無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了!
※登録内容はマイページで確認・変更できます。

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

既に会員の方はこちら

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

企業の英語研修の費用相場は?費用対効果を高める方法も解説

企業が英語研修を実施するに当たっては、多くのサービスから自社に合ったものを選定しなければなりません。限られた予算で費用対効果の高い研修を行うには、サービス選びは重要です。この記事では、英語研修サービスを導入する際に押さえておきたいポイントを詳しく解説します。

 

企業の英語研修のサービスごとの費用相場

多くの企業が社員研修の一環として英語研修を導入していますが、費用はサービスの種類によって異なります。ここでは英語研修にかかる費用の相場をサービスごとに紹介します。

通学型英語研修サービス:1万5千円〜
通学型英語研修サービスは、学習の頻度や内容によるものの、1人当たり1万5千円程度のものからさまざまです。通学型サービスの利点は、企業側が社内で研修スペースの管理や準備をする必要がない点です。レッスン料金に加えて、入会金や教材費などがかかるケースもあります。スクールによってレッスン時間やコース設定も大きく異なるため、それぞれの公式ホームページ等で事前によく確認しておきましょう。

講師派遣英語研修サービス:1万円〜
講師派遣の英語研修サービスは多種多様ですが、おおむね1人当たり1万円以上が相場です。これはあくまで一例であり、特に企業向けの研修プログラムでは従業員数やプログラムのカスタマイズ度などによって大きく異なります。

講師派遣型サービスの大きな特徴は、講師と受講者とのコミュニケーションが活発に行われる点です。そのため、単に英語を学ぶだけでなく実際のビジネスシーンでのコミュニケーション能力を高められます。

オンライン英会話:5千円〜
オンライン英会話の費用は、1人あたり月額5,000円から15,000円程度が相場です。ただし、毎月のレッスン数や受講時間などによって異なるため、具体的な金額を知るには各サービスの公式ホームページ等で確認する必要があります。

オンライン英会話の魅力は、他の研修サービスより比較的費用を抑えられる点です。また、場所を選ばず手軽に授業を受けられます。ただし、講師の資質やスキルにばらつきがある場合もあります。多くのサービスでは、講師のプロフィールや口コミが公開されているので、それらを参考にしてニーズに合った講師を慎重に選ぶとよいでしょう。上手に利用することで、高い費用対効果を得られます。


英語研修の費用対効果を高める方法

英語研修の費用対効果を高めるにはどうすれば良いのでしょうか。ここでは、「目標設定」「評価・フィードバック」「テクノロジーの活用」という方法をピックアップして解説します。


研修の前に明確な目標を設定する
研修プログラムを開始する前に、参加者それぞれの目標を明確に設定することが非常に重要です。この目標設定は、研修の終了時に各参加者の目標達成度を評価する際の基準となります。明確な目標設定とその後の評価は、研修の成果を定量的に測定する手段として非常に有用です。

しかし、効果的な目標設定に悩む企業や学習者は多いものです。一般的な目標設定の方法としては、リスニング・リーディング・ライティング・スピーキングの項目ごとにレベル分けすることが推奨されます。これにより、各参加者がどのスキルに焦点を当てるべきかが明確になり、研修プログラムもそれに応じて効果的に進行することが可能です。

定期的な評価とフィードバックを行う
研修プログラムは一定の期間とリソースを投資するプロジェクトです。その成果を最大限に引き出すためには、研修の進行にあわせて定期的に評価とフィードバックを実施することが不可欠です。このプロセスによって、受講者の進捗や課題をリアルタイムで把握し、必要に応じて研修内容や進行速度を調整できるようになります。

評価とフィードバックの方法としては、KPT法が効果的です。この手法では「継続(Keep)」「課題(Problem)」「改善(Try)」の3段階に分けてフィードバックを行います。例えば、「Keep」では受講者が得意とするスキルや研修での成果を評価し、「Problem」では改善が必要な点や課題を明確にし、「Try」では具体的な行動計画を設定します。

このように評価とフィードバックを行うことで、課題の早期発見と解決が可能です。この方法は継続的な改善を促す効果があるため、受講者はもちろん、研修プログラムそのものの進化にもつながります。

