企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

専門家コラム

認知症にはなりたくない

wiwiw介護アドバイザーの角田です。

 

「認知症にはなりたくな~い」と思いませんか。

私もそうです。

 

そこで、認知症の専門医に、「私はアルツハイマー型認知症になりたくないのですが、どうしたらいいですか」と質問しました。

 

先生の答えは「認知症を発症する前に死ねばいいんだよ」。

 

認知症全体の60%を占めるアルツハイマー型認知症の人の脳内には、発症する約20年前から、原因物質であるアミロイドβの蓄積が認められるそうです。

 

仮に50歳から蓄積し始めたとすると、アミロイドβの影響で脳の神経細胞が徐々に死滅して日常生活に支障をきたすようになるのは70歳頃という計算になります。

 

人生50年のころは、アルツハイマー型認知症は今よりもずっと少なく、みんなが長生きするようになったから、増えてきたのです。

 

「長生きすると認知症のリスクが高まる・・・。だったら、早死にすればいいんだ」とは思いませんよね。

 

みんなが長生きして、認知症になっても安心して暮らせる社会であればいいなぁと思います。

 

認知症への理解は進んできたといわれますが、まだまだ誤解と偏見にさらされています。

 

これからも認知症のあれこれを情報発信していきますので、ご一緒に認知症について考えてみませんか。


関連情報

●サービス
介護wiwiwコンシェルジェ

介護wiwiwコンシェルジェ

仕事と介護の両立支援サービスで 介護離職、生産性低下予防を!


●サービス
ハンドブック作成サービス

ハンドブック作成サービス

管理者向けマネジメントポイントも付いた 「キャリアと育児の両立BOOK」 「仕事と介護の両立ハンドブック」


●サービス
従業員の介護実態Web 調査

従業員の介護実態Web 調査

【介護離職防止対策】 従業員の介護に関する実態を把握し、次のアクションにつなげる


この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。

※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

コラム執筆者
角田 とよ子
角田 とよ子(ツノダ トヨコ)
株式会社wiwiwキャリアと介護の両立相談室長
親の介護と無理なく関わりながら自分のキャリアを大切にする生き方を応援しています。両立の課題を明らかにして、一緒に乗り越えましょう。
介護の不安や悩みを受けとめ、心のケアを目指した電話相談を行う相談室の室長として、12年間延べ4万5000人以上の介護家族に寄り添った実績をもつ。現在は、wiwiwにて、セミナーや個別相談会を通じて、多方面から仕事と介護の両立支援を行う。
得意分野 経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、リスクマネジメント・情報管理、その他
対応エリア 全国
所在地 東京都/新宿区西新宿

この専門家のその他のコラム

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

表彰盾/記念品工房のアトリエグレイン リクナビHRTech

注目コンテンツ


新しい働き方を実現するソリューション特集

いま、『日本の人事部』が注目する『働き方改革』についての記事・セミナーやサービスをご紹介します。



定着率を高め、自発的に行動する新入社員を育成するソリューション特集

本特集では、自発的に行動し、早期に戦力となる新入社員を育成するための多彩なプログラムをご紹介。体験セミナーや資料請求のお申込みも可能です。万全の体制で春を迎えるために、ぜひご活用ください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


2020新卒採用の“傾向”と“対策”

2020新卒採用の“傾向”と“対策”

大卒求人倍率は7年連続して上昇、300名未満の中小企業の求人倍率は9....


これからのビジネスに欠かせない「経済知力」とは?

これからのビジネスに欠かせない「経済知力」とは?

変化のスピードが速い現代において、過去の“経験則”だけでは通用しないの...