企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

プロフェッショナルコラム

フォロワーシップのスイッチを入れる【Episode.3】

様々な講義が続いた。そして、頭で理解したこと、共感できたことを実践的に試す機会がやってきた。

 

ゲームの中で「行動」できるかが試されるらしい。

10人のメンバーでチームを作りリーダーを一人決めた。

いきなりアイマスクを渡され、リーダー以外は目隠しをする。

その状態で数分、放置された。

リーダーだけは講師から何らかの説明を受けているようだ。気配で何となく分かる。

 

「よーい、スタート!」

 

な、な、何がスタート?

リーダーの声が聞こえる。どうやら他のメンバーに指示を出しているようだ。

しかし、目隠し状態では何が何やら分からない。

まったく、声がかからない。暇だな~。

 

「あと、2分」

 

え? 2分って、まだ何もしてないけど。

おい、リーダー何やってんだよ。

 

「終了!」

 

まじかよ。目隠しを取る。眩しい。

目前の床にロープが丸まっている。何かの形にしようとしたような形跡はあるが、まったく形になっていない。

 

講師が話し出す。

「この課題はリーダー一人がどんなに頑張ってもできません。達成するためにはメンバー全員の自立的な協力が必要です。本日、学んだことが自分の意志で実践できれば、この課題は達成できます。では、チームで話し合ってください。」

 

言われて、はっとした。

ボートの一員であるはずの自分は、何もしていない。

何もするなと言われたわけでもない。

何かしようとも考えていなかった。

ただただ、指示を待っていた。

 

指示待ち人間という言葉が脳裏をよぎる。これまで、自分が指示待ち人間だなんて考えたこともない。

 

悔しい・・・!!

 

 

・・・・ここから彼らは大きく自己変容を遂げていきます。楽しさも良いでしょう。嬉しさもいいでしょう。でも、今、本当に必要なこと、それはポジティブな“悔しさ”ではないでしょうか?

 

私達がより大きな成長を手にするには、切欠が必要です。研修は一過性であっても、その切欠を創ることができます。切欠があれば、あとは自分の力で変化を続けられます。

さあ、まずは切欠創り、しませんか!!


この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。

※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

コラム執筆者
齋藤 秀樹
齋藤 秀樹(サイトウ ヒデキ)
一般社団法人 日本チームビルディング協会 代表理事
日本における「チームビルディング」第一人者。人を育て、信頼を生み、成果を出すチームの創り方、“斉藤式チームビルディング”をお伝えします。
富士通、SIベンダー等において人事・人材開発部門の担当および人材開発部門責任者、事業会社の経営企画部門、KPMGコンサルティング(現 Bearing Point)の人事コンサルタントを経て、人材開発コンサルタント。
得意分野 モチベーション・組織活性化、リーダーシップ、コーチング・ファシリテーション、チームビルディング、コミュニケーション
対応エリア 全国
所在地 中央区

このプロフェッショナルのその他のコラム

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

Withコロナ時代は社内研修をオンライン化! 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


会社の新しい挑戦を支えるために<br />
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

会社の新しい挑戦を支えるために
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

第一三共株式会社は2025年ビジョン「がんに強みを持つ先進的グルーバル...


「人事課題」への対応で求められるものとは?<br />
~バンダイナムコHDの人事戦略と、IT基盤の果たす役割~

「人事課題」への対応で求められるものとは?
~バンダイナムコHDの人事戦略と、IT基盤の果たす役割~

2005年にバンダイとナムコが経営統合を実現した後、バンダイナムコホー...