企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

専門家コラム

政府は「短期」「流動」「不安定」の時代に対応した法改正を

昨年は、労働者派遣法、労働契約法、高年齢者雇用安定法が改正され、「派遣労働よりも直接雇用に」「有期雇用(契約社員やパートタイマー)よりも継続雇用(正社員)に」「原則的に全員65歳まで働ける制度に」といった方向性がより明確に打ち出されました。

いずれも人材を企業に長期固定化して、雇用を安定させようというものです。

私としてはこうした規制強化にはウンザリで、「もっと規制を緩和して、企業(経営者)が伸び伸びと活動できるようにしてほしい」と思います。

これだけ経済環境の変化が激しく、かつグローバルな競争が行われている時代に、規制を強化して日本国内の労働市場を固定化しようとしても、雇用の安定にはつながらないと思うからです。

業績低迷にあえぐ企業に雇用の義務だけを押し付けても、さらに業績が厳しくなるだけです。

そして、企業を倒産させないために、助成金や制度融資などの問題先送りの対応が行われることになり、結局私たち国民の負担を増やすことにつながります。

時代は、「長期」「固定」「安定」から「短期」「流動」「不安定」へと確実にシフトしており、いくら規制で縛ろうとしても、その流れを止めることは困難です。

したがって、労働市場についても「短期」「流動」「不安定」に対応させる必要があると思います。

つまり、企業側にとっては、短期的な人材調達や人員の入れ替え、リストラがもっと自由に行えるようにするということです。一方、労働者側にとっては、派遣労働や有期雇用(契約社員やパートタイマー)だけでなく、正社員の場合でもいつ解雇されるか分からないという不安定な雇用状況になるということです。

そんなことをしたら雇用不安で大混乱に陥るので非現実的だという意見が多いと思いますが、果たして本当にそうでしょうか。

よく言われるように、人材が企業に固定化することは、衰退産業から成長産業への人材のシフトを妨げます。

また、やる気も能力もない人が企業内に留まってしまうため、やる気や能力のある外部の人材を登用する機会が生まれにくいという面もあります。

もし、短期的な人材調達や人員の入れ替え、リストラを企業がもっと自由に行える環境が整った場合、労働者側は職を失う可能性が高くなる一方で、新たな職に就ける機会も増えることになります。

正社員の地位にあぐらをかいている人にとっては厳しい状況になりますが、努力する人が報われやすい社会になります。

また、衰退産業から成長産業への人材のシフトがスムーズになり、国内産業の競争力が向上します。

さらに、雇用面で企業の自由度が増すことは、事業環境としての魅力度が高まることにつながり、企業の海外流出を防ぐとともに、外資系企業の日本進出を促進する1つの要因になり得ます。

こうして企業が活動しやすい環境を整備することによって、競争力のある企業が多く生まれれば、自然と人材に対するニーズは増加します。

人材に対するニーズが増加すれば、企業は人材を確保するために、働く人にとって魅力ある雇用環境を提供しようとするはずです。

その結果、派遣社員ではなく直接雇用で人材を確保したり、有期雇用(契約社員やパートタイマーではなく継続雇用(正社員)で人材を確保したり、あるいは全員65歳まで働ける制度にする企業が出るでしょう。規制によってそれを無理に実現しようとするより、各企業が自由に判断した結果としてそうなる方が、私はいいと思います。

これからは、「短期」「流動」「不安定」の時代を前提として、企業が活動しやすい環境を実現できるような労働関係法の整備を望みたいと思います。


この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。

※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

コラム執筆者
樋野 昌法(中小企業診断士・社会保険労務士)
代表取締役
「人事評価問題」「未払い残業問題」「パワハラ問題」「労働組合問題」を専門とする中小企業診断士・社会保険労務士です。
人事制度(等級制度・評価制度・報酬制度)改革や、目標管理制度を絡めた経営計画策定支援、就業規則等の各種規程作成支援等を通じて、労務トラブルを未然に防止し、経営者と従業員の双方が気持ちよく働ける環境づくりを支援します。
得意分野 経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、安全衛生・メンタルヘルス、人事考課・目標管理、ロジカルシンキング・課題解決
対応エリア 全国、海外
所在地 東京都/千代田区

この専門家のその他のコラム

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

社宅でもUR賃貸住宅

注目コンテンツ


「健康経営特集」
従業員の健康づくりを通じて生産性向上を目指す!

健康経営の推進に役立つ多彩なプログラムをご紹介。資料請求のお申込みや資料のダウンロードも可能です。



『日本の人事部』受けさせたいスキルアップ系講座特集

コミュニケーションや英語力、個人の生産性やPCスキルなど、ビジネス上必須となる多彩なプログラムをご紹介


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


いま、なぜ「ビジネスマナー」が求められるのか?<br />
~「型」を覚えることが人を成長させる

いま、なぜ「ビジネスマナー」が求められるのか?
~「型」を覚えることが人を成長させる

近年、若い人の言葉遣いや立ち振る舞いに対して、「違和感」を覚えることが...


強い企業ではなく、変化できる企業が生き残る。<br />
2020年以降を見据えたグローバル人材マネジメントの実現に向けて

強い企業ではなく、変化できる企業が生き残る。
2020年以降を見据えたグローバル人材マネジメントの実現に向けて

日本企業の海外売上比率が高まっているが、一方でグローバル人材の育成やマ...