無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了!
※登録内容はマイページで確認・変更できます。

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

既に会員の方はこちら

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

グローバル人材はなぜ必要?現代に必要なスキルや課題を解説

現代のビジネス環境において、グローバル人材は優先度の高い人材としてみなされています。しかし、そもそもグローバル人材とはどのような人材のことで、なぜ必要とされているのでしょうか。本記事では、グローバル人材が必要とされている背景をはじめ、グローバル人材に求められる能力やスキル、そして育成方法について解説します。

 

グローバル人材がなぜ必要なのか

グローバル人材とは一言で表現すると、「グローバルに活躍できる人材」のことです。グローバル化の進展は、国籍、人種、言語、思想信条、ビジネス慣習など、さまざまな面で社会に多様性をもたらします。グローバル人材とは、このような多様性を尊重し、適応できる人材のことです。ここではまず、なぜグローバル人材が必要とされているのかを解説します。

グローバル市場に参入する企業が増えた
近年、多くの企業がグローバル市場に参入し、国際的に事業を展開するようになっています。その主な目的は、シェアや成長に限りのある国内市場に留まらず、世界各国の新しい市場に参入することで、ビジネスの可能性を拡大するためです。

ただし、外国の市場で成功するためには、現地の言語や文化、ビジネス慣習などを深く理解し、それを各施策に反映させなければなりません。たとえ国内だけで事業を展開し続ける場合でも、参入してきた外国企業とうまく付き合っていくには、こちらから歩み寄る姿勢を示すことが重要です。そこで、異国の環境や人々の中に飛び込み、適応できる人材としてグローバル人材の必要性が増しています。

外国人労働者が増加している
先述の通り、海外進出していない企業にとってもグローバル人材は重要です。その理由のひとつに、日本国内の外国人労働者が増加していることが挙げられます。厚生労働者の発表によると、2022年時点で国内の外国人労働者は約182万人に達し、過去最高を記録しています。
(参照元:https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_30367.html)

少子高齢化が進行し、労働人口の減少が深刻化する中で、外国人労働者の活用の重要性は、さらに増していく見込みです。その際、多種多様なバックボーンを持つ外国人労働者と協働していくには、日本人側にもグローバルな視点が求められます。「ここは日本だから」と言って、一方的に日本人の考え方や価値観を押し付けるだけでは、彼らと良好な関係を築き、そのポテンシャルを引き出すことはできません。グローバル人材は、外国人労働者とスムーズなコミュニケーションをとり、協働していく際に不可欠な存在です。

企業に多様性と包括性が求められるようになった
近年、多様性と包括性を企業に要求する社会的な流れが強まっているのも、無視できない観点です。従業員をはじめとするステークホルダーが持つさまざまなバックグラウンドに対して、オープンな環境を作ることが、企業の持続的な成長やイノベーションを促進します。

多様な文化や考え方を持つグローバル人材を活用することで、企業は新たなビジネスモデルやベストプラクティスを共有でき、効率化や競争力強化を促進できます。さらに、グローバル人材ならではの多様な視点は、新たな問題解決の手法発見や、革新的なアイデアの創造に繋がることもあります。


現代のグローバル人材に必要なスキル・能力
グローバル人材には、語学力を筆頭にさまざまなスキルや能力が求められます。以下では、その具体的な内容について解説します。

語学力
コミュニケーションにおける言葉の重要性を考えてみれば、グローバル人材にとって語学力が欠かせない資質であるのは明らかです。豊富な語彙や正しい文法知識、そして聞きとりやすい発音といった能力を持つことは、あらゆるシチュエーションで効果を発揮します。

国際的に広く使われている英語はもちろんのこと、さらに活躍の場を広げるには、その企業の事業展開や世界経済での影響力なども考慮して、中国語などの他言語にも対応することが重要です。

コミュニケーション能力
グローバル人材にはコミュニケーション能力も求められます。グローバルなビジネス環境に対応するためには、単に外国語ができるだけでは足りません。異なる文化や価値観を持つ人々と良好な関係を築くためには、自分の考えを適切に伝える発信力や、相手の考えを理解し、思いやりを持って接することが必要です。

また、グローバルに事業を展開する場合、チームメンバーや取引先と対面で交流できない場面もあります。そのため、さまざまな手段やツールを使って、遠隔地の相手とも適切にコミュニケーションを取る能力が求められます。

適応力や柔軟性
グローバル人材には適応力や柔軟性も重要です。これは単に多様性を受け入れられるというだけでなく、多様なビジネス環境やその変化に対応できるということも意味します。

グローバルな環境で働く場合、国際情勢の変動などに応じて事業展開や経営方針がダイナミックに変わることがしばしばあります。したがって、グローバル人材には、目まぐるしく変化する環境に適応する「柔軟な思考力」と「適応力」が必要です。

リーダーシップ・チームワーク
グローバルな環境には、異なる文化や価値観などを持った多様な人材が集まります。こうした中で重要となるのは、メンバーの多様性を尊重する一方で、チームとしてのまとまりを生むことです。

そのため、グローバル人材には、さまざまな個性を持った人材を共通の目標に向けて牽引するリーダーシップや、メンバーの個性を活かしつつ調和的なチームワークを生み出す調整能力が求められます。

グローバル人材を育成する方法
グローバル人材を自社で育成するためには、多角的なアプローチが必要です。以下では、その具体的な方法を解説します。

語学力のトレーニング
グローバル人材にはビジネスレベルの語学力が必須です。従業員に高い語学力を獲得するための手段としては、オンライン講座、セミナー、ワークショップの活用などが考えられます。また、語学力だけでなく、異文化理解や国際ビジネスマナー、コミュニケーションスキルなどに焦点を当てた教育プログラムも有効です。

 

現状の評価と目標の設定
誰をどのようにしてグローバル人材に育成すればよいか戦略を練るためには、従業員の現有スキルや成長の余地を正確に把握することも重要です。これにより、誰を育成プログラムの対象とするか、どのスキルや能力を強化するべきかなど具体的な目標を設定しやすくなります。目標を設定すると、後述の効果測定の基準を明確にでき、学習者のモチベーション向上にも役立ちます。


フィードバックと改善
施策を行ったら、進捗状況や学習効果を追跡的に調査し、定期的なフィードバックを行います。定期的なフィードバックは従業員が自身の成長を客観的に理解し、さらなるスキル向上のモチベーションを高めるきっかけとなります。また、効果測定の結果をもとにトレーニングやプランの調整を行うことで、より効率的に成果を出しやすくなります。

グローバル人材育成の今後の課題と解決方法
グローバル人材育成の最大の課題は、基本的に時間がかかることです。これに対応するためには、より効果的かつ実践的な教育プログラムとトレーニングが求められます。

グローバル人材育成の課題は時間がかかること
高度な語学力や多文化コミュニケーションのスキルなど、グローバル人材に求められる能力は多岐にわたります。これらのスキルは一朝一夕に身につくものではなく、実践的なトレーニングが必要です。特に、積極性や協調性などの人間力は、失敗や挫折も含むさまざまな経験を積んでいくことで得られるものだと考えられます。

 

まとめ

グローバル人材は今後ますます企業にとって重要な人的資源となります。グローバル人材に必要とされる多様なスキルを高めるためには、語学トレーニングをはじめとする継続的な育成計画が必要です。

  • 福利厚生
  • グローバル
  • コミュニケーション
  • 語学

オンライン英会話で貴社のグローバル化に貢献します。

株式会社アンフープは、オンライン英会話事業を、大人向け、子供向け、法人向けサービスとして展開しております。
多様化する英語学習のニーズに応える様々なサービスをご用意し、企業様、学習者様に学習者様に最適な英会話学習をご提案します。

オンライン英会話HanasoBiz スタッフ(オンラインエイカイワハナソビズ スタッフ) 株式会社アンフープ 英会話プランナー

オンライン英会話HanasoBiz スタッフ
対応エリア 全国
所在地 富士市

このプロフェッショナルのコラム(テーマ)

この記事をオススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

オススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

プロフェッショナルコラム

「多様性」という名の「価値観ギャップ」をいかに乗り越えるか

後藤 真紀子 (Six Stars Consulting株式会社 研修コーディネーター/キャリアコンサルタント(国家資格))

新入社員を歓迎するように咲きはじめ満開を迎えた桜から新緑へと季節が変わりつつある昨今、皆様の会社に入社された新入社員の方...

2024/04/15 ID:CA-0005287 新入社員が育ちOJTリーダーの自信がつくOJTリーダー育成