企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ワンデイインターンシップ 1dayインターンシップ

短期間のインターンシップのなかで、とくに1日で行うものを「1dayインターンシップ」と呼びます。コストをかけずに大勢の学生を受け入れたい企業側と、限られた時間でより多くの会社との接点を求める学生の双方にメリットがあるとして、注目を集めています。
(2010/12/6掲載)

1dayインターンシップのケーススタディ

リーマンショック以降、短期化が加速
「優秀人材の囲い込み」か「説明会と同じ」か

米国で普及していたインターンシップが日本に導入されたのは、1990年代の後半から。当時の文部、通商産業、厚生の三省が普及をはかり、全国に広がりました。大学三年生が夏季休暇などに一週間から数週間ほど会社に通い、就業体験を得る制度としてすでに定着していますが、最近は期間が短くなる傾向にあり、2008年秋のリーマンショック以降、一日だけの「1dayインターンシップ」を実施する企業も目立つようになってきました。

各社とも「採用選考とは一切関係ありません」とするものの、就活がさらに“厳冬化”するなか、企業との接点を求めて学生がインターンに殺到するのは当然でしょう。競争率が数十倍に達するケースも珍しくありません。その点、1dayなどの短期インターンなら、企業もコストを抑えて頻繁に開催できるので、学生への門戸は広がります。就職情報会社の毎日コミュニケーションズの調べでは、11年卒の学生でインターンに参加した割合は48.7%で、06年卒の25.7%からほぼ倍増。そのうちの60%以上が「1dayに参加した」と答えています。

一般に短期のインターンは、「一定期間、企業で研修生として働き、就業体験を通じて従来の仕事について考える」という従来のインターンとは、趣旨やねらいがかなり異なります。「1day」を実施する大手企業のなかには、参加する学生に対して課題論文の提出やTOEICのハイスコアを求めるなど、応募資格を設けるケースもあり、優秀人材の囲い込みといった色彩を濃くしているのが特徴です。インターンの内容も、自社のビジネスにかかわる実践的なグループワークが中心で、ハードなだけに一日でも、採用担当者はより深く学生とコミュニケーションがとれるといいます。

一方で、やはり一日では不十分という評価も少なくありません。担当者が会社の歴史や業務を延々と説明するだけで、グループワークはおろか、職場見学や先輩社員との交流もなし。「これでは会社説明会と変わらない」と学生から不満が出るケースも見られます。そもそも「1day」を導入した企業の多くは、担当部署が多忙であったり、採用コストの削減に迫られていたり、大勢の学生を長期に渡って受け入れるのが困難な事情を抱えているため、内容に限界があるのは致し方ないのかもしれません。しかしその場合、「インターンシップ」と名乗ってよいのか――。立教大学大学院ビジネスデザイン研究科の小島貴子准教授は「学生がきちんと就業体験できるよう、『インターン』の定義を企業間で定める必要がある」と指摘しています。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

インターンシップ
少子化の影響を受け、採用市場では若年層の人材獲得が困難な状況が続いています。早期離職率の問題も顕在化するなか、ミスマッチを防ぐため、企業・学生の双方で入社前の活動が重要なポイントとなっています。こうした問題を解決する一つの手段となるのが「インターンシップ」です。ここでは、実施企業が増えている背景や実...
エクスターンシップ
大学生に対するキャリア教育の一環として行われる短期就業体験プログラムのことを、アメリカでは「エクスターンシップ」(Externship)と呼びます。学生自身が関心のある分野に能動的に参加することによって、企業や業界に慣れ、実践的な職業スキルに触れる機会を提供するのがねらいです。同じく就業体験であるイ...
逆求人
企業が求人募集をかけて学生を集める従来の新卒採用活動の流れとは逆に、学生側がイベントやインターネットなどを活用して自らをアピールし、興味をもってくれた企業からのアプローチを待つしくみのことを「逆求人」と言います。知名度は低いけれど採用意欲の高い中堅・中小企業と、人気企業にこだわらずより広い選択肢か...

関連する記事

ダレのための解禁日なのか?
毎年学生と企業を悩ます新卒採用の「解禁日」。解禁日を厳守している企業は年々減少し、形骸化が進む今、「解禁日」は本当に必要なのでしょうか。「解禁日」に関する調査結果から、企業と学生の本音に迫ります。
2018/04/09掲載新卒・パート/アルバイト調査
企業と学生の相互理解を促進!「キャリタス就活フォーラム インターンシップ&仕事研究」を活用した、新卒採用活動の最前線に迫る
2015年7月11日、東京ビックサイトでインターンシップイベント「キャリタス就活フォーラム インターンシップ&仕事研究」が開催されました。当日は官公庁のほか、多種多様な業界から60社を超える企業が出展。多くの学生が会場に詰め掛けました。イベント当日、『日本の人...
2015/08/03掲載注目の記事
人事マネジメント「解体新書」第83回 「インターンシップ」の現状と課題(前編)
『前編』は、インターンシップの現状と課題を整理すると共に、質の高いインターンシップ、特に近年話題となっている採用連動型のインターンシップをどのように実現するかを考えてみたい。
2015/06/12掲載人事マネジメント解体新書

関連するQ&A

募集人数と採用人数について
新卒採用活動中です。 募集人数を50名程度とした際に、実際に採用した人数が10~20名とかけ離れていた場合は何か問題があるのでしょうか?採用したい学生が少なかった場合は、10名しか採用しなくても特に問題はないでしょしょうか。 ご教示いただければと思います。よろしくお願いいたします。
採用アウトソーシングについて
採用のアウトソーシングを受託したいと考えているのですが、他企業の採用を代行する際、採用決定までアウトソーシング会社がおこなってよいのでしょうか? また、行ってはいけない行為はどのようなことがありますでしょうか?
新卒採用を行うメリットとは
当社では現在中途採用のみ行っております。 新卒採用は行っていないのですが「新卒採用を行うメリット」や最近の動向・データなどをお教えください。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 採用 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

感染症対策の実施記録に手間なく体調管理 Withコロナ時代は社内研修をオンライン化! 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


大前提はノーマライゼーション<br />
障がい者を含め多様な人材が活躍できる環境づくりに取り組む

大前提はノーマライゼーション
障がい者を含め多様な人材が活躍できる環境づくりに取り組む

2018年4月1日に施行された「改正障害者雇用促進法」で、法定雇用率の...


ビジネスの競争環境が大きく急速に変化していく中、<br />
人事がその変革のエージェントとして経営を支援していく

ビジネスの競争環境が大きく急速に変化していく中、
人事がその変革のエージェントとして経営を支援していく

急速なデジタル技術革新、グローバルな競争環境の一層の多極化、働く人々の...