企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

プロフェッショナルコラム

リモートワークは「自立と信頼」

本コラムは当社ブログ(2020年3月5日掲載)を編集したものです。

============================

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、各社で在宅勤務、リモート勤務が広がっている。実は当社も在宅・リモート勤務を実施中だ。今週、来週はほとんどの社員が自宅から仕事をしている。元々、私自身は湯河原サテライトオフィスでよく仕事をしてきたのだが、会社全体で全員が一度に在宅というのは初めての試みだった。驚くほど何の問題もなく、うまくいっている。

  • 自立した社員同士がお互いを信頼しあって、チームとして仕事をする

私は、リモート勤務を成功させるためには、「自立と信頼」という2つのキーワードが重要だと思っている。自立したプロフェッショナルとしての社員同士がお互いを信頼しあって、チームとして仕事をする。リモートであろうが、対面であろうが、同じことだ。先日、IMDの高津さんにインタビューをしたのだが、その中で、高津さんが「トップであろうとすると、組織がものすごくピリッとする」「ピリッとした組織だからこそ、ピリッとした人が集まって、ピリッとした仕事ができる循環が素晴らしい」という話をされていた。この「ピリッとした組織」というのは、まさに自立と信頼に根差したものだ。

リモート勤務でよく問題となるのが下記の2つの課題だ。

① 社員の成果をどう測るのか?

② 社員同士のコラボレーションをどう促進するのか?

① については、結局のところ、対面でもリモートでも、何が成果なのか?という定義だ。どんな仕事でどんな成果を出すと、成果を上げたといえるのか?それを同じ空間にいなくともどうやって測るのか?それを明確にすることが重要だし、その定義は各社によって異なってくるだろう。

②については、最近のテクノロジーの進化で、多くのオンラインコラボレーションツールが生まれている。当社もSlackやZoomはもともと使っていたものの、今回の在宅勤務になることでよりその重要性が高まった。在宅勤務になると、同じプロジェクトを一緒にやっている人同士のみでしかコミュニケーションを取らなくなるところもあるようだが、当社では、毎朝の朝礼と昼のチェックインを短時間であっても行っており、在宅でもオフィスと同じくらいのコミュニケーションの頻度と密度を取るように工夫している。また、社員同士が何をやっているのか、予定と実績も30分ごとに記載し、自分たちが今日何をやる予定で実際に何をやったか、全ての社員が見られるよう、情報をオープンにしている。在宅勤務が成功するかどうかは、組織文化によるところも大きい。だが、そういう組織文化を作っていると、このような時にも強い。改めてそう感じた。

今後は、オンラインコラボレーションツールを使いこなし、世界中のどこでも、世界中の誰とでも、協働しながら成果を出せるプロフェッショナル人材が求められてくる。個性が強いからこそ、他者とのコラボレーションが出来る人材。そのような人材を育成する企業だからこそ、社員もそのような人材であってほしいし、それを促進する重要性を改めて感じている。


関連情報

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。

※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

コラム執筆者
福田 聡子
福田 聡子(フクダ サトコ)
グローバル・エデュケーションアンドトレーニング・コンサルタンツ株式会社 代表取締役社長
「グローバル&自立型人材育成」をミッションとし、プログラムの企画・開発・コーディネートを手掛け、講師としても活躍!
海外のトップビジネススクール(HBS・LBS・IMD等)、国内外のトップトレーナー(HRDコンサルタント、コミュニケーション・異文化・語学スペシャリスト等)との協働で、400社以上の企業向け人材育成に携わっている。
得意分野 経営戦略・経営管理、キャリア開発、グローバル、リーダーシップ、コミュニケーション
対応エリア 全国
所在地 渋谷区

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

POSITIVEの導入事例はこちら 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


変わる、就職・採用!大量に集めて大量に落とすモデルの限界

変わる、就職・採用!大量に集めて大量に落とすモデルの限界

「厳選企業と優秀学生をつなぐスカウト型のエージェントサービス」IROO...


異文化対応と自己表現を重視した「英語教育」が<br />
真のグローバル人材を生み出す

異文化対応と自己表現を重視した「英語教育」が
真のグローバル人材を生み出す

多くの日本企業がビジネスをグローバルに展開していますが、海外での日本企...