テクノロジーを活用する
近年、オンライン型の英語学習プラットフォームや語学アプリなどが英語教育の領域で大きな役割を果たしています。例えばオンラインの教育ツールを活用することで、場所や時間に縛られることなく英語を学ぶことが可能です。通勤時間や休憩時間など、日々の生活で生じる「スキマ時間」を有効に使って学習できるため、受講者が自分自身のペースで継続的に学び続けられる環境が整います。このような学習形態は、英語学習を習慣化しやすく、費用対効果の向上も期待できます。

AIなどの最新テクノロジーを活用した英語学習プログラムも増えています。ニーズに合ったものを探し、講師によるレッスンと組み合わせて活用するのもよいでしょう。

英語研修サービス導入時の注意点
英語研修サービスの導入にはさまざまなメリットがありますが、一方で注意しなければならない点もいくつかあります。

複数の英語研修サービスを検討する
英語研修は企業にとって重要な投資です。そのため、最適なサービスを慎重に選定することが求められます。ひとつのサービスに固執するのではなく、複数の選択肢に目を向けることで、自社に最も適した英語研修サービスを見つけられます。

研修の目的や従業員のスキルレベル、予算といった条件を洗い出した上で、さまざまなスタイルの英語研修サービスの特性を理解し、自社のニーズに合ったものを選びましょう。オンライン研修、対面研修、自己学習プログラムなど、複数の形態を比較検討することで、自社に最も適した研修プログラムを選ぶことが可能です。

事前にプログラム内容を問い合わせる
英語研修サービスによっては、設定されたプログラム一覧の中で目的に合った研修が見当たらなくても、複数のプログラムを組み合わせたり、オリジナルの学習内容を導入したりできる場合があります。サービス導入前に問いあわせて詳しい内容を確認することは、後々のトラブルを防ぐためにも非常に有効です。


着実なレベルアップが目指せるプランを組むためにも、事前の問い合わせは欠かせません。特に、短期集中で学習したい場合や、特定のスキルを集中して強化したいケースでは、プランのカスタマイズが必要となることが多いです。

体験受講をしてみる
体験受講は、英語研修サービスの利用を開始する前の重要なステップです。サービスの品質や教材の内容などを事前に確認する手段として有効です。特にオンライン英会話サービスは[2] [3] 多くの講師や教材の中から受講するレッスンを選択するため、事前に体験受講を積極的に利用することが推奨されます。

以上の注意点を踏まえてサービスの選定が決まったら、次にそのサービスに連絡を取りましょう。詳細な情報を問い合わせ、自社のニーズや目的に合ったプランがあるかどうかを確認することが大切です。特にビジネス英語に特化したサービスであれば、その専門性がどれだけ高いかを事前に把握することが重要です。

 

まとめ

企業の英語研修サービスの費用は、サービス内容や形態によって大きく異なります。通学型、講師派遣型、オンライン型など、それぞれに特徴と利点があり、企業のニーズや予算に応じて選ぶことが重要です。研修の効果を最大化するためには、明確な目標設定、定期的な評価やフィードバック、そしてテクノロジーの活用が不可欠です。導入前には複数のサービスを検討し、プログラム内容を事前に確認しておきましょう。

  • 福利厚生
  • グローバル
  • コミュニケーション
  • 語学

オンライン英会話で貴社のグローバル化に貢献します。

株式会社アンフープは、オンライン英会話事業を、大人向け、子供向け、法人向けサービスとして展開しております。
多様化する英語学習のニーズに応える様々なサービスをご用意し、企業様、学習者様に学習者様に最適な英会話学習をご提案します。

オンライン英会話HanasoBiz スタッフ(オンラインエイカイワハナソビズ スタッフ) 株式会社アンフープ 英会話プランナー

オンライン英会話HanasoBiz スタッフ
対応エリア 全国
所在地 富士市

このプロフェッショナルのコラム(テーマ)

この記事をオススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

オススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

プロフェッショナルコラム

仕事で大きなストレス抱えていませんか?見方を変え成長に繋げる

細木聡子(株式会社リノパートナーズ代表取締役/技術系ダイバーシティ経営コンサルタント/(公財)21世紀職業財団客員講師/中小企業診断士)

今回は、 「見方を変えて成長につなげる」 について一緒に考えていきたいと思います。   ┏━━━━━━━━━━━━━...

2024/04/10 ID:CA-0005274 部下育成