無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了!
※登録内容はマイページで確認・変更できます。

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

既に会員の方はこちら

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

これからは仕事の内容で基本給を決める時代

皆様の会社では、社員の基本給をどのように決めていますか?

平成24年就労条件総合調査結果によると、基本給の決定要素は、管理職では「職務・職種など仕事の内容」が72.5%(前回平成21年77.1%)で最も高く、「職務遂行能力」が70.7%(同68.5%)、「学歴、年齢・勤続年数など」が48.6%(同57.8%)と続いています。

管理職以外では、「職務遂行能力」が68.7%(同67.5%)で最も高く、「職務・職種など仕事の内容」が68.2%(同71.8%)、「学歴、年齢・勤続年数など」が61.3%(同65.5%)となっています。

http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/jikan/syurou/12/gaiyou03.html
 
この結果から、多くの企業は、基本給を、「職務・職種など仕事の内容」や「職務遂行能力」、「学歴、年齢・勤続年数など」といった様々な要素を「総合的に」勘案して決めていることが分かります。

実は、この「総合的に」勘案して基本給を決めていることが、多くの企業に人事管理上の問題をもたらしているのです。

その問題とは、「ベテラン社員の中に、そこそこ高い基本給を貰っているにもかかわらず、それに見合った働きをしていない人がいる」というものです。

具体的には、20~30年と勤続年数を重ねるうちに等級が上がって、管理職に相当する等級になったものの、管理職のポストがなかったり、管理職としての適性がなかったりするために、結果として入社数年程度の若手社員と同等の仕事しかしていないという社員がいる状態です。

そのような状態に陥っていると、若手社員は、「自分と同じ(もしくはもっと低い)レベルの仕事しかやっていないのに、あの人はなんで給料が高いのか」という不満を抱えることになります。

そのような若手社員に対して、終身雇用を前提とした時代では「あなたもあの人と同じくらいの年齢になったときは同じくらいの給料、あるいは頑張ればもっと多くの給料がもらえるから、もう少し長い目で見るように」と言うことができました。

しかし、何十年も同じ企業で働くことが当たり前ではなくなった現在では、こうした理屈は通用しなくなりました。

働きぶりと賃金(基本給)水準の間のギャップは、少なくとも数年間のうちに解消されるようになっていなければ、優秀な社員は辞めてしまいます。

そのため、優秀な社員をつなぎとめておくためには、働きぶり(職務・職種など仕事の内容)をもとに基本給を決める仕組みにしておく必要があるのです。

ところが、多くの企業がそうであるように、様々な要素を「総合的に」勘案して基本給を決める仕組みになってしまっていると、働きぶり(職務・職種など仕事の内容)がダイレクトに基本給に反映されません。

「職務遂行能力」や「学歴、年齢・勤続年数など」の要素が入ると、基本給は年功主義的な意味合いが強まります。

その結果、よほどのことがないかぎり基本給は下がらず、働きぶりと基本給にギャップが生まれてしまう可能性があるのです。

優秀な人材の流出を防ぐためには、基本給を決める際に様々な要素を「総合的に」勘案するのではなく、「職務・職種など仕事の内容」のみで(あるいはできるだけウエイトを高くして)判断するような仕組みに変えることが必要です。

究極的には、部長の基本給、課長の基本給、開発プロジェクトリーダーの基本給、新規開拓営業の基本給、ルートセールスの基本給などをあらかじめ定めておき、担当する職務・職種に応じて基本給が変わるようにするということです。

「じゃあ、いままで課長だった人が、課長から外れて、新規開拓営業をする一般社員の仕事に変わったら、基本給が下がってしまうの?」という疑問が生じると思います。

そのとおりです。基本給は下がるのです。

しかし、一般的には「基本給が下がる」ということに対して、非常に抵抗感のある方が多いはずです。

この抵抗感は、とても根強いもので、これを払拭できないために大胆な賃金制度改革ができない企業が多いのです。

課長という重責から外れたら、基本給が下がるのは当たり前だという認識を社員一人ひとりに根付かせるためには、「賃金は会社からもらうもの」ではなく、「賃金は社員間で分配しあうもの」というように、社員の賃金に対する認識を180度変えてもらう必要があります。

その方法については、あらためてご紹介できればと思います。

  • 経営戦略・経営管理
  • モチベーション・組織活性化
  • 法改正対策・助成金
  • 労務・賃金
  • 安全衛生・メンタルヘルス
  • 人事考課・目標管理
  • ロジカルシンキング・課題解決

「人事評価問題」「未払い残業問題」「パワハラ問題」「労働組合問題」を専門とする中小企業診断士・社会保険労務士です。

人事制度(等級制度・評価制度・報酬制度)改革や、目標管理制度を絡めた経営計画策定支援、就業規則等の各種規程作成支援等を通じて、労務トラブルを未然に防止し、経営者と従業員の双方が気持ちよく働ける環境づくりを支援します。

樋野 昌法(中小企業診断士・社会保険労務士)(ヒノ マサノリ) 代表取締役

樋野 昌法(中小企業診断士・社会保険労務士)
対応エリア 全国
所在地 千代田区

このプロフェッショナルのコラム(テーマ)

この記事をオススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

オススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

プロフェッショナルコラム

若手従業員の業績意識・コスト意識を高めるには

タナベコンサルティング コーポレートファイナンスコンサルティング事業部 コンサルタント(株式会社タナベコンサルティング 戦略総合研究所 コンサルタント)

若手従業員の業績意識・コスト意識を高めるには 経営者・経営幹部の方々とお話しする中で、若手人材の育成に関する話題になる...

2024/05/23 ID:CA-0005373 資本政策・財務戦略

【事例】1時間のメンタリングで離職を阻止

細木聡子(株式会社リノパートナーズ代表取締役/技術系ダイバーシティ経営コンサルタント/(公財)21世紀職業財団客員講師/中小企業診断士)

今回は、 「メンタリングがD&I実現にもたらす効果」 について一緒に考えていきたいと思います。   ┏━━━━━━━...

2024/05/22 ID:CA-0005370 ダイバーシティ&インクルージョン