無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

中小企業が勝つためにやりたい人材採用のコツ

弊社では、地域の中小企業を中心に求人や採用の支援に取り組んでいます。

常時1,000社以上、5,000件以上の求人案件のお手伝いをしており、地域の企業がより良い人材採用ができるよう求人の応募効果を高めることに注力しています。

しかし、残念ながらすべての求人案件に満足のいく応募を集めることができているわけではありません。

特に大手企業に比べてネームバリューで劣ってしまう中小企業の場合は、募集の条件や求人広告の露出を見直しても応募を集めるのに苦労することがよくあります。

求人募集を行ううえでは、求職者の「応募の決め手」になるものを理解して対策することが非常に重要であると言えます。

求職者が十中八九、行っていること

視点を変えて求職者の立場で考えてみたいと思います。

「仕事探し」に限りませんが、今はWebサイトだけではなく口コミやSNS、動画、アプリなど様々なツールから情報を取得できる世の中です。

例えば、新しい家電が欲しくて調べているときをイメージしてみましょう。

メーカーのホームページよりも、通販サイトの口コミや、動画サイトで使用した人の評判の方が頼りになるといったことはありませんか?

それは「実際に製品を使用している自分」が鮮明に想像できて買う・買わないの判断が容易になるからだと思います。

これは「仕事探し」においても同じことが言えます。

もちろん求職者は、求人サイトやハローワークで求人募集を探す方が多いでしょう。

ただ、そこで自分の条件にあった求人を見つけたとしても、応募をするまでにさらに情報を探すはずです。

「その会社のホームページ」

「ホームページの採用情報」

「SNSや口コミサイトの評判」

こういったあらゆる手段で会社の情報を探そうとします。

関心をもった求人の企業の情報を集めて「自分に合う会社かどうか」を想像し、応募する・しないの判断をするのです。

求職者の気持ちで自社の採用を見直す

では、中小企業の人事担当者が自社の求人に応募を呼び込むために対策すべきことは何になるのでしょうか?

「ホームページでしっかり会社や職場の情報を提供する」

「スマホでもしっかりホームページを見れるようにする」

「SNSなどでの情報発信をする」

「悪い口コミには誠実に対応する」

こういったことが重要になるといえます。

求職者の反響を得るために、求人票を見直したり求人広告に頼ったりすることは非常に大切なことです。

しかし、より良い人材から効率的に応募や採用の機会を得るためには、求人以外の自社の情報にも気を配ることが重要になるのです。

人事担当の方は求職者の気持ちで自社の情報を調べて、自社の採用ページやSNSなどで対策をしてみてください。

  • 人材採用
  • 情報システム・IT関連

採用ノウハウをお届け!

採用のトレンド情報から、採用ページや採用管理などのツール情報まで、採用業務に役立つノウハウをお届けします。

アットカンパニー編集部(アットカンパニーヘンシュウブ) エディター

アットカンパニー編集部
対応エリア 全国
所在地 大阪市淀川区

このプロフェッショナルのコラム(テーマ)

このプロフェッショナルの関連情報

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

プロフェッショナルコラム