無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了!
※登録内容はマイページで確認・変更できます。

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

既に会員の方はこちら

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

自律型チームの育て方 │ 明確なビジョンがもたらす効果

自律型チームと依存型チーム。
どちらを育てるべきかと問われたのなら、どのリーダーも「自律型」と答えることでしょう。
でも、このようなチームを育てるとき、まず何から始めたら良いのか分からない。
というリーダーが少なくなりません。
もし、あなたが自律型チームを育て上げたいのなら、最初にすることは「ビジョン作り」です。

今回は、自律型チームを育てるビジョン作りについて、おはなしします。
最初に手がけることは、明確なビジョン作りから。
いい加減なビジョンでは依存型チームが育ちます。
「イメージを強く描くと、そのイメージと同じことが起きたとき、あなたは何かを意識します。」
私が、NLP(神経言語プログラミング)を習っているときに、教わったことです。

無意識から意識へ

例えば、1日5箱のタバコを吸っていた人が、NLPを使ったコーチングで、1箱までに減らすことが出来たそうです。
この人は、タバコを吸うという行動を抑制しなければならなかったので、タバコを吸う直前の行動、つまり「タバコを箱から指で摘まむ」イメージを強く脳内に描くことを繰り返し訓練したのです。
すると、タバコを吸おうとして指で摘まむ瞬間、その人には特別な意識が脳内に湧き上がり
「あっ、タバコ吸うのを止めよう。」
と想いが、まるでスイッチが入ったかのように意識の中に出現し、タバコを吸う行動を自ら抑制したそうです。

また、面白いことに、他の人から貰ったタバコは止められなかったため、最後の一箱分が残ってしまったそうです。
これは、事前に「自らタバコの箱を持って指を使って取り出す。」イメージが描かれていたため、他人から貰う事については行動抑制に繋がらなかったそうです。

後にこの人は、「タバコを手に持つ」というイメージを強く描くようにしたところ、完全にタバコを止められたそうです。
おそらくこの人は、無意識にタバコを吸う行動をしていたと思うのですが、強いイメージを脳内に描く訓練をすることによって、無意識の行動から「意識する行動」に変えることに成功したのでしょう。

ビジョンとは

イメージとは、強く描けば描くほど、私達の行動を変えます。
そして、このイメージを「ビジョン」と言っているコーチもいます。
私達が組織で行動するに当たり、ビジョンはとても大切です。

ちなみにビジョンとは「目を閉じたとき、目蓋の裏側に明確に描き出すことができるシーン」を指します。

このビジョンがあるからこそ、組織のメンバーが自律をして考え・行動を起こせるようになるのです。
もし、ビジョンが弱い状態だと、事あるごとに上司や先輩の判断を仰ぐ依存型組織になってしまうでしょう。

私が、組織やチームのビジョンを描くときに気を付けていることは、2つあります。

1つは「わかることば、できることば」で文書化することです。
中には、難しい言葉や、得体の知れない横文字を使ってビジョンを文書化しているチームなどもありますが、メンバーが描くビジョンを聞いてみると、具体性に欠けることが多くあります。
ビジョンの文書化は、理解を促進するような、ことば選びが必要でしょう。

あとひとつは、描いたビジョンを体で表現することです。
これは、目標達成した時のことを描いた場合、そのビジョンの状態を体で表現する、といった感じです。

「いま」を体現する

もし、目標を達成したとき、メンバー全員で拍手をしながら笑顔で喜んでいる、というビジョンが描かれたのなら、それを「いま」やってみるということです。
また、ゴールを目指すに当たっては、様々な課題や苦労もあると思います。
この時の状態も「いま」体で表現する。
そして、その悪い状態から脱したときの状態も、「いま」表現してみることも大切です。

私達の脳は、視覚・聴覚・情動覚が主な感覚です。
そして、この3つの感覚を刺激するビジョンは最強です。
視覚は、目蓋の裏側に描く映像。
聴覚は、文書化(言葉で言い表した)したビジョン。
そして、情動覚は、みらいに起こる出来事を「いま」体験する。

ビジョンを描くことは、組織やチームが成長し、目標を達成するための重要なステップです。明確で具体的であればあるほど、メンバーは目標に向かって一致団結し、効果的に行動することができます。
ビジョンを描くことは、組織やチームが持続可能な成功を収めるための、重要な要素となります。

無意識に行っている行動は直せない。
無意識を意識に変えることが大切。
意識するには、明確なビジョンが必要。

最初に手がけることは、明確なビジョン作りから。
ビジョナリーコーチングを受けてみるのも良いかもしれません。

  • モチベーション・組織活性化
  • リーダーシップ
  • コーチング・ファシリテーション
  • コミュニケーション
  • ロジカルシンキング・課題解決

現場を見る目が違うからリピート率90%超え。
等身大の言葉で語るから現場ウケしてます。
問題/課題解決モチベーションに火を付けるのなら!

問題/課題解決を現場目線から見つめ、クライアントが気付いている原因はもちろん、その背景にある奥深い原因やメンタルモデルも意識させ、問題/課題改善モチベーションを高めます。
その先の未来には、改善レジリエンスの高い人材が活躍します。

坂田 和則(サカタ カズノリ) マネジメントコンサルティング2部 部長 改善ファシリテーター・マスタートレーナー

坂田 和則
対応エリア 全国
所在地 港区

このプロフェッショナルのコラム(テーマ)

このプロフェッショナルの関連情報

この記事をオススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

オススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

プロフェッショナルコラム

若手従業員の業績意識・コスト意識を高めるには

タナベコンサルティング コーポレートファイナンスコンサルティング事業部 コンサルタント(株式会社タナベコンサルティング 戦略総合研究所 コンサルタント)

若手従業員の業績意識・コスト意識を高めるには 経営者・経営幹部の方々とお話しする中で、若手人材の育成に関する話題になる...

2024/05/23 ID:CA-0005373 資本政策・財務戦略

【事例】1時間のメンタリングで離職を阻止

細木聡子(株式会社リノパートナーズ代表取締役/技術系ダイバーシティ経営コンサルタント/(公財)21世紀職業財団客員講師/中小企業診断士)

今回は、 「メンタリングがD&I実現にもたらす効果」 について一緒に考えていきたいと思います。   ┏━━━━━━━...

2024/05/22 ID:CA-0005370 ダイバーシティ&インクルージョン