企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

専門家コラム

管理職向け 部下に報連相をさせる技術研修

Brew㈱企画営業&講師の岩下利朗です。

企画営業としての、私目線のコラム。

今回は、とある公開セミナーで登壇した、Brew㈱のパートナー講師、濱田先生の「部下に報連相をさせる技術」について、書いていきます!

 

御社にはこんなお悩みございませんか?

 

・部下が報連相をしてこない

・報告が遅れたことにより、大きなトラブルにつながった

・部下の報告は何が言いたいのか分からない

 

これらのお悩みを解決してくれるのがこの研修です。

では早速、解説していきます。

 

~連絡が苦手な現代社会人の主な原因~

 

進捗状況を知りたいのに、何も言ってこない部下…

「なぜ何も言ってこないんだ~!」とイライラしたこと…

ありますよね!

 

あなたの部下はなぜ、連絡や相談をしてこないのでしょうか?

ちょっとだけ、考えてみてもらえますか?

 

 

面倒くさい

重要性を感じていない

 

色々な意見が浮かんできましたか?

 

同じようにこのセミナーでは、参加の管理職皆さんで、「なぜか?」を出し合い、その後、に答え合わせを行いました。

 

その答えあわせを1つだけお伝えすると、管理職と部下の間には、ギャップがあるということでした。

その差を埋めて、なるべく自主的に報連相をやってもらえる環境を作りたいところです。

 

では、そのためにはどうすれば良いのでしょうか?

 

~離職率を減らすことにもつながる可能性が~

答えの一つに「上司である、あなたの受け止め方にも工夫が必要である」というものがありました。

 

それを体感すべく、上司役と部下役に別れてのペアワークを実践。

 

実際に、部下役の参加者から上司役の参加者へ、とある報告をします。

そして上司役は、受け止め方に工夫を入れるのです。

 

実践してみると…

 

報告する側は、「工夫された受け答えをする」と分かっていても、自然な笑顔で報告が出来たようです!

 

上司役の方は、報告側の目線を理解し、「こうすれば報告がしやすくなるな!」と解を深められたようでした。

 

私も、弊社代表に報告や相談をしますが、代表の聞く姿勢がオープンだと話しやすくなるものです。(決して代表へ「そうしてくれ」とアピールしているわけではありません(笑))

 

このように、気軽になんでも話せる職場は、雰囲気も良くなるでしょうし、最近の企業の悩みである、離職率を下げる事にもつながるのではないでしょうか?

 今の時代に合わせた研修と言えます。


関連情報

●資料ダウンロード
やりっ放しにしない研修設計・失敗しない研修講師の選び方(セミナー資料抜版)

講演資料

やりっ放しにしない研修設計・失敗しない研修講師の選び方(セミナー資料抜版)

「研修はやりっ放し」この言葉が聞かれてもう数十年。やりっ放しになる原因はどこか、その打ち手は何か。研修の「前」「当日」「後」で行うべく施策・仕掛の考え方をご紹介しています。


この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。

※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

コラム執筆者
岩下 利朗
岩下 利朗(イワシタ トシロウ)
Brew株式会社 企画営業 講師
売り上げUPに繋げるためのプレゼン・展示会戦略講師
人材育成コンサルティングBrew株式会社の企画営業、「売り上げにつなげるためのプレゼン&展示会戦略講師」兼任
得意分野 プレゼンテーション、営業・接客・CS
対応エリア 全国
所在地 東京都/中央区

この専門家のその他のコラム

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

Indeedオンラインセミナー 人事向けの会議室HRスクエア

注目コンテンツ


2020年度の新卒採用を見据える。注目の採用支援ソリューション特集

日本の人事部では、激戦の新卒市場をリードするための最新のサービスやソリューションをご紹介。御社にぴったりのパートナーを見つけてください。



管理職としての必須知識を獲得するサービス特集

本特集では、『日本の人事部』が注目する、管理職育成のための多彩なプログラムをご紹介。体験セミナーへの参加申込み、資料のダウンロードも可能ですので、 ぜひご利用ください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


いま考えるべき人事の「未来像」 <br />
~新しい時代における人事の存在意義とは~

いま考えるべき人事の「未来像」
~新しい時代における人事の存在意義とは~

グローバリゼーションやテクノロジーの急激な進化により、いま世界は大きく...