企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

プロフェッショナルコラム

採用コミュニケーション設計のポイント(3)全5回

  • 2019/04/12 12:02
  • テーマ:採用

~ Step2 発信時期の決定 ~

採用ターゲットに伝達したい情報を整理したら、
それぞれどのタイミングで発信すべき情報であるかを考えます。

  • 採用ターゲットと接触する前なのか
  • 初めて接触するタイミングなのか
  • 或いは初期接触の後工程なのか

​初めて接触するタイミングなのであれば、それはどのようなシチュエーションなのか。
社外イベントや自社イベント、自社イベントでも
インターンやセミナーなど様々なパターンがあります。

応募者はトータルとしては多くの情報を求めてくるものですが、
最初から膨大な情報を無秩序に発信しても、
それらを企業の期待通りに理解してもらえるとは限りません。

AIDMA理論やAISAS理論などがよく知られていますが、
情報の発信者としての企業はストーリー性を考慮しながら、
どの情報をどのタイミングで発信すべきか、
という設計をしておくべきです。

少なくとも、採用コミュニケーションは接触前の集客だけが目的ではない、
ということを理解しておいてください。


関連情報

●資料ダウンロード
採用コミュニケーション設計フォーマット例

お役立ちツール

採用コミュニケーション設計フォーマット例

採用コミュニケーションの設計にフォーカスしたフォーマット例です。


●資料ダウンロード
採用計画立案フォーマット例

お役立ちツール

採用計画立案フォーマット例

採用計画にフォーカスした「採用計画立案フォーマット例」です。


●資料ダウンロード
「採用力」強化の方法論~6つの要素で捉え直す戦略設計と実行手順~

レポート・調査データ

「採用力」強化の方法論~6つの要素で捉え直す戦略設計と実行手順~

「採用戦略を抜本的に見直したいが、なかなか着手できていない」という企業が多いなか、これまで明快なフレームワークがなかった採用戦略を体系化し、その設計手順とポイントをまとめた記事です。(『月刊...


この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。

※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

コラム執筆者
増渕 知行
増渕 知行(マスブチ トモユキ)
ジャンプ株式会社 代表取締役
企業の採用を人事部から全社主導へ切替える「採用戦略」の概念を日本で初めて体系化。
「働きたくなる会社を日本中に」をミッションに、採用力の強化に特化した事業を展開。企業の強みを「独自価値の発見、発揮、強化」の視点から再定義し、「戦略的な採用活動」を行える人事担当者を増やし、より多くの企業の採用力向上に貢献いたします。
得意分野 経営戦略・経営管理、人材採用、リーダーシップ、マネジメント、コーチング・ファシリテーション
対応エリア 関東(東京都)
所在地 新宿区

このプロフェッショナルのその他のコラム