに入社した泉本さん。

私たちが若い頃は、車を持つことが夢で、海外に行くことが憧れだった。Good old days!

 

  • あなたには「愛のある批評家」はいるか?

 

私からはリーダーにとっての重要さが増している

“セルフアウェアネス”(自分という人間をどう認識しているか?)について、

内省や自己認識の型にも触れながらお話した。

 

セルフアウェアネスでは、

内省(自分で自分を明確に把握しているか?)と

フィードバック(他者が自分をどう見ているかを理解しているか?)のバランスが重要だ。

だからこそ、企業は360度フィードバックのようなツールを使って、

リーダーのセルフアウェアネスを高めようとする。

私自身もクライアント企業の幹部の360度評価のフィードバックをしていて、

ほとんどの人が「心理的盲点=スコトーマ」を持っていることに気づく。

そして同時に、自分自身について考えてみる。私自身にも必ずスコトーマはある。

 

基本的には匿名のフィードバックなのであるが、

どうしても誰からのフィードバックなのかが分かってしまうことが多い。

一体なぜあの人が私に対してそんなように感じているのだろうか?と苦しむ人が多い。

自分自身の考える自分と他者から見える自分のギャップの大きさに驚き少なからずショックを受ける。

 

一般的に、役職が上がれば上がるほど、他者からのフィードバックは得られにくくなる。

周囲は自分に対して意見をしにくくなるし、また自分も「自分の方がよく知っている」と思いがちだ。

だからこそ、自分のためを思って真実を伝えてくれる「愛のある批評家」を持つことが大切だ。

(このあたりは、ターシャ・ユーリックのTEDにも詳しい。残念ながら日本語訳がないのだが、、、) 

 

  • 問題解決は得意だが、問題定義は苦手な日本人

 

その後、泉本さんからは「日本人の苦手な、問題提起を中心としたプログラム」についてお話いただいた。

企業の人材育成ご担当者様からは、

「うちの社員は与えられた課題を解決するのはとても得意なんです。でも、その自分で課題を設定する力が弱い」

というご相談を受けることが多い。

それに対する解決策の一つが、泉本講師から今回お話いただいた、デザイン思考、そしてアート思考だ。

 

デザイン思考とは、ユーザーへの真の共感やプロトタイプの製作を重視しながら、

ユーザーの課題解決となるように思考するためのフレームワークだ。

一方、アート思考は、個人の内部から発せられた問いから出発する。

何度失敗しても、飛行は可能だと信じるライト兄弟をイメージすると分かりやすいという。

 

「日本人の苦手な、問題提起を中心としたプログラム」について、

左脳ばかりではなく右脳を使ったアプローチも混ぜながら、何を真の課題として設定していくべきなのか、

そして、これからの時代に、マクロ環境ベースの、本質的課題設定に基づいたシナリオプランニングをする力

が必要で、それが日本の競争力をもう一度向上させていく上での最重要課題であることを泉本さんは強調。

 

VUCAワールドにあって、正解があるわけではない。

自分たちで解決すべき課題を設定し、それを解決することで社会貢献をしていく。

それを企業の戦略策定に活かす。

 

その時に

「自分たちは顧客の真の課題解決をしようとしているのか?

自分たちはどんなビジョンを掲げて社会貢献をしようとしているのか?」を改めてリーダーとして問いかけ、

戦略策定を行っていく重要性を感じた1時間半だった。


関連情報

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。

※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

コラム執筆者
福田 聡子
福田 聡子(フクダ サトコ)
グローバル・エデュケーションアンドトレーニング・コンサルタンツ株式会社 代表取締役社長
「グローバル&自立型人材育成」をミッションとし、プログラムの企画・開発・コーディネートを手掛け、講師としても活躍!
海外のトップビジネススクール(HBS・LBS・IMD等)、国内外のトップトレーナー(HRDコンサルタント、コミュニケーション・異文化・語学スペシャリスト等)との協働で、400社以上の企業向け人材育成に携わっている。
得意分野 経営戦略・経営管理、キャリア開発、グローバル、リーダーシップ、コミュニケーション
対応エリア 全国
所在地 渋谷区

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

POSITIVEの導入事例はこちら 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「人事課題」への対応で求められるものとは?<br />
~バンダイナムコHDの人事戦略と、IT基盤の果たす役割~

「人事課題」への対応で求められるものとは?
~バンダイナムコHDの人事戦略と、IT基盤の果たす役割~

2005年にバンダイとナムコが経営統合を実現した後、バンダイナムコホー...


従業員フォローと組織改善の両方に“活用できる”<br />
ストレスチェックの条件

従業員フォローと組織改善の両方に“活用できる”
ストレスチェックの条件

従業員50人以上の事業所で、年に一度の実施が義務化されたストレスチェッ...