無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了!
※登録内容はマイページで確認・変更できます。

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

既に会員の方はこちら

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

患者さんをリードすれば、業務が減る?!

最近巷では、「生産性」に関する本を見かけることが増えてきたように思います。

確かに、あげたいですよね!
「生産性」!!

色々なハウツー、法則があると言われていますので、
そこは日々勉強!
色々と試してみたりしているのですが、
その中でも今日は、私が最も効果的だったと思う法則を、
ひとつご紹介したいと思います!

それは・・・

「顧客をコントロールすれば仕事量が減る」

という法則です。

これは、
言い換えると「主導権を握る」ということであったり、
「準備」という考え方でもありますが・・・

わかりやすくいうと、
こうしたプロセスになります。

顧客に事前に要望などを先回りして情報収集する

情報を元に、必要と想定される情報を提供する

顧客の方からの問い合わせが少なくなる

結果的に自分の時間が確保することができる

こうしてみると、非常に理に叶っている気がしませんか?

もう少し具体的に見てみると・・・

例えば、医療機関において、
患者さんから
「待ち時間はあとどれくらいですか?」
「トイレはどこですか?」
「採血がおわったら、どこで待っていたらいい?」
などなど、類似した質問を多数の患者さんから受けるかと思います。

本当は走りたいほど忙しいのに(>_<)
都度手を止めて対応していたら、気持ち的に
「追い立てられている感」を味わ居続けることになり、これでは疲弊してしまいますよね。

だからこそ、患者さんに尋ねられそうなことを想定しておき、
あらかじめお伝えしておく(リードする)ことで精神的に楽になります。

患者さんがいろいろと尋ねる背景を考えると
「不安を解消したい」と「安心したい」
という2点から発せられるものなのだと思います。

例えば・・・
・次、自分はどうしたらいいのかわからず不安
・あとどのくらいこの状態(痛みや待ち時間)が続くのか、ざっとでもいいから知って、安心したい
という感じですね。

生産性を上げるというと、
自分の業務の効率化やスピードUPという点に視点が向きがちですが、
相手の効率を上げるには、自分がどうしたらよいのかという視点から
考えてみることの方が
急がば回れ!ということなのかもしれませんね!

 

人事コンサルタント

金森秀晃

  • 人事考課・目標管理
  • リーダーシップ
  • マネジメント
  • コミュニケーション
  • プレゼンテーション

人事コンサルタント。1級キャリア・コンサルティング技能士。「飛躍シナジー理論」に基づく、わかりやすく、修正しやすい人事システムを提供します。

医療・介護・薬局業界を中心に研修・人事評価制度の構築を行い、導入実績は500法人を超える。年間300件以上の研修を実施、リピート率は脅威の91.7%。被評価者納得度90%以上を誇るZACの人事システムは、延べにして370件以上が導入。

金森 秀晃(カナモリ ヒデアキ) 株式会社ZAC 代表取締役社長

金森 秀晃
対応エリア 全国
所在地 中央区

このプロフェッショナルのコラム(テーマ)

この記事をオススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

オススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

プロフェッショナルコラム

自律型チームの育て方 │ 明確なビジョンがもたらす効果

坂田 和則(株式会社ナレッジリーン(旧 知識経営研究所) マネジメントコンサルティング2部 部長 改善ファシリテーター・マスタートレーナー)

自律型チームと依存型チーム。 どちらを育てるべきかと問われたのなら、どのリーダーも「自律型」と答えることでしょう。 でも...

2024/04/15 ID:CA-0005271 チームビルディング