企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

プロフェッショナルコラム

上司と部下の「普通」が違う時

こんにちは。

株式会社DS&Cの大野です。

 

これまで、あなたと他者では「普通」が違う、というお話をしてきました。
では実際に、ある上司と部下の「普通」が違う時、どのようなことが起きるのか想像してみましょう。

 

上司はあるプロジェクトについて方向性を示す一方で、細かなやり方については一切問わず、部下一人ひとりが自由に考え、目標達成できればそれでいいと考えていました。

 

上司「やり方は自由。これってワクワクするよね。だって自由が一番でしょ?みんな、自分のやり方で目標達成に向かってがんばろう!」


ところが、いつまでたってもプロジェクトは何も進まず、何の成果も上がらない。

 

部下「やり方は自由って・・。どうしたらいいのか分からないですよ。」

 

上司は驚きます。

「え?なんで?!楽しくないの?!」


さて、この二人の「普通」はどう違ったのでしょう?

上司の「普通」
・新しいこと、変わったことをやりたいよね
・規則で縛られるより自由にやったほうが楽しい
・細かなことをいちいち指示されるのは嫌!
・決められたことを決められた通りにやる仕事なんて苦痛なだけ

 

一方、部下の「普通」
・できれば周りの人と同じが心地よい
・何らかのガイドラインや事例に基づいて仕事がしたい
・手順が明確になっている仕事の方が失敗が少なくてやりやすい
・前例のない仕事をやる(やり方を創造する)のは苦痛

 

この二人が相手の特性を理解せず、自分の「普通」が一般的だと思い込み、適切なコミュニケーションを取らずに業務に当たれば、すれ違うのは当然です。

 

もし上司が、部下の特性を理解していたら。
もし部下が、上司の特性を理解していたら。
きっともっと違うアプローチで業務の指示や報告ができたのではないでしょうか。

例えば、上司から部下へ
「やり方については、前任者の●●さんから引き継いでください。そのうえで今回初めての取り組みについては、不明点や疑問点を整理して次回のミーティング前に提出してください。ミーティングでひとつずつ課題解決していきましょう」

または部下から上司へ
「方向性については理解しました。やり方については私のほうでまとめますので、疑問点や不明点については後日相談させてください。いいアイデアがあれば指南いただきたいです。」

これだけでもずいぶん違うのではないでしょうか?

 

エマジェネティックスは、個人の「特性」を可視化するツールです。
特性を相互理解し、「よし、あの上司にはこのアプローチで」「ははーん、あの部下にはこういう指示のほうが分かりやすいかな」とコミュニケーションスタイルを工夫することが可能になります。

 

「あの人の言っていることが分からない!」「なぜあいつは私の指示が理解できないんだ!」というストレスを職場からなくしませんか?


この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。

※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

コラム執筆者
大野直子
大野直子(オオノナオコ)
株式会社DS&C シニアマネージャー・EGIJ認定アソシエイト
「個の強み」を「組織の強み」へ。社員一人ひとりの特性を理解し、強い組織へと変革する。
世界のトップ企業が導入するエマジェネティックスという分析ツールを通して個人の特性を分かりやすく理解するセミナーを実践しています。「そうだったのか!」と目からウロコは必至。働きやすい環境は相互理解から。是非お気軽にお問合せください。
得意分野 モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採用、チームビルディング、コミュニケーション
対応エリア 関東(東京都)、近畿(滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県)
所在地 大阪市東成区

このプロフェッショナルのその他のコラム

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

POSITIVEの導入事例はこちら 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ビジネス界の重鎮が提言!<br />
 語学力偏重にモノ申す~日本人のグローバルリーダーはまず日本語から育てよ~

ビジネス界の重鎮が提言!
語学力偏重にモノ申す~日本人のグローバルリーダーはまず日本語から育てよ~

日本のビジネスパーソンが海外で活躍するためには、何が必要なのでしょうか...


管理職1年生日記 (第3回)

管理職1年生日記 (第3回)

ほとんどの会社では、新任管理職を対象とした「管理職研修」を行っているこ